category

ソフトウェア開発

SDLCとは?SDLCの基本フェーズは何ですか?

SDLCとは?SDLCの基本フェーズは何ですか?

Aug 9, 2023

-

19 min read

Standish Groupの2015年のレポートによると、成功したソフトウェアプロジェクトの数は29%を占め、52%のプロジェクトが課題に遭遇し、19%のプロジェクトが失敗または途中で中止されました。ソフトウェアプロジェクトの失敗の原因として最も多いのは以下の通りです。 そして、SDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)を採用することで、プロジェクト失敗のリスクを減らすことができます。では、 SDLCとは 何でしょうか?そして、SDLCはフェーズを含んでいます。以下の記事で調べてみよう。 SDLCとは ? SDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)は、多くの企業が自社製品に適用している馴染みのあるプロセスです。IT業界では、SDLCは、技術エンジニアがデザイン、開発およびテストを徹底的で適切に行えるように支援します。SDLCがソフトウェア製品に適用されて以来、多くの高品質のアプリが作成され、継続的に改善され、ユーザーの体験が向上しています。では、SDLCとは正確にどのようなものでしょうか? このプロセスのフェーズとは? この記事で調べてみましょう。 SDLCは、Software Development Life Cycle(ソフトウェア開発ライフサイクル)の略です。SDLCでは、ソフトウェアアプリ開発の各フェーズとタスクがプロジェクトの当事者によって提示および計画されます。プロジェクトのすべてのステップと詳細が明確になると、監視と制御が簡単になり、プロジェクトが順調に進むことが保証されます。 SDLCのすべてのフェーズで、当事者は詳細な分析を通じてプロジェクトを実行するための最も効率的な方法と回避すべき問題を特定できます。理想的な方法としては、分析は技術調査、市場調査、費用便益分析に分けられます。技術調査では、チームがすべてがどのように構築およびテストされているかを把握することができるように、開発とテストが提示される必要があります。 「ソフトウェア開発とは?知っておくべき基本知識」はこちら。 SDLCの基本フェーズ? 完全なSDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)は、次の6つのステップで構成されます。 オリジナルのSDLCは、特定の順序の特定のステップで構成されています。ただし、これはすべての企業で共通するわけではありません。実際、SDLCはより小さな単位に細分化することができます。一部のプロジェクトマネージャーは、開発プロセスに不要だと考えた特定のステップを組み合わせたり、分割したり、省略したりすることもあります。 要件の収集と分析 アプリを開発する前に、アプリの範囲と目的を明確に定義することが非常に重要です。そうすることによって、プロジェクトが本来の目的から拡大または変更されないようにするための境界線を引くことができます。このステップでは、プロジェクトの当事者、プロジェクトマネージャー、およびチームリーダーが協力して機能を想定する必要があります。当事者はまた、予算と技術の両方の観点から、プロジェクトの要件を決定する必要があります。 実際、この段階では、ソフトウェア開発会社はプロジェクトに関する一般的な質問セットと、特定のプロジェクトに対して行うべき特定の質問を用意してくれます。 開発会社は、依頼者の要件を収集した後、要件をまとめ、システム開発の基礎となる「要求仕様」を作成します。この資料は、プロジェクトライフサイクル全体でデザインおよび開発されるすべての製品要件を示しているため、ソフトウェア開発プロセスにとって非常に重要です。プログラマーやテスターなどの関連部門が、この資料の詳細な機能説明に基づいて作業を実行し、「ソフトウェアは何をするのか」という質問に答えていきます。 製品アーキテクチャのデザインとプロトタイピング デザイン段階には、ソフトウェアアプリの構築に必要なすべての「図」が含まれ、場合によってはプロトタイピングも含まれます。 デザインは、次の機能で指定される必要があります。 プロトタイピングステップのアウトプットは、ソフトウェアアプリの初期バージョンであり、基本的なアイデアと、アプリの外観と動作を見せます。このプロトタイプから、フィードバックを取得して、アプリを改善できます。 ソフトウェア開発 上記の3つのステップは、構築するソフトウェアアプリの「準備」と見なすことができますが、ソフトウェア開発の段階では、コーディングとプログラミングが実際に開始されるときです。このフェーズを成功させるために最初に必要なことは、ユーザーガイド、トラブルシューティングガイド、FAQ、ソースコードなどを含む完全な資料を用意することです。 このフェーズでは、合意されたプロトタイプに基づいて、開発者チームが適切にアプリをプログラムします。求めた機能とモジュールは予定通りに実行されます。すべての計画が完了した際には、各モジュール、タスク、または最終バージョンのスケジュールも確定される必要です。そうすることで、無駄な時間をなくすことができるのです。詳細なスケジュールは、ビジネスの規模を拡大し、立ち上げの準備をするのに大きな役割を果たします。 アプリの機能はより小さなタスクに分割され、プロジェクトマネージャーはそれらを管理する独自の方法を取ります。 SDLCでのソフトウェアテスト ソフトウェアテストは、ソフトウェアアプリを成功させるための重要な部分と見なされています。アプリストアにリリースする前に、チームは手動と自動の両方でテストを実行して、すべてが想定どおりに機能することを確認する必要があります。 テストにはさまざまな種類がありますが、1つのアプリで必ずしもすべてのテストを行うべきではありません。アプリの規模と機能の数に応じて、テストリーダーは実行するテストの種類を決めます。通常、アプリはシミュレートされた実稼働環境でテストされます。これによって、アプリが実際にどのように機能するかを確認できます。現在、多くの企業が本番環境でのテストを選択していますが、ユーザーの体験に影響する可能性があるため、お勧めではありません。 全体として、チームはテストフェーズを通じて、ラグ、バグ、およびグリッチを減らすことができます。ソフトウェアアプリが適切に機能することで、ユーザーの満足度と使用率の向上を期待できます。 関連記事: 展開 アプリは、展開フェーズにもユーザーが利用し続けることができるように作成されます。多くの企業は、展開ステップを自動化することにしています。これは、会社のウェーブサイトの支払いポータルやダウンロードリンクと同じくらい簡単です。スマートフォンにアプリをインストールする形でもあります。 展開は難しい場合があります。例としては、全社的なデータベースを新しくデザインされたアプリに移行することです。データベースは他の多くのシステムに依存しているため、アップグレードの統合には更なる時間と労力がかかる場合があります。 運用および保守 これは、開発サイクルがほぼ終了するSDLCの最後のフェーズです。これで、ソフトウェアアプリの作成が完了し、使用されています。規模が拡大してユーザーが増えると、テスト段階で見つからなかったバグを発見する可能性があります。これらのエラーは処理および解決されます。 反復型開発のようなモデルは、パッチの発行に加えて、将来のリリースで追加機能を提案します。新しいリリースごとに、新しい開発サイクルを開始できます。 SDLCの効果的な導入と同時に、人材不足問題の解決、コスト削減、時間短縮、競争力強化のために、オフショア開発会社へソフトウェア開発を委託することは、日本企業にとってポピュラーなアプローチとなっています。適切なオフショア会社を選択する方法を理解し、オフショア開発会社のトップリストにアクセスするために、弊社の記事をお読みください。 よくある質問 SDLCとはどういう意味ですか? SDLC(Software Development Life Cycle)は、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて、ソフトウェアの計画、設計、開発、テスト、展開、運用・保守のための一連の段階的なプロセスです。SDLCは、ソフトウェアプロジェクトを管理し、品質を確保し、プロジェクトの期限内に完了するための指針とフレームワークを提供します。 SDLCの順序は? SDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)は、基本的に次の6つのステップで構成されます。 要件の収集と分析 デザイン・設計 ソフトウェア開発 ソフトウェアテスト […]

ソフトウェア開発とは?基礎的な知識をわかりやすく解説

ソフトウェア開発とは?基礎的な知識をわかりやすく解説

Aug 8, 2023

-

37 mins read

優れたソフトウェアは、シームレスなチーム管理、継続的なタスクの進捗追跡などを可能にするため、生産性を向上させ、ビジネス上の必要な意思決定を迅速に行うのに役立ちます。しかし、多くの企業は、ソフトウェア開発の全体像と、それが組織にもたらす多大な利点を理解していません。 心配しないでください。次の15分で、ソフトウェア開発の定義、一般的な種類、重要性、ソフトウェア開発サービスが必要な理由などを詳しく説明していきます それでは、さっそくご覧ください。 ソフトウェア開発とは? まず最初に、ソフトウェアの定義について説明します。ソフトウェアとは、簡単に言えば「コンピューターを動作させるためのプログラム・スクリプト」です。 ソフトウェア開発とは、様々なプログラミング言語やツールを用いて、ソフトウェアの設計、作成、テスト、保守を行うプロセスを指します。 ソフトウェア開発の種類 ソフトウェアには、目的別に4つのタイプがあります。 ソフトウェア開発者は、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の中で様々なステップを踏んで、プログラムのあらゆるアイデア・設計図を現実します。 「ソフトウェア開発ライフサイクルって何だろう」と思われた方は、このままスクロールして、好奇心を満たしてください。 ソフトウェア開発ライフサイクルとは? 1. 定義  ソフトウェアに投資しようとしている場合、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)またはソフトウェア開発プロセスという用語に出会うことがあります。SDLCは、最適なコストで高品質なソフトウェアを作成するための方法論です。 2. 基本フェーズ SDLCは、以下の6つのステップで構成されています。 SDLCのステップをより深く理解し、どのようにあなたのプロジェクトに適用できるかを知るために、SDLCの完全ガイドをご覧ください。 3. ソフトウェア開発の主な方法 ソフトウェア開発モデルの選択は、プロジェクトの品質、スケジュール、予算、ステークホルダーの期待に応える能力に大きな影響を及ぼします。適切なモデルを選択することで、作業を軌道に乗せ、予算を管理し、高品質の結果を確保することができます。 一般的なITソフトウェア開発手法は、ウォーターフォール、Vモデル、アジャイル開発、ラピッドアプリケーション開発(RAD)などがあります。ここでは、そのうちの1つを詳しく見ていきましょう。 ウォーターフォールモデル ウォーターフォールモデルとは、要求の収集と分析、設計、実装、テスト、配備、保守の各フェーズを直線的かつ連続的に進行させるソフトウェア開発プロセスのことです。 各フェーズは次のフェーズを開始する前に完了する必要があり、フェーズ間の重複はありません。このモデルは、高度に構造化された伝統的なプロセスであると考えられています。 いつ適用するのか? ウォーターフォール手法は、プロジェクトが短く、要件が明確で、調整する必要がない場合にのみ適用されます。同時に、リソースや専門知識を準備しておくことも必要です。 V字モデル V字モデルは、ウォーターフォールモデルの拡張版であり、各開発フェーズにテストステップが追加されたものです。簡単に言うと、要求仕様から保守までの各フェーズでテストを実施し、各ステップが順調に実行されることを確認します。 いつ適用するのか? 最初から高い精度が求められ、小さな問題でも許されないプロジェクトに適用させるべきです。 アジャイル開発 アジャイル開発手法とは、柔軟性と協調性を重視したソフトウェア開発の手法のことです。アジャイル方法論は反復的かつ漸進的であるため、開発プロセスにおいて変更と調整を行うことができます。 アジャイルの最も人気のあるフレームワークはスクラムとカンバンです。アジャイルは、適応性のある計画、進化的な開発、早期提供、継続的な改善、および変化への迅速かつ柔軟な対応を重要とします。 いつ適用するのか? アジャイル開発は、製品のビジョンや機能性が最初から明確に定義されていない場合に適します。アジャイルモデルの柔軟性により、製品コンセプトと実装プロセスの両方に変更を加えることができます。 ラピッドアプリケーション開発 ラピッドアプリケーション開発(RAD)は、迅速なプロトタイピング、反復的な配信及び即時フィードバックを優先するソフトウェア開発手法です。 RADの目的は、ユーザーやステークホルダーからのフィードバックに基づき、短期間でソフトウェアを反復・修正できることです。その結果、最終製品が品質要求とユーザーのニーズを満たすことを保証します。 いつ適用するのか? RADは、納期が厳しく、早急に製品を立ち上げる必要があるときに、最も有効な方法となります。このソフトウェア開発手法では、製品の品質とその発展方向を保証するために、ステークホルダーやユーザーからのフィードバックの役割が不可欠です。 4. プロジェクトに適したソフトウェア開発モデルを選ぶには? ソフトウェアエンジニアリングの適切なモデルを選択することで、開発チームは、製品の品質と納期を確保しながら、費やした労力を最適化することができます。そのためには、以下を考慮する必要があります。 チームの能力、プロジェクトの範囲と複雑さのレベル。  優先される側面:コスト削減、時間短縮、または品質が王様であること。 ソフトウェア開発中、さらには将来の変化に対する要求。 LTS Groupは6年間のソフトウェア製品の設計と開発の経験を持ち、適切なソフトウェア開発方法論を選択し、最小限のリソース消費でソフトウェア製品を構築できるよう支援します。ソフトウェア開発モデルに関する相談が必要な場合、遠慮なくご連絡ください。 なぜソフトウェア開発が重要なのか? Statistaによると、ソフトウェア開発市場の売上は年間成長率(CAGR 2023-2027)2.45%を示し、2027年の市場規模は927億円になると予測されています。2023年は企業向けソフトウエアとアプリケーションソフトウエア開発が高成長する。 この数字を見れば、ソフトウェア開発は今後も高い成長を続けることが理解できる。 実際、日常的に使用されるソフトウェアの普及は目覚ましく、人々はその必要不可欠な存在に気づいていないかもしれない。 PCとモバイルの両方で広く運用されるようになったことで、ソフトウェア・アプリケーションは行動様式の形成に深く寄与しています。 […]

background

最新情報を入手!

メールにて最新の技術情報を受信するためにお申し込みください。