技術的負債:基礎知識とベストプラクティス

LTSグループのブログ:業界特化・ITアウトソーシングの洞察

技術的負債:基礎知識とベストプラクティス

Nov 30, 2023

-

43 mins read

技術的負債は、ソフトウェア開発における重要な概念であり、長期的なソフトウェア品質とプロジェクトの持続可能性に影響を与える要因です。この記事では、技術的負債の定義、影響、およびベストプラクティスについて探求します。 技術的負債とは 技術的負債の原因、影響、返済方法をよりよく理解するために、まず技術的負債の定義から説明しよう。 技術的負債の定義 技術的負債は、ソフトウェア開発において発生する技術的な問題や不完全なコード、設計、アーキテクチャなどに由来する負の状態を指します。これは、開発チームが迅速な進捗や緊急のニーズに対応するため、適切な修正や改善を後回しにすることで生じます。技術的負債は、ソフトウェアの品質や保守性に影響を及ぼし、将来的な開発コストを増大させるリスクを含んでいます。 バックログアイテムの分類における技術的負債 バックログアイテムの分類における技術的負債は、フィリップ・クルヒテンによって提案されたバックログ分類の一環として捉えられます。彼の提案した分類によると、バックログは新機能、アーキテクチャ、欠陥、技術的負債の4つに分類されます。 通常、新機能や不具合はユーザーエクスペリエンス(UX)に直接的な影響を与えるが、技術的負債は開発者のエクスペリエンスに直接的な影響を与えます。技術的負債は、開発チームがその返済や解決に継続的に取り組む必要があるため、開発者の作業やパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 また、上の図を見ると、技術的負債は目に見えず、ソフトウェア開発にネガティブな影響をもたらすことが分かります。このため、技術的負債を早期に特定し、適切に対処することが重要です。これにより、ソフトウェアの品質や安定性を保ちながら、素早い開発とリリースを実現できます。 技術的負債の種類 技術的負債は、マーチン・ファウラーによって命名されたように、4つの象限に分類されます。これらの象限は、意図とコードの問題を評価するのに役立ちます。これらのタイプをさらに掘り下げてみよう。 意図的かつ無謀 意図的かつ無謀な技術的負債は、ソフトウェア開発における緊急性を入念さよりも優先するハイスピードな追求を表しています。その特徴は、緊急の締め切りを満たすためや製品の急速な立ち上げを急ぐために、意図的に手っ取り早い解決策やスピード優先のアプローチを受け入れることです。 この手法の魅力は、製品を素早く市場に投入し、企業が市場の需要に迅速に対応できることにあります。これは、スタートアップや小規模企業でよく見られる戦略であり、投資資金を引き付けるためにMVP開発または概念実証迅速にを行ったりすることを目指します。しかし、その裏には増大する利子の負担があり、入り組んだ壊れやすいコードベース、高度な技術的複雑性、そして将来の保守費用の増加が生じます。この種の負債は短期的な解決策となるかもしれませんが、長期的にはプロジェクトの安定性や拡張性に大きな障壁をもたらすことがあります。 意図的かつ慎重 意図的かつ慎重な技術的負債は、無謀なやり方とは対照的に、むやみにはなく慎重にコントロールされた負債の取り扱いを表しています。これは、目先のニーズと将来的なシステムの持続可能性とのバランスを取るために、開発チームが一時的な近道や計算された妥協を意識的に選択したものです。 この手法の特長は、システムの品質や完全性を大幅に損なうことなく、製品の迅速な提供が可能であることです。これにより、将来のイテレーションでの負債の解消と返済を計画しつつ、市場への迅速な参入が可能となります。通常、この種の技術的負債は、ユーザーによってほとんど使用されないか、開発者によって触れられることが少ないシステムの非常に重要でない部分に見られます。そのため、これに伴うコストは無視できる程度です。 この技術的負債を管理するためには、慎重な技術的なトレードオフと、その結果に対処するための綿密な行動計画が必要です。これにより、潜在的な損害を最小限に抑えます。目標や締め切りを達成した後、チームはすべての蓄積された問題を解決し、コードのリファクタリングやベストプラクティスの適用に戻ることができます。 無自覚と無謀 無自覚かつ無謀な技術的負債は、ソフトウェア開発における急ぎや情報不足から生じる意図せずの結果を示しています。この象限は、長期的な影響を考慮せずに行われた急いだ実装を特徴としており、コードベース内での隠れた複雑さや脆弱性、システムの安定性の低下をもたらします。この種の負債は、技術的な課題を拡大し、保守コストを増大させ、将来の開発に障害を引き起こします。 この種の技術的負債は、組織がリソース不足に直面し、経験の浅い開発者や非専門家にソフトウェアソリューションの実装を依頼することでしばしば発生します。彼らの専門知識の不足から、これらの開発者は技術的負債を招く低品質なコードを生成することがあります。さらに、熟練した人材がいないことで、チームが債務の大きさやその悪影響について認識することが妨げられ、解決策を練ったり、債務の悪影響を正確に測定したりすることが難しくなるかもしれない。 無自覚かつ無謀な技術的負債を効果的に解決するためには、LTSグループのような経験豊富なソフトウェア開発サービスプロバイダーの支援が不可欠です。LTSグループは、優秀な大型人材を活用して無自覚な技術的負債の問題を分析し、特定し、解決することができます。これにより、将来にわたって安定性を確保し、金融的および評判的リスクから守ることができる高品質なソリューションが確保されます。私たちの専門家との協力により、現在の技術的問題を解決するだけでなく、製品の品質向上、市場投入の迅速化、将来の技術的負債蓄積のリスクを最小限に抑えることができます。 無自覚と慎重 無自覚かつ慎重な技術的負債は、チームがスキルを向上させ、最善の手法を実装する一方で、進化するプロジェクト要件や予期せぬ複雑さによって誤って負債を抱える状況を表します。しかし、適切なスキルを持つチームは、後のイテレーションでこの負債を認識し、対処できるようになります。彼らはその影響を和らげるための戦略を立てたり、返済を優先したりすることで、変化する状況に対処する柔軟性と適応力を示します。 この種の負債は、開発サイクル内の学習プロセスや革新と密接に関連しています。たとえば、ある開発者がソフトウェアの一部を完成させた後、新しい洞察を得てより効率的なアプローチを見出すことがあります。その場合、コードを改善することが不可欠です。この種の負債を予防するために、チームは新しいテクノロジーを実験するための小さなプロトタイプを作成することができます。これにより、新しいテクノロジーを本格的に採用する前に、制御された環境でそのテクノロジーをテストすることができ、大きな技術的負債を負うことなく貴重な洞察を得ることができます。この慎重なアプローチにより、新しいテクノロジーは明確で実証可能な利点を提供する場合にのみ採用されるため、無自覚かつ慎重な技術的負債のリスクが最小限に抑えられます。 技術的負債の原因 技術的負債の発生原因は複雑で、開発ライフサイクルに影響を与える様々な要素から織り成されます。以下のリストは、技術的負債の最も一般的な原因を概説したものです。 アーキテクチャ選択の失敗 ソフトウェアの基盤となるのはそのアーキテクチャです。急いで行われたり計画不足のアーキテクチャ上の決定は、将来の拡張性や新しい機能・システムとの統合において障害となる場合があります。これらの選択肢は将来の課題や技術的な複雑さを引き起こす要因となります。 複雑すぎるコード 過度に複雑なコードは技術的負債の温床となります。明確性や構造、文書化を欠いたコードは、保守性や理解性、発展性に欠けるものとなります。この複雑さはしばしばバグや非効率性を引き起こし、将来の開発にかかる時間を増やします。 不十分なテスト ソフトウェア開発における不十分なテスト手法は、技術的負債の温床となります。このようなテストの誤りは、手抜きや不適切な文書化、または開発サイクルの短縮を求める欲望から生じることが多いです。ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)におけるテストフェーズの急ぎや無視は、ソフトウェアの品質低下、アジリティの減少、そして変化の激しい市場環境での適応性の危機など、潜在的な問題を生み出します。不十分なテスト手法の結果として、ソフトウェア開発プロセス全体に波及する技術的負債が蓄積され、これが進捗を妨げ、ソフトウェアの長期的な安定性や拡張性を阻害することにつながります。 もし、プロジェクトにおけるソフトウェアテストに課題を抱えている場合、適切なテストツールや手法に関する悩みがあれば、信頼できるソフトウェアテスト会社への相談が有効です。または、包括的なソリューションを求めるなら、LTSグループにお気軽にご連絡ください。豊富な専門知識を持ち、最先端のテスト手法を提供することで、プロジェクトに革新的なアプローチをもたらします。 時代遅れの技術 急速な技術の進化により、かつて最先端だったツールやフレームワークが時代遅れになります。古いシステムや時代遅れの技術は、最新のソリューションとの保守や統合において大きな課題を抱えます。これらのシステムはサポートが不十分であり、進化する業界基準に適応できないことがよくあります。 絶えず変化する環境 ソフトウェアはダイナミックなエコシステムの中で運用されます。変化するユーザーの期待、進化する市場の要求、変動するビジネス要件は、ソフトウェアの適応を求めます。この変化によって、古い機能が陳腐化し、新たな要求と互換性がなくなることがあり、これが技術的負債の蓄積をもたらす可能性があります。 時間と予算の不足 時間と予算の不足は、技術的負債の蓄積に大きく寄与しています。プロジェクトを限られたリソース内で管理する圧力は、時間と品質の観点で妥協を余儀なくされることが多くあります。締め切りが迫り、そのために急いで意思決定をしたり、開発プロセスでショートカットを取ることが求められることがあります。このような状況では、スピードを優先し、丹念さを犠牲にすることでコードの品質が損なわれ、技術的負債が蓄積されるリスクが高まります。 経験や知識のあるIT人材の不足 日本ではIT人材の不足が大きな課題となっており、ソフトウェア開発における技術的負債の問題が深刻化します。この人材不足により、企業はプロジェクトの品質を確保したり、製品の納期を守ったりすることができず、競争の激しい市場で重要な機会を逃してしまいます。 このようなリソースの制約に直面している企業は、そのギャップを埋めるために、経験の浅い、あるいはスキルの不十分な開発者を雇用することに頼るかもしれません。このような人材は貢献するかもしれないが、専門知識が不足しているため、不注意にも技術的負債を生むことになる可能性があります。低品質なコードや非効率な実装がプロジェクトの一部となり、将来の問題やメンテナンスの課題につながります。 大規模な技術的負債を避けるために、企業はさまざまな戦略を検討することができます。例えば、既存のチームのスキル向上に投資したり、効率的な開発手法を採用したりすることで、プレッシャーを軽減することができます。また、ITアウトソーシングを行うことも戦略の一つです。 ITアウトソーシングの本質そしてメリットの詳細は弊社の記事をご参照ください。 ITアウトソーシングとは?2023年に向けて知っておくべきITアウトソーシングのすべて ソフトウェア開発・テストに豊富な経験を持つLTSグループは、顧客の要件やビジネスの状況を丁寧に分析し、リソースを効果的に調整し、プロジェクトの目標を達成しつつ技術的負債を最小限に抑える戦略を立てることなどの重要なサポートを提供します。このアプローチは、予算や時間の制約に対処するだけでなく、高品質でタイムリーなプロジェクトの納品を保証し、長期的な技術的負債のリスクを軽減する効果が期待できます。 技術的負債の影響 技術的負債は、ソフトウェア開発やビジネス全体に深刻な影響を様々な側面から与える可能性があります。下記は一般的な技術的負債の影響となります。 品質問題 品質問題は、技術的負債として即座に発生し、信頼性と堅牢性の井戸を汚染します。この負債が容赦なく蓄積されると、システムをシームレスに保守・更新する能力が制約され、エラーやクラッシュ、衰弱させるバグのリスクが高まります。その結果、どうなるか?不満足な顧客は、劣悪な体験と格闘することになり、顧客ロイヤルティとブランドの信頼を損なう解約率の憂慮すべき上昇を引き起こします。 コストの増加 技術的負債は、この負債と複雑に結びついた様々な側面から、コストの急増を引き起こします。技術的負債を抱えたシステムは、絶え間ない注意、大規模な手直し、長期にわたる維持管理を要求するため、メンテナンス・コストが急増します。その上、見過ごされがちだが重要な側面である人的コストも、従業員が発生した技術的負債を返済するという途方もない作業に取り組むにつれて上昇します。さらに、ヘルプデスクのコストが指数関数的に上昇することは、技術的負債の必然的な結果となります。ユーザーからの問い合わせがサポートシステムに殺到し、技術的負債の迷宮に起因する問題の解決が求められます。 開発の遅れ 技術的負債は、しばしば開発の遅れを招き、急速なソフトウェア革新の領域で障害を生み出します。納期の遅れは進捗を妨げ、ダイナミックな市場変化に迅速に対応することを困難にします。そのような遅れは、組織が丹精込めて育んできた競争力を蝕んでおり、かつて革新的だった企業を、技術の進展における猛烈なスプリントの観客に降格させています。 […]

ソフトウェア開発

スクラッチ開発とは?メリット・デメリットと効果的な進め方のポイントを説明

スクラッチ開発とは?メリット・デメリットと効果的な進め方のポイントを説明

Feb 21, 2024

-

38 mins read

スクラッチ開発とは、ソフトウェアやシステムをゼロから完全に新しく開発するプロセスです。従来のパッケージ開発などの手法と比較すると、スクラッチ開発はより多くの費用と時間を要する傾向にあるが、その代わりに製品に高い独自性と安全性を与えるというメリットがあります。企業はプロジェクトの要件や技術チームの能力、予算などの要素を考慮して、スクラッチ開発を導入するかどうかを評価する必要があります。本記事では、スクラッチ開発の基本的な知識、パッケージ開発との違い、効果的な進め方などのについて説明します。一緒に深堀りしてみましょう! スクラッチ開発の基礎知識 最初の章ではスクラッチ開発の一般的な定義、フルスクラッチやパッケージ開発との特徴的な違いを紹介します。 スクラッチ開発とは? スクラッチ開発の「スクラッチ」とは、「最初から」を意味する英語の慣用句「from scratch」からきています。したがって、スクラッチ開発とは完全にゼロからソフトウェアやシステムを構築することを指します。 スクラッチ開発とフルスクラッチ開発の違い スクラッチ開発と言えば、「フルスクラッチ開発」という言葉をよく耳にするようになるでしょう。スクラッチ開発では、開発者が既存のコードを最小限または全く使わずに、基本的なプログラミングツールと言語のみを使用して、ソフトウェアやシステムを一から構築します。しかし、フルスクラッチ開発では、技術チームが既存のリソースを一切使用しません。開発者は白紙の状態から開始し、外部のライブラリやフレームワークに依存することなく、コードの各行をゼロから作成します。 スクラッチ開発とパッケージ開発の違い スクラッチ開発と大きく異なり、パッケージ開発では、既存のコードライブラリとフレームワークを利用したり、部分的にカスタマイズしたりして、自社の要件を満たす製品を作成します。開発者はこれらの事前構築されたコンポーネントを活用してソフトウェアやシステムに機能を追加し、開発時間と労力を削減します。パッケージ開発により、開発者は基本機能の開発に労力を費やすことなく、特定の機能の実装に集中できるようになります。しかし、スクラッチ開発と比較すると、カスタマイズや柔軟性が制限される可能性があります。 スクラッチ開発のメリット スクラッチ開発は世界中の企業で広く使われている開発手法です。本章では、スクラッチ開発が人気のあるアプローチとなった要因として、際立ったメリットを紹介します。 カスタマイズ性及び独自性の高さ スクラッチ開発は高度にカスタマイズ可能であるため、開発者は特定の製品の期待、組織の状況、またはビジネス目標に合わせてソフトウェアやシステムを調整することができます。この適応性により、企業は創造性を発揮し、ターゲットとするユーザーと共鳴する独自のソリューションを生み出すことが可能となります。Webアプリ、Androidアプリ、iOS アプリなどの自社製品に特徴的な機能や特徴を追加することで、優れたユーザー体験を提供し、市場における競争力を向上させることが可能です。 拡張性の確保 スクラッチ開発は柔軟で適応性の高いソフトウェア開発に寄与します。スクラッチ開発を通じて、企業は製品の基本的な機能から着手し、ユーザーからのフィードバックや進化する要件に基づいて改良することができます。この反復的なアプローチは、企業がコストとスケジュールを効果的に管理しながら、今日のめまぐるしいビジネス環境で優位性を得るために必要な俊敏性を維持するのに役立ちます。 MVP開発(Minimum Viable Product)とは、製品やサービスの市場適合性を検証するために、最小限の機能と特徴を備えた初期バージョンを迅速に開発し、市場に導入する手法です。MVP開発の定義とメリットの詳細については、当社の記事を参照してください。 完全な制御の取得 スクラッチ開発は既存のソリューションやパッケージソフトウェア開発と異なり、企業がソフトウェア資産を完全に管理し、所有することを可能にします。そのため、企業はソフトウェアソリューションを自社の戦略目標に緊密に合わせることができます。また、ソフトウェアの所有権を確保することで、企業も市場環境の変化や新たなビジネスチャンスに迅速に対応できるようになります。 セキュリティーの保証 セキュリティの脅威が増加し、データのプライバシーと保護に関する厳格な規制要件が存在する中、セキュリティはあらゆる規模の企業にとって極めて重要な問題となります。スクラッチ開発を利用すると、頑強なセキュリティ対策が最初から実装されていきます。業界のベストプラクティスに従い、最新のセキュリティ技術を活用することで、企業はソフトウェアを潜在的な脆弱性から守り、機密データを保護し、ユーザーや関係者の信頼と自信を高めることができます。既存システムに対してソフトウェアテストサービスを利用することは、システムのセキュリティの脆弱性を減らすことにも貢献します。 スクラッチ開発のメリットを最大限に生かしたい方は、ぜひご相談ください。LTSグループは、効果的なスクラッチ開発ソリューションを通じて、お客様のためにユニークで高品質なソフトウェア・システムを構築いたします。 スクラッチ開発のデメリット スクラッチ開発には魅力的なメリットがある反面、注意すべきデメリットもあります。以下はスクラッチ開発の主なデメリットとなります。 費用と時間がかかりやすい スクラッチ開発の最も大きな欠点は、初期コストが高く、市場投入までの時間が長くなりがちなことです。製品をゼロから作成するためには、熟練した技術者、時間、財政投資など、多大なリソースが必要です。さらに、開発期間の延長は、市場の状況変化などのリスクをもたらし、ビジネスのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。複雑なプロジェクトを扱うためのIT人材を雇うコストは、パッケージ開発よりもかなり高くなる傾向があります。しかし、IT人材派遣サービスの導入またはオフショア開発センター(ODC)の構築が可能であれば、企業はコア業務に集中し、コストを最適化し、ROIを向上させ、世界中のIT専門家のリソースを享受できるようになります。 開発パートナー選びが難しい スクラッチ開発は複雑であり、予期しない問題に対処することが困難な場合があります。このような開発には、技術チームが慎重に作業し、すべての問題を検討して結果の品質を確保する必要があります。これは、開発会社だけでなく、依頼する企業にも重い負担を与えます。 さらに、開発会社の選択はプロジェクトの成功に核心的な役割を果たします。ITサービス企業は、クライアントの意図を正確に把握し、クライアントのアイデアを効果的に実現するために、適切な経験、スキル、柔軟な適応能力を持っている必要があります。これらの側面に欠けるベンダーを選択すると、開発期間が不必要に長くなり、最終的にはすべての要件が満たされない可能性があり、費用と時間が無駄になることがあります。 そのため、プロバイダーの評判、実績、関連プロジェクトの経験、およびクライアントのフィードバックを徹底的に評価することが重要です。パイロットプロジェクトを実施することも、潜在的なパートナーについての的確な判断をするのに役立ちます。 このような課題にもかかわらず、LTSグループはスクラッチ開発プロジェクトの信頼できるパートナーとして際立っています。200名を超えるITプロフェッショナルを擁し、その60%がシニア・ミドルレベルのエキスパートである当社の技術チームは、スクラッチ開発において豊富な経験を誇り、お客様の期待を上回るソフトウェアやシステムを提供しています。当社のアジャイルアプローチは、開発プロセスにおける予期せぬ課題や変更に対応することを可能にし、最終的に最終製品の品質を確保しながら、お客様の時間とコストを節約します。スクラッチ開発で課題を抱えている方、信頼できるソフトウェア開発会社をお探しの方は、今すぐ当社の専門家にご相談ください。お客様のお悩みを丁寧にお伺いし、それに対する解決策を迅速にご提案いたします。 スクラッチ開発が向いてる案件 プロジェクトの要件、人材、技術力、予算などを考慮して、適切な開発手法を採用することになります。以下、スクラッチ開発に適した主な案件を紹介します。 特別な要件のあるシステム スクラッチ開発は機能性やセキュリティなど、ユニークな要件に合わせた特注ソリューションが必要なプロジェクトにとって最適な選択肢として浮かび上がります。特殊なニーズを持つシステムは、高度なカスタマイズ性と個性を要求することがしばしばありますが、スクラッチ開発はこれらの要求を満たすのに優れた手法です。このアプローチでは、技術チームがプロジェクトの仕様及びビジネス目的に合わせてシステム・ソフトウェアを精密に構築し、磨き上げる自由度を持つことができます。 期限と予算が限られない スクラッチ開発は予算と時間の面で十分なリソースを持つプロジェクトにおいて有利です。確かに、この方法はゼロから始めるため、初期コストが高く、開発期間が長くなりがちですが、その独自性と品質によって、これらの欠点を上回る利点を提供します。予算が豊富で柔軟な締め切りを持つプロジェクトは、市場で差別化された優れた結果を提供するために、スクラッチ開発の潜在能力を最大限に活用することができます。時間とお金を投資するにもかかわらず、革新と品質などの要因を優先する能力は、スクラッチ開発を魅力的な選択肢にし、相当な価値と長期的な利益をもたらします。 定期的な修正が必要 スクラッチ開発はリリース後の継続的な機能拡張や修正が期待されるプロジェクトに理想的なアプローチです。ソフトウェアやシステムをゼロから構築することで、技術チームは基盤となる技術やアーキテクチャに深い理解を深め、ソフトウェアのあらゆる側面を包括的に把握します。これにより、彼らは変更やアップデートをシームレスかつ効果的に実装し、品質と安定性の基準を維持することができます。その結果、この手法はソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)を加速するだけでなく、組織に迅速に変化するユーザー要求や市場状況に対応する柔軟性をもたらし、ソフトウェア製品の長期的な成功を確保します。 ソフトウェア開発に取り組む際、適切な方法論を選択することは成功にとって不可欠です。アジャイル開発やウォーターフォール開発など、様々な選択肢がありますが、選択した方法がプロジェクトの特性、ビジネス目標、タイムライン、予算と整合していることが重要です。 LTSグループでは、お客様のユニークな物語を理解し、そのニーズを細かく分析し、最適なソフトウェア開発アプローチを提案することを優先しています。また、シンプルな要件から複雑な要件まで、数多くのプロジェクトをスクラッチ開発で実施してきました。 革新的なアプローチと最新のテクノロジーを駆使して、スクラッチからの開発プロジェクトに取り組み、お客様に満足いただける結果を提供し、これまでに94%のお客様満足度を達成しています。それで、スクラッチ開発に関するご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。 スクラッチ開発の手順 以下はスクラッチ開発プロジェクトの基本的なステップとなります。 要件定義 要件定義は、スクラッチ開発プロジェクトの実行における基本的なステップであり、その最終的な成功または失敗に重要な役割を果たします。この段階では、プロジェクトチームがクライアントと緊密に連携し、要件を包括的に収集し、分析します。これには、プロジェクトの範囲、目標、必要な機能、技術的な考慮事項などに深く入り込むことが含まれます。 プロジェクト要件を正確に理解していないと、コミュニケーションのミスや誤解が生じ、潜在的な遅延、予算超過、および劣った成果を招くリスクがあります。 また、このフェーズでのユーザーの行動や市場動向の分析が重要であり、適切な機能を設計するために必要です。ユーザーのニーズを正確に評価しないと、不要な機能の追加や重要な機能の欠落などが生じ、最終製品の効果性や使いやすさが損なわれる恐れがあります。 設計 要件が明確に定義されると、プロジェクトは設計フェーズに移行します。この段階では、開発チームがソフトウェアシステムの詳細な設計図やアーキテクチャを作成し、異なるモジュール間の構造や相互作用を概説します。ユーザーインターフェース(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)、およびシステムアーキテクチャなどの設計考慮事項は、最終的な製品がクライアントの期待に合致するように細心の注意を払って計画されます。 開発 設計フェーズが終了すると、開発チームはソフトウェアシステムの実際の実装に進みます。この開発段階では、詳細な設計ドキュメントに基づいて、コードの記述、コンポーネントの統合、さまざまな機能や機能の構築が行われます。プロジェクトの要件やWebアプリ、iOSアプリまたはAndroidアプリ開発などのデバイスに応じて、開発者は異なるプログラミング言語、フレームワーク、およびツールを利用することがあります。 […]

【2024年】iOSアプリ開発:プログラミング言語、開発環境などの基礎知識から成功させるポイント

【2024年】iOSアプリ開発:プログラミング言語、開発環境などの基礎知識から成功させるポイント

Androidアプリ開発の基本知識及び効果的な開発のポイントを解説

Androidアプリ開発の基本知識及び効果的な開発のポイントを解説

技術的負債:基礎知識とベストプラクティス

技術的負債:基礎知識とベストプラクティス

デプロイとは? 完全的で分かりやすく理解

デプロイとは? 完全的で分かりやすく理解

background

LTSグループテレビ

ソフトウェア開発、ソフトウェアテストおよびIT人材補強に関する情報をITのプロフェッショナルから得てください。

IT市場のインサイト

パッシブ・リクルートメントによる技術系人材の探し方・採用方法

パッシブ・リクルートメントによる技術系人材の探し方・採用方法

Aug 9, 2022

-

20 mins read

IT業界では、優秀な人材がどんどん少なくなってきており、人事担当者は、潜在的な候補者を増やすための方法を模索しています。 Stack Overflowの開発者を対象とした最近の年次調査によると、積極的に仕事を探している回答者はわずかに15%であり、新しい仕事の情報を聞くことに興味を持っている開発者は約75%であるということです。これらの数字を見たら、人事担当者は従来のように「すでに仕事を探している候補者」を採用するだけにとどまらず、一般的なIT人材の75%を占める「受動的な候補者」のポテンシャルを把握すべきだということがわかります。 人事担当者は、パッシブリクルートメントの技術を認識することで、人材プールを効果的に活用し、拡大することができ、その結果、最も困難なITポジションを埋めることができます。 受動的な候補者とは? 受動的な候補者とは、新しい仕事の機会を積極的に探していない人のことです。受動的な候補者は、すでに雇用されていることが多く、多くの企業が求めているスキルや経験を持っています。 なぜ人事スペシャリストはパッシブリクルートメントを行うべきなのか? Stack’s Overflowの調査によると、IT人材の求職状況について、回答者は以下の3つのグループに分類されました。 これらのグループの中で、受動的な求職者は最大のグループとして際立っており、需要の高い技術系の仕事に就く人事担当者にとっては、潜在的な採用ソースとなっています。 受動的な候補者は、現在雇用されており、他の雇用主でその役割をうまく果たしている可能性が高いため、人事担当者は、候補者の現在のプロジェクトを少し調べたり、相互参照チェックを行ったりすることで、候補者の潜在能力を確認し、評価する機会を得ることができます。 さらに、高度なスキルを持った候補者の市場での競争は非常に激しいものがあります。実際に、非常に優秀な積極的な候補者は、10日以内に市場から消えてしまうことが多いのです(officevibe.comが収集した統計による)。このような理由から、採用の可能性を高めるためには、採用担当者が受動敵な候補者を重視することが非常に重要です。 このグループに注目するもう一つの理由は、受動的な候補者が貴社のビジネスに影響を与える可能性が高いことです。彼らは、新しい職場で自分を変えようとする意欲が120%高いのです。さらに、これらのグループは主にシニアの技術系人材であるため、積極的な候補者と比較して、スキルアップの機会を必要とする可能性が17%低くなります。トレーニングの必要性が低いということは、必要な時間とリソースが少なくて済むということであり、これによって雇用主は多大な利益を得ることができるため、受動的な候補者は最も重要な採用ソースの一つとなっています。 積極的な候補者と受動な候補者 一般的に、積極的な候補者は求職活動に対するモチベーションが高く、すべての準備が整っているため、すぐに採用プロセスを開始することができますが、受動的な候補者は当然のことながら関与するのが困難です。そのため、採用担当者はより柔軟に、そしてさりげなくこの人材を活用する必要があります。   受動的な候補者 積極的な候補者  ポテンシャル候補者とは? ほとんどがシニアレベルの技術系人材で、積極的に仕事を探しているわけではないが、新しい仕事のチャンスに前向きな人たちです。 仕事を持っているかどうかは別にして、転職サイトやソーシャルメディアで活動しています。彼らは、履歴書や応募書類を送り、あなたと一緒に採用活動を行う準備をしています。 プライオリティ 収入が大幅にアップすることを期待する明確なキャリアパスを求め、転職先ではインパクトのある役割を求めている。福利厚生や企業文化をより重視するワークライフバランス 役職の改善便利な場所給料の良い仕事企業でのトレーニングレッスンに期待する 緊張感 なお、受動的な候補者は新しい仕事を探しているわけではありません。リクルーターが彼らのところにやってくるのです。転職したいという気持ちが彼らにはないので、リクルーターは彼らをゆっくりと見守り、彼らを温かく保つために会話を 「育てる」必要があります。 積極的な候補者は、すでに履歴書やポートフォリオを送っており、無職であるかどうかに関わらず、時間をかけて迅速な採用活動を行っています。いずれにしても、彼らは自分の時間を投資して、迅速な採用活動を行うことを望んでいます。 採用プロセスの準備 履歴書やポートフォリオは使えません。採用担当者が経験やスキルを確認したいのであれば、情報を記入する別のフォームが必要です。 履歴書やポートフォリオが更新され、送付できるようになっています。 パッシブ・リクルーティングで成功するには? 受動的な候補者は仕事を探していないので、求人情報サイトにもアクセスしません。ソーシング戦略は、積極的な候補者を採用するための戦略とは異なるものでなければなりません。ここでは、求人情報サイト以外の場所で受動的な候補者を探す方法をいくつかご紹介します。 組織の雇用ブランドを明確にし、強化する 採用ブランディングとは、求職者がこの会社に入りたいと思うような自社のブランディングのことで、パッシブ・リクルーティングには欠かせません。実際、Corporate Responsibility誌がAllegis Talent2と共同で実施した初の企業レピュテーション調査では、アメリカ人の75%が、たとえ失業中であっても、評判の悪い企業には就職しないと指摘されています。 受動的な候補者は、ウェブサイトやブランドのソーシャルポストに書かれていることを購入する可能性はありません。その代わりに、社員が会社についてどう感じているかを知りたいのです。すべての従業員は、社会的イメージを決定づけるブランド大使になることができます。スタッフが様々なチャンネルで自分たちの会社の歩みを真摯に表現してくれれば、雇用ブランドにスポットライトが当たることになります。また、多くの人が利用しているSNSを利用することで、既存の社員の素顔を伝え、求職者と簡単に交流することができます。この戦術は、求職者が会社の情報をもっと探したいという好奇心に火をつけることができます。 成功する雇用ブランディング・キャンペーンには、従業員からの「証言」のほかに、Employer Value Proposition(EVP)も必要です。Employer Value Propositionとは、企業文化や職場環境の面での、貴社の中核となるメリットのことです。これは、会社が提供できるものであり、候補者が就職したその日から期待すべきものです。あなたはすでに自分のEVPを知っているかもしれませんが、それをどうやって世間に届けるか、ここでマーケティング部門の出番です。ソーシャルメディアプラットフォーム、ジョブボード、マーケティングキャンペーンなどを駆使して、候補者や場合によっては顧客にEVPを明示します。 採用ブランディングキャンペーンに盛り込むべきもう一つの特徴は、あなたのプロジェクトや実績です。受動的な候補者にとっては、あなたの会社で働くことで得られるインパクトが優先されます。つまり、何かエキサイティングでチャレンジングなことに参加したいと思っているのです。あなたのチャンネルであなたのプロジェクトや実績を紹介することで、不思議に思っていた受動的候補者が、あなたの会社での就職の可能性について話をするように一歩前進したことになります。 ゆっくりと準備 受動的な候補者はすぐには動けず、積極的な候補者に比べて、新しい機会を検討するのに時間がかかります。彼らを採用する際、人事担当者は柔軟に対応し、プレッシャーを与えないようにしなければなりません。 例えば、受動的な候補者は現在仕事をしているので、勤務時間中の面接を希望しない、あるいはできない可能性があります。また、採用担当者は候補者を知ることが重要で、候補者の興味を掘り起こし、より親密になり、信頼を得なければなりません。基礎ができてから、仕事についての詳細を話し始めることができます。 相手が現職を愛しすぎていて、どんな理由があっても転職したくない場合もあることを忘れてはいけません。だから、今は誰にも心を奪われないようにしましょう。 さまざまなプラットフォームを通じた受動的な求職者のソース LinkedInは受動的な候補者の主な情報源ですが、他のプラットフォームを試すことも必要で、それはFacebookやTwitter、ジョブボードや候補者データベースサービスなどが考えられます。 Facebookにとっては、旧来の求人情報サイトに代わる費用対効果の高いサービスであり、受動的な求職者を見つけるための格好の場となります。Facebookでは、採用担当者が選択した内容に基づいて高度にターゲット化された広告を出すことができるため、ソーシング、採用マーケティング、候補者エンゲージメントを成功させることができます。月間20億人のユーザーを抱えるFacebookは、あなたの採用キャンペーンのリーチをさらに広げます。 Twitterの場合、採用担当者は、候補者を探すのに便利な高度な検索機能をうまく活用できますし、会話や関係構築に適しているのは間違いありません。 ジョブボードや候補者データベースサービスの場合、小額の料金で数百の履歴書やポートフォリオをスカウトすることができます。候補者の連絡先が添付されています。 受動的な求職者に合わせて、応募プロセスを簡単にする 受動的な候補者は、もともと衝動的ではないので、面接を受けるための準備もしません。つまり、履歴書を持っていなかったり、採用担当者に履歴書の送付を求められても躊躇してしまうのです。これに対処するには、フォームやシートを使って候補者に働きかけてみるとよいでしょう。 […]

2022年のITアウトソーシング動向7つ&熱が冷めるトレンド7つ

2022年のITアウトソーシング動向7つ&熱が冷めるトレンド7つ

業界の記事

ブロックチェーンとは?仕組みから活用までの完全ガイド

ブロックチェーンとは?仕組みから活用までの完全ガイド

Sep 15, 2023

-

41 mins read

ブロックチェーンは、近年急速に注目を集めている技術で、その革新的な仕組みから多くの産業での活用が期待されています。本記事では、ブロックチェーンとは一体何なのか、その仕組みや特徴、そしてどのようにブロックチェーン活用されるのか、詳しくご説明します。 ブロックチェーンの基本とは何か? ブロックチェーンとは? ブロックチェーンは、分散型台帳技術とも呼ばれ、データをブロックと呼ばれる小さな単位に分割し、それを鎖のように連結して記録する仕組みです。この連鎖が時間的に続き、新しいデータが追加されるたびに新しいブロックが作られ、ネットワーク全体にコピーされます。これにより、データは一度記録されたら改ざんが非常に難しく、信頼性が高まります。 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンはP2Pネットワーク、ハッシュ、電子署名、コンセンサスアルゴリズムという要素に基づいています。これらの要素はブロックチェーンの仕組みを支える重要な役割を果たしています。以下では、これらの要素を詳しく説明していきます。 1. P2Pネットワーク ブロックチェーンは、分散型のP2Pネットワーク上で運用されます。このネットワークには、参加する多数のノード(コンピュータ)があり、各ノードは同等の権限を持ち、データのやりとりを行います。中央集権的な管理者やサーバーが存在せず、ノード同士が直接通信するため、システム全体の信頼性が向上します。 2. ハッシュ ハッシュは、ブロックチェーン内のデータを識別するための固有のデジタルフィンガープリントです。ハッシュは特定の入力データから生成され、固定長の一意の文字列として表現されます。ブロック内のすべてのトランザクションデータと前のブロックのハッシュが、新しいブロックのハッシュを計算するために使用されます。これにより、ブロック間の連鎖が確立され、データの改ざんが困難になります。 3. 電子署名 ブロックチェーン上のトランザクションは、送信元を証明するために電子署名が使用されます。電子署名は、トランザクションを生成したユーザーによって生成され、そのトランザクションが改ざんされていないことを確認します。公開鍵と秘密鍵を使用して署名が生成され、他のノードは公開鍵を使用して署名を検証します。これにより、トランザクションの信頼性とセキュリティが確保されます。 4. コンセンサスアルゴリズム ブロックチェーンネットワーク内のノードは、トランザクションの妥当性を確認し、新しいブロックを追加するためにコンセンサスアルゴリズムを使用します。有名なコンセンサスアルゴリズムには、Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)があります。PoWでは、ノードは競争的に数学的な問題を解き、最初に解答を見つけたノードが新しいブロックを追加できます。PoSでは、ノードは一定量の仮想通貨をステーク(担保)し、ステークの割合に応じて新しいブロックを追加できる権利を得ます。コンセンサスアルゴリズムは、ネットワーク全体で一貫性と信頼性を維持するのに役立ちます。 ブロックチェーンとビットコインの違い ブロックチェインと言えば、「ビットコイン」という言葉をよく耳にするでしょう。では、ブロックチェーンとビットコインの違いは何でしょうか? 上記の説明のように、ブロックチェーンは、データを連鎖的に繋げて記録する分散型台帳技術です。一方で、ビットコインはブロックチェーン技術を基にした最初の仮想通貨であり、中央銀行や政府とは独立して運用されます。ビットコインの主要な目的は、ユーザー間でのデジタル通貨の送金です。ビットコインのトランザクションは、ブロックチェーンに記録され、取引の透明性とセキュリティを提供します。 要するに、ブロックチェーンはデータの安全な記録と透明性を提供する分散型台帳技術であり、ビットコインはその最初の実用例の1つであるデジタル通貨です。 ブロックチェーンの種類 パブリック型 特徴:パブリック型ブロックチェーンは、誰でも参加でき、データにアクセスできる完全にオープンなネットワークです。誰もがトランザクションを検証および追跡でき、新しいブロックを追加できます。 メリット: 透明性と信頼性: データが完全に透明で、改ざんが困難 分散化: 中央機関が不要で、参加者は均等な地位を持つ セキュリティ: ネットワーク全体でデータが保護される デメリット: スケーラビリティ: 大規模なトランザクション処理が難しいことがある パフォーマンス: データの確認に時間がかかる場合がある 使用すべき場合 公開されたネットワークで取引を行う必要がある 完全な分散性と透明性が必要 プライバシーが低いことを許容できる プライベート型 特徴: プライベート型ブロックチェーンは、参加者が制限され、アクセス制御が厳格に管理される専用のネットワークです。通常、企業や組織が内部で使用します。 メリット 高速処理:制限されたノード数により、高速なトランザクション処理が可能 プライバシー:データのプライバシーとセキュリティが管理される カスタマイズ:カスタムルールとプロトコルを適用できる デメリット 中央化の可能性:制御が中央化される可能性がある 信頼性の問題:ノードが制限されているため、信頼性に関する問題が生じることがある。 […]

background

最新情報を入手!

メールにて最新の技術情報を受信するためにお申し込みください。