医療アプリ開発:おすすめの開発企業5選と成功への包括的ガイド

LTSグループのブログ:業界特化・ITアウトソーシングの洞察

医療アプリ開発:おすすめの開発企業5選と成功への包括的ガイド

May 28, 2024

-

38 mins read

医療アプリ開発は世界中の人々の健康品質を高める有益なアプリの作成においてますます重要な役割を果たします。医療アプリは、ユーザーの健康を促進し、危機を警告するだけでなく、プロバイダーや医療機関が膨大な健康データをより簡単に管理し、適切な治療計画を立てるのに貢献します。 この記事では、医療アプリの主な種類とその重要性について詳しく説明します。また、医療アプリ開発会社のトップ企業とアプリ開発のベストプラクティスも紹介します。それでは、掘り下げていきましょう! 医療アプリの概要 この章で、医療アプリの定義、種類と重要性について紹介していきます。 医療アプリの定義 「医療アプリ」または「健康アプリ」という用語は、健康管理や健康の向上、医療サービスの提供などのことを目的としたスマートフォンやタブレットのアプリケーションを指します。これらの医療アプリは、ユーザーの対象や利用目的によってさまざまな機能を備えます。主な機能には、健康データの管理、診察予約、リマインダー機能、オンライン診療、医療情報の提供などを備える可能性があります。 医療アプリの主な種類 医療アプリは、その対象ユーザーに応じてさまざまな種類に分類されます。以下は、対象ユーザー別に一般的な医療アプリとなります。 患者向け健康アプリ 予約スケジュールとリマインダーのアプリ:診察の予約を管理し、リマインダーを送信するアプリ フィットネスとウェルネスのアプリ:運動や栄養の管理、健康目的の設定を支援するアプリ 医学教育アプリ:最新の医学研究、情報やガイドラインを提供するアプリ 予防目的の診断アプリ:症状を入力して簡易診断を行い、適切な医療機関を案内するアプリ 医療提供者と医療スタッフ向け健康アプリ 遠隔患者モニタリングのアプリ:患者のバイタルサインやその他の健康データをリモートで監視するアプリ 在庫管理アプリ:医薬品や医療機器の在庫を効果的に管理するアプリ 請求アプリ:医療費の請求や支払いを管理するアプリ 医療処方アプリ:医療提供者が処方箋を管理し、患者に電子的に送信するアプリ 医療アプリ開発の重要性 デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む医療業界では、医療アプリの開発がますます重要性を増しています。医療アプリは、医療サービスのデジタル化を推進し、患者と医療提供者の双方にとって多大なメリットをもたらします。 以下に、患者および医療提供者にとっての医療アプリ開発の重要性とその具体的なメリットを挙げます。 患者 治療プロセスとケアの質の向上 情報や医療サービスへの便利なアクセス 場所を問わずタイムリーなケアの取得 医者または医療サービスプロバイダー 時間とコストの節約 効果的な仕事量配分 患者管理の改善 遠隔モニタリング 医療アプリの開発は、患者と医療提供者の双方に大きなメリットをもたらし、医療サービスの質と効率を大幅に向上させます。ヘルスケアおよび医療アプリ開発の需要が高まっているため、医療アプリ開発の経験が豊富な企業に開発を委託することは、多くの日本企業にとって一般的なアプローチとなっています。 おすすめの医療アプリ開発企業5選! 信頼できる会社評価とホームページからの情報をもとに、サービス内容と実績を分析し、以下のおすすめ医療アプリ開発企業5選のリストを作成しました。 LTS Group 株式会社SOTATEK JAPAN 株式会社アイ・エス・ビー SMHC株式会社 株式会社ソエル このリストを参考にして、自社に最適な開発企業を選びましょう。 LTS Group  会社概要 設立年:2016年 本社:ベトナム 支社:日本、韓国、アメリカ 従業員数:500名以上 主なサービス:カスタムヘルスケア開発(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発、ソフトウェアの保守とアップグレード)、ソフトウェアテスト・品質保証(Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動テスト、組み込みテスト、統合テスト)、サードパーティシステムの統合、医療データ分析、デジタルBPO(データアノテーション、データ収集、データ変換、RPAサービス) LTS Groupの強み 業界特化の専門性とサービス 良好なコミュニケーション VINASAによってベトナムICT企業トップ10(2023年) GoodFirmsによるベトナムのWebアプリ開発会社トップ […]

ソフトウェア開発

医療アプリ開発:おすすめの開発企業5選と成功への包括的ガイド

医療アプリ開発:おすすめの開発企業5選と成功への包括的ガイド

May 28, 2024

-

38 mins read

医療アプリ開発は世界中の人々の健康品質を高める有益なアプリの作成においてますます重要な役割を果たします。医療アプリは、ユーザーの健康を促進し、危機を警告するだけでなく、プロバイダーや医療機関が膨大な健康データをより簡単に管理し、適切な治療計画を立てるのに貢献します。 この記事では、医療アプリの主な種類とその重要性について詳しく説明します。また、医療アプリ開発会社のトップ企業とアプリ開発のベストプラクティスも紹介します。それでは、掘り下げていきましょう! 医療アプリの概要 この章で、医療アプリの定義、種類と重要性について紹介していきます。 医療アプリの定義 「医療アプリ」または「健康アプリ」という用語は、健康管理や健康の向上、医療サービスの提供などのことを目的としたスマートフォンやタブレットのアプリケーションを指します。これらの医療アプリは、ユーザーの対象や利用目的によってさまざまな機能を備えます。主な機能には、健康データの管理、診察予約、リマインダー機能、オンライン診療、医療情報の提供などを備える可能性があります。 医療アプリの主な種類 医療アプリは、その対象ユーザーに応じてさまざまな種類に分類されます。以下は、対象ユーザー別に一般的な医療アプリとなります。 患者向け健康アプリ 予約スケジュールとリマインダーのアプリ:診察の予約を管理し、リマインダーを送信するアプリ フィットネスとウェルネスのアプリ:運動や栄養の管理、健康目的の設定を支援するアプリ 医学教育アプリ:最新の医学研究、情報やガイドラインを提供するアプリ 予防目的の診断アプリ:症状を入力して簡易診断を行い、適切な医療機関を案内するアプリ 医療提供者と医療スタッフ向け健康アプリ 遠隔患者モニタリングのアプリ:患者のバイタルサインやその他の健康データをリモートで監視するアプリ 在庫管理アプリ:医薬品や医療機器の在庫を効果的に管理するアプリ 請求アプリ:医療費の請求や支払いを管理するアプリ 医療処方アプリ:医療提供者が処方箋を管理し、患者に電子的に送信するアプリ 医療アプリ開発の重要性 デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む医療業界では、医療アプリの開発がますます重要性を増しています。医療アプリは、医療サービスのデジタル化を推進し、患者と医療提供者の双方にとって多大なメリットをもたらします。 以下に、患者および医療提供者にとっての医療アプリ開発の重要性とその具体的なメリットを挙げます。 患者 治療プロセスとケアの質の向上 情報や医療サービスへの便利なアクセス 場所を問わずタイムリーなケアの取得 医者または医療サービスプロバイダー 時間とコストの節約 効果的な仕事量配分 患者管理の改善 遠隔モニタリング 医療アプリの開発は、患者と医療提供者の双方に大きなメリットをもたらし、医療サービスの質と効率を大幅に向上させます。ヘルスケアおよび医療アプリ開発の需要が高まっているため、医療アプリ開発の経験が豊富な企業に開発を委託することは、多くの日本企業にとって一般的なアプローチとなっています。 おすすめの医療アプリ開発企業5選! 信頼できる会社評価とホームページからの情報をもとに、サービス内容と実績を分析し、以下のおすすめ医療アプリ開発企業5選のリストを作成しました。 LTS Group 株式会社SOTATEK JAPAN 株式会社アイ・エス・ビー SMHC株式会社 株式会社ソエル このリストを参考にして、自社に最適な開発企業を選びましょう。 LTS Group  会社概要 設立年:2016年 本社:ベトナム 支社:日本、韓国、アメリカ 従業員数:500名以上 主なサービス:カスタムヘルスケア開発(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発、ソフトウェアの保守とアップグレード)、ソフトウェアテスト・品質保証(Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動テスト、組み込みテスト、統合テスト)、サードパーティシステムの統合、医療データ分析、デジタルBPO(データアノテーション、データ収集、データ変換、RPAサービス) LTS Groupの強み 業界特化の専門性とサービス 良好なコミュニケーション VINASAによってベトナムICT企業トップ10(2023年) GoodFirmsによるベトナムのWebアプリ開発会社トップ […]

システム開発外注:実施すべき理由と失敗をしないための注意点

システム開発外注:実施すべき理由と失敗をしないための注意点

システム開発費用・料金相場とコストを抑えるポイント 【2024年最新版】

システム開発費用・料金相場とコストを抑えるポイント 【2024年最新版】

アジャイル開発会社8選・適する会社を選択するポイント【2024年の最新版】

アジャイル開発会社8選・適する会社を選択するポイント【2024年の最新版】

スクラッチ開発とは?メリット・デメリットと効果的な進め方のポイントを説明

スクラッチ開発とは?メリット・デメリットと効果的な進め方のポイントを説明

background

LTSグループテレビ

ソフトウェア開発、ソフトウェアテストおよびIT人材補強に関する情報をITのプロフェッショナルから得てください。

IT市場のインサイト

パッシブ・リクルートメントによる技術系人材の探し方・採用方法

パッシブ・リクルートメントによる技術系人材の探し方・採用方法

Aug 9, 2022

-

20 mins read

IT業界では、優秀な人材がどんどん少なくなってきており、人事担当者は、潜在的な候補者を増やすための方法を模索しています。 Stack Overflowの開発者を対象とした最近の年次調査によると、積極的に仕事を探している回答者はわずかに15%であり、新しい仕事の情報を聞くことに興味を持っている開発者は約75%であるということです。これらの数字を見たら、人事担当者は従来のように「すでに仕事を探している候補者」を採用するだけにとどまらず、一般的なIT人材の75%を占める「受動的な候補者」のポテンシャルを把握すべきだということがわかります。 人事担当者は、パッシブリクルートメントの技術を認識することで、人材プールを効果的に活用し、拡大することができ、その結果、最も困難なITポジションを埋めることができます。 受動的な候補者とは? 受動的な候補者とは、新しい仕事の機会を積極的に探していない人のことです。受動的な候補者は、すでに雇用されていることが多く、多くの企業が求めているスキルや経験を持っています。 なぜ人事スペシャリストはパッシブリクルートメントを行うべきなのか? Stack’s Overflowの調査によると、IT人材の求職状況について、回答者は以下の3つのグループに分類されました。 これらのグループの中で、受動的な求職者は最大のグループとして際立っており、需要の高い技術系の仕事に就く人事担当者にとっては、潜在的な採用ソースとなっています。 受動的な候補者は、現在雇用されており、他の雇用主でその役割をうまく果たしている可能性が高いため、人事担当者は、候補者の現在のプロジェクトを少し調べたり、相互参照チェックを行ったりすることで、候補者の潜在能力を確認し、評価する機会を得ることができます。 さらに、高度なスキルを持った候補者の市場での競争は非常に激しいものがあります。実際に、非常に優秀な積極的な候補者は、10日以内に市場から消えてしまうことが多いのです(officevibe.comが収集した統計による)。このような理由から、採用の可能性を高めるためには、採用担当者が受動敵な候補者を重視することが非常に重要です。 このグループに注目するもう一つの理由は、受動的な候補者が貴社のビジネスに影響を与える可能性が高いことです。彼らは、新しい職場で自分を変えようとする意欲が120%高いのです。さらに、これらのグループは主にシニアの技術系人材であるため、積極的な候補者と比較して、スキルアップの機会を必要とする可能性が17%低くなります。トレーニングの必要性が低いということは、必要な時間とリソースが少なくて済むということであり、これによって雇用主は多大な利益を得ることができるため、受動的な候補者は最も重要な採用ソースの一つとなっています。 積極的な候補者と受動な候補者 一般的に、積極的な候補者は求職活動に対するモチベーションが高く、すべての準備が整っているため、すぐに採用プロセスを開始することができますが、受動的な候補者は当然のことながら関与するのが困難です。そのため、採用担当者はより柔軟に、そしてさりげなくこの人材を活用する必要があります。   受動的な候補者 積極的な候補者  ポテンシャル候補者とは? ほとんどがシニアレベルの技術系人材で、積極的に仕事を探しているわけではないが、新しい仕事のチャンスに前向きな人たちです。 仕事を持っているかどうかは別にして、転職サイトやソーシャルメディアで活動しています。彼らは、履歴書や応募書類を送り、あなたと一緒に採用活動を行う準備をしています。 プライオリティ 収入が大幅にアップすることを期待する明確なキャリアパスを求め、転職先ではインパクトのある役割を求めている。福利厚生や企業文化をより重視するワークライフバランス 役職の改善便利な場所給料の良い仕事企業でのトレーニングレッスンに期待する 緊張感 なお、受動的な候補者は新しい仕事を探しているわけではありません。リクルーターが彼らのところにやってくるのです。転職したいという気持ちが彼らにはないので、リクルーターは彼らをゆっくりと見守り、彼らを温かく保つために会話を 「育てる」必要があります。 積極的な候補者は、すでに履歴書やポートフォリオを送っており、無職であるかどうかに関わらず、時間をかけて迅速な採用活動を行っています。いずれにしても、彼らは自分の時間を投資して、迅速な採用活動を行うことを望んでいます。 採用プロセスの準備 履歴書やポートフォリオは使えません。採用担当者が経験やスキルを確認したいのであれば、情報を記入する別のフォームが必要です。 履歴書やポートフォリオが更新され、送付できるようになっています。 パッシブ・リクルーティングで成功するには? 受動的な候補者は仕事を探していないので、求人情報サイトにもアクセスしません。ソーシング戦略は、積極的な候補者を採用するための戦略とは異なるものでなければなりません。ここでは、求人情報サイト以外の場所で受動的な候補者を探す方法をいくつかご紹介します。 組織の雇用ブランドを明確にし、強化する 採用ブランディングとは、求職者がこの会社に入りたいと思うような自社のブランディングのことで、パッシブ・リクルーティングには欠かせません。実際、Corporate Responsibility誌がAllegis Talent2と共同で実施した初の企業レピュテーション調査では、アメリカ人の75%が、たとえ失業中であっても、評判の悪い企業には就職しないと指摘されています。 受動的な候補者は、ウェブサイトやブランドのソーシャルポストに書かれていることを購入する可能性はありません。その代わりに、社員が会社についてどう感じているかを知りたいのです。すべての従業員は、社会的イメージを決定づけるブランド大使になることができます。スタッフが様々なチャンネルで自分たちの会社の歩みを真摯に表現してくれれば、雇用ブランドにスポットライトが当たることになります。また、多くの人が利用しているSNSを利用することで、既存の社員の素顔を伝え、求職者と簡単に交流することができます。この戦術は、求職者が会社の情報をもっと探したいという好奇心に火をつけることができます。 成功する雇用ブランディング・キャンペーンには、従業員からの「証言」のほかに、Employer Value Proposition(EVP)も必要です。Employer Value Propositionとは、企業文化や職場環境の面での、貴社の中核となるメリットのことです。これは、会社が提供できるものであり、候補者が就職したその日から期待すべきものです。あなたはすでに自分のEVPを知っているかもしれませんが、それをどうやって世間に届けるか、ここでマーケティング部門の出番です。ソーシャルメディアプラットフォーム、ジョブボード、マーケティングキャンペーンなどを駆使して、候補者や場合によっては顧客にEVPを明示します。 採用ブランディングキャンペーンに盛り込むべきもう一つの特徴は、あなたのプロジェクトや実績です。受動的な候補者にとっては、あなたの会社で働くことで得られるインパクトが優先されます。つまり、何かエキサイティングでチャレンジングなことに参加したいと思っているのです。あなたのチャンネルであなたのプロジェクトや実績を紹介することで、不思議に思っていた受動的候補者が、あなたの会社での就職の可能性について話をするように一歩前進したことになります。 ゆっくりと準備 受動的な候補者はすぐには動けず、積極的な候補者に比べて、新しい機会を検討するのに時間がかかります。彼らを採用する際、人事担当者は柔軟に対応し、プレッシャーを与えないようにしなければなりません。 例えば、受動的な候補者は現在仕事をしているので、勤務時間中の面接を希望しない、あるいはできない可能性があります。また、採用担当者は候補者を知ることが重要で、候補者の興味を掘り起こし、より親密になり、信頼を得なければなりません。基礎ができてから、仕事についての詳細を話し始めることができます。 相手が現職を愛しすぎていて、どんな理由があっても転職したくない場合もあることを忘れてはいけません。だから、今は誰にも心を奪われないようにしましょう。 さまざまなプラットフォームを通じた受動的な求職者のソース LinkedInは受動的な候補者の主な情報源ですが、他のプラットフォームを試すことも必要で、それはFacebookやTwitter、ジョブボードや候補者データベースサービスなどが考えられます。 Facebookにとっては、旧来の求人情報サイトに代わる費用対効果の高いサービスであり、受動的な求職者を見つけるための格好の場となります。Facebookでは、採用担当者が選択した内容に基づいて高度にターゲット化された広告を出すことができるため、ソーシング、採用マーケティング、候補者エンゲージメントを成功させることができます。月間20億人のユーザーを抱えるFacebookは、あなたの採用キャンペーンのリーチをさらに広げます。 Twitterの場合、採用担当者は、候補者を探すのに便利な高度な検索機能をうまく活用できますし、会話や関係構築に適しているのは間違いありません。 ジョブボードや候補者データベースサービスの場合、小額の料金で数百の履歴書やポートフォリオをスカウトすることができます。候補者の連絡先が添付されています。 受動的な求職者に合わせて、応募プロセスを簡単にする 受動的な候補者は、もともと衝動的ではないので、面接を受けるための準備もしません。つまり、履歴書を持っていなかったり、採用担当者に履歴書の送付を求められても躊躇してしまうのです。これに対処するには、フォームやシートを使って候補者に働きかけてみるとよいでしょう。 […]

2022年のITアウトソーシング動向7つ&熱が冷めるトレンド7つ

2022年のITアウトソーシング動向7つ&熱が冷めるトレンド7つ

業界の記事

ブロックチェーンとは?仕組みから活用までの完全ガイド

ブロックチェーンとは?仕組みから活用までの完全ガイド

Sep 15, 2023

-

41 mins read

ブロックチェーンは、近年急速に注目を集めている技術で、その革新的な仕組みから多くの産業での活用が期待されています。本記事では、ブロックチェーンとは一体何なのか、その仕組みや特徴、そしてどのようにブロックチェーン活用されるのか、詳しくご説明します。 ブロックチェーンの基本とは何か? ブロックチェーンとは? ブロックチェーンは、分散型台帳技術とも呼ばれ、データをブロックと呼ばれる小さな単位に分割し、それを鎖のように連結して記録する仕組みです。この連鎖が時間的に続き、新しいデータが追加されるたびに新しいブロックが作られ、ネットワーク全体にコピーされます。これにより、データは一度記録されたら改ざんが非常に難しく、信頼性が高まります。 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンはP2Pネットワーク、ハッシュ、電子署名、コンセンサスアルゴリズムという要素に基づいています。これらの要素はブロックチェーンの仕組みを支える重要な役割を果たしています。以下では、これらの要素を詳しく説明していきます。 1. P2Pネットワーク ブロックチェーンは、分散型のP2Pネットワーク上で運用されます。このネットワークには、参加する多数のノード(コンピュータ)があり、各ノードは同等の権限を持ち、データのやりとりを行います。中央集権的な管理者やサーバーが存在せず、ノード同士が直接通信するため、システム全体の信頼性が向上します。 2. ハッシュ ハッシュは、ブロックチェーン内のデータを識別するための固有のデジタルフィンガープリントです。ハッシュは特定の入力データから生成され、固定長の一意の文字列として表現されます。ブロック内のすべてのトランザクションデータと前のブロックのハッシュが、新しいブロックのハッシュを計算するために使用されます。これにより、ブロック間の連鎖が確立され、データの改ざんが困難になります。 3. 電子署名 ブロックチェーン上のトランザクションは、送信元を証明するために電子署名が使用されます。電子署名は、トランザクションを生成したユーザーによって生成され、そのトランザクションが改ざんされていないことを確認します。公開鍵と秘密鍵を使用して署名が生成され、他のノードは公開鍵を使用して署名を検証します。これにより、トランザクションの信頼性とセキュリティが確保されます。 4. コンセンサスアルゴリズム ブロックチェーンネットワーク内のノードは、トランザクションの妥当性を確認し、新しいブロックを追加するためにコンセンサスアルゴリズムを使用します。有名なコンセンサスアルゴリズムには、Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)があります。PoWでは、ノードは競争的に数学的な問題を解き、最初に解答を見つけたノードが新しいブロックを追加できます。PoSでは、ノードは一定量の仮想通貨をステーク(担保)し、ステークの割合に応じて新しいブロックを追加できる権利を得ます。コンセンサスアルゴリズムは、ネットワーク全体で一貫性と信頼性を維持するのに役立ちます。 ブロックチェーンとビットコインの違い ブロックチェインと言えば、「ビットコイン」という言葉をよく耳にするでしょう。では、ブロックチェーンとビットコインの違いは何でしょうか? 上記の説明のように、ブロックチェーンは、データを連鎖的に繋げて記録する分散型台帳技術です。一方で、ビットコインはブロックチェーン技術を基にした最初の仮想通貨であり、中央銀行や政府とは独立して運用されます。ビットコインの主要な目的は、ユーザー間でのデジタル通貨の送金です。ビットコインのトランザクションは、ブロックチェーンに記録され、取引の透明性とセキュリティを提供します。 要するに、ブロックチェーンはデータの安全な記録と透明性を提供する分散型台帳技術であり、ビットコインはその最初の実用例の1つであるデジタル通貨です。 ブロックチェーンの種類 パブリック型 特徴:パブリック型ブロックチェーンは、誰でも参加でき、データにアクセスできる完全にオープンなネットワークです。誰もがトランザクションを検証および追跡でき、新しいブロックを追加できます。 メリット: 透明性と信頼性: データが完全に透明で、改ざんが困難 分散化: 中央機関が不要で、参加者は均等な地位を持つ セキュリティ: ネットワーク全体でデータが保護される デメリット: スケーラビリティ: 大規模なトランザクション処理が難しいことがある パフォーマンス: データの確認に時間がかかる場合がある 使用すべき場合 公開されたネットワークで取引を行う必要がある 完全な分散性と透明性が必要 プライバシーが低いことを許容できる プライベート型 特徴: プライベート型ブロックチェーンは、参加者が制限され、アクセス制御が厳格に管理される専用のネットワークです。通常、企業や組織が内部で使用します。 メリット 高速処理:制限されたノード数により、高速なトランザクション処理が可能 プライバシー:データのプライバシーとセキュリティが管理される カスタマイズ:カスタムルールとプロトコルを適用できる デメリット 中央化の可能性:制御が中央化される可能性がある 信頼性の問題:ノードが制限されているため、信頼性に関する問題が生じることがある。 […]

background

最新情報を入手!

メールにて最新の技術情報を受信するためにお申し込みください。

ニュース

LTS Groupの韓国への進出:LTS Koreaのオープニングとクラウドセミナー

LTS Groupの韓国への進出:LTS Koreaのオープニングとクラウドセミナー

Apr 17, 2024

-

8 mins read

2024年4月16日、LTS Groupは8番目のグローバル企業であるLTS Group Koreaの支社のグランドオープニングセレモニー及び「クラウドサービスのパワーの解き放ち:クラウド時代における組織力を強化」をテーマにクラウドセミナーを開催しました。 LTS Koreaの支社のグランドオープニングセレモニー LTS Korea 支社のオープニングイベントが韓国・ソウルで盛大に開催され ました。LTS Group の取締役会、尊敬するパートナー、そして大切なお取引先様にはご出席い ただきました。 この重要な節目を振り返り、弊社CEOのスアン・フンは「これは弊社のグローバル成長戦略における極めて重要な一歩であり、韓国市場に最先端のテクノロジーサービスを提供するという長期的なコミットメントを強化するものです」と述べました。 オープニングセレモニーに続き、クラウド技術に関する洞察に満ちたセミナーがLTS Groupによって行われました。このセミナーは、最先端のクラウドソリューションを紹介する機会であり、企業が業務効率を高め、コストを最適化し、競争力を向上することに貢献します。 LTS Groupは、本セミナーを通じて、参加者、パートナー、およびクライアントに、クラウド技術の活用で組織を強化するための貴重な洞察を提供することを目的としています。 今回のイベントは、韓国市場におけるLTS Koreaの有望な旅立ちの舞台となりました。 LTS Koreaクラウドセミナー ソウルのHJBCクァンファムンビルで開催されたクラウドセミナーには、業界の要人、パートナー、ロイヤルカスタマー、興味を持つ参加者の方々が集まりました。 3時間にわたる本セミナーで、Xuan Phung 氏(LTS Group CEO)、Trung Pham 氏(LTS Group デリバリー・マネージャー)、Scott Yoo 氏(Ubion バイス・プレジデント)らが基調講演を務め、次のような内容を掘り下げました。 韓国、ベトナム、米国におけるクラウドの最新動向と将来予測 クラウド機能を活用したグローバル中小企業や企業の成功事例 Ubion Cosmos Platformのグローバル・クラウド・サービス戦略の中心は、AIベースのサービスとグローバルなサービス展開 今回のセミナーでは、最新の市場動向や実際の事例を交えながら、参加者にクラウド技術に関する包括的で深い知識を共有しました。また、業界の専門家とのネットワーキングの機会も設けられて、クラウドの革新と成長のための協力的な環境が促進されました。 LTS Groupのクラウドソリューション クラウドの導入は急速に拡大しており、世界中の94%の企業がクラウドを活用しています。ガートナーによると、2028年までに、クラウドコンピューティングは破壊的な技術から組織の競争力を維持するための不可欠な要素に移行します。 ベトナムを代表するITサービス会社であるLTS Groupは、米国市場でのクラウドソリューションの展開に豊富な経験を持っています。そして、8番目の拠点であるLTS Koreaを設立することで、韓国市場に私たちの専門知識とサービスを提供する目覚ましい旅を進めていきたいと考えています。 LTS Koreaの立ち上げにつきまして、当社のCTOは次のように強調しています。「クラウドサービスの分野で、LTS Groupはお客様の特定の要件に合わせて様々なソリューションを提供しています。効果的なクラウドの導入を実現するために、徹底的なアーキテクチャの評価と洞察に重点を置いています。シームレスなインフラ展開の専門知識を駆使して、お客様のシステムを滞りなく稼働させることをお約束します。導入後のシステム管理に関しては、24時間体制でサポートし、スムーズな運用を実現します。」 新興企業から大企業まで、あらゆる企業のニーズに合わせた包括的なクラウドソリューションをお届けします。 アプリの近代化:アプリとデータをモダナイズして、市場投入までの時間を短縮し、アジリティを高め、セキュリティと高可用性を組み込んで拡張します。 クラウドネイティブなアプリ開発: クラウドネイティブなアプリを開発することで、最先端のテクノロジーを活用し、アジリティ、費用対効果、回復力、セキュリティを実現することができます。 ITスタッフの増強:プロジェクトの能力を強化し、生産性を向上させ、効率的にビジネス目標を達成するために、 […]