ソフトウェア開発の課題 トップ5と解決策

ソフトウェア開発の課題 トップ5と解決策

現在、スタートアップのみならず、テック・ジャイアンツも、ソフトウェアを独立して構築する際に多くの ソフトウェア開発課題 に直面しています。 何百ものソフトウェア製品を6年間開発した後、ソフトウェア開発で最もよく見られる問題は、コードほど明確で目に見えないことがわかります。

今日は、ほとんどのテクノロジー企業が直面する必要がある ソフトウェア開発の課題トップ5を紹介させていただきます。

  • 人材関連の問題
  • プロジェクトの見積もり
  • テクノロジー
  • 品質問題
  • セキュリティ

1. ソフトウェア開発における人材関連のチャレンジ

“私たちは、人材の採用と育成ほど重要なことはないと確信しています。

結局のところ、戦略ではなく、人々に賭けます。”

— Lawrence Bossidy、Honeywellの元CEO。

企業のどのような状況においても、最大の問題は、「人間」に関する問題です。「適切な人材」が不足している場合、目標の設定、計画、実行、修正、実現に苦労します。

それでは、人間の観点からソフトウェア開発のよく見られる問題を深く掘り下げてみましょう。

高い ソフトウェア開発人件費

IT業界での経験があれば、ソフトウェア開発の人件費が他の多くの分野よりも大幅に高いことをご存知でしょう。例えば、Glassdoor によりますと、米国でソフトウェア開発チームの平均給与は次のとおりです。

ソフトウェア開発の課題:米国でソフトウェア開発チームの平均給与
ソフトウェア開発の課題:米国でソフトウェア開発チームの平均給与

表から、米国の平均年収である53,290ドルの約2倍であることがわかります。 時間のかかる採用プロセスは言うまでもなく、多くの雇用主は、テクノロジー人材戦争で他の企業と競争するために従業員の報酬を上げる必要があります。

ソリューション新しいソフトウェア開発チームの採用は、給与と採用コストの点で高額ですので、次のことをお勧めします。

  • ソフトウェア開発人件費 が安いかどうかを確認するために、従業員紹介プログラムを適用すること。
  • ソフトウェア開発サービス委託を検討すること。Deloitte 2020のグローバルアウトソーシング調査によると、アウトソーシング企業の70%は、コスト削減のメリットのためにオフショア開発サービスを使用しています。

ソフトウェア開発エンジニア の不足

IT人材の不足は、何年もの間、技術企業にとって頭痛の種です。CEOの50%以上が、IT人材の不足を懸念しています。 同時に、Talentlmsの調査によると、「大量退職」はIT業界を脅かしており、技術者の72%が今後12か月以内に仕事を辞めることを考えています。

Gartnerのレポートによると、IT人材の不足はソフトウェア開発における重大な問題と見なされており、その結果、現在のソフトウェアソリューションのリソースが不足し、さらに、新興技術の64%に採用の障壁が生じます。

ソリューション従業員紹介プログラムとは別に、受動的な技術者はこの問題の優れた戦略になる可能性があります。 潜在的な候補者の72%が受動的に就職活動をしている中ですので、そのような受動的な技術者を利用して人材プールを増やすことができます。

コミュニケーション不足と紛争の発生

“コミュニケーションにおける唯一の最大の問題は、コミュニケーションが取られたという幻想です。” 

 –  George Bernard Shaw

ソフトウェア開発には、明確で継続的なコミュニケーションが必要です。 ソフトウェアを完成させるためにさまざまなステークホルダーが多くの工程に参加しますので、たくさんの情報を伝達する必要があります。

また、ソフトウェア開発チーム内で競合が発生する可能性があります。 例えば。 POさんは結果について技術リーダーと意見が一致しないことや開発者はコードの問題についてテスターと議論することの問題がよく発生します。 このような競合は、プロセスの速度を低下させ、ソフトウェアの品質を低下させることに過ぎません。

ソリューション基本的ですが有用な戦略は、効果的なコミュニケーションチャネルを設定し、必要に応じて定期的な会議をセットアップして、物事を明確にすることです。

2. ソフトウェア開発におけるプロジェクト見積もりのチャレンジ

工数の見積もり期間の見積もり予算の見積もりを含むプロジェクトの見積もりに関する問題は、ソフトウェア開発において、新しいソフトウェア開発者のみならず、経験豊富なソフトウェアの開発者にとってもよく見られる問題です。

なぜなら、ソフトウェア開発プロセスは、製品の計画、開発、テスト、展開等のの多くの工程がありまして、さまざまな技術者が参加する必要がありますので、工数を見積もるためには、初期に明確で詳細な製品の計画作成が必要です。 急速に進化するテクノロジーの性質は言うまでもなく、途中で計画を調整する必要があります。

プロジェクトが計画通りに進むかよくわかりませんので、チャレンジになります。そうしないと、プロジェクトが見積もり通りにうまくいかず、次のような望ましくない状況が発生する可能性があります。

  • ソフトウェア開発者にとって厳しい期限したで作業するのは最大の課題の1つですので、期間の見積もりが間違っていると、プレッシャーと低品質のソフトウェアにつながる可能性があります。
  • 予算の計算を間違えると、この製品にそれほど多くを費やしたくないことに気付いたり、開発コストがその商業的利益を超えたりする可能性があります。

ソリューション

  • 明確な製品計画は、ソフトウェア開発の見積もりのチャレンジを解決するための鍵になっています。 同様の以前の製品を参照して、工数を見積もることもできます。
  • タスクの分割 – 計算を容易にするために、各開発工数に従って小さなタスクに分割します。

3. テクノロジーのチャレンジ-イノベーションと歩調を合わせること

ソフトウェア開発における技術的なチャレンジは新しい概念ではありません。 「テクノロジー」は、何日も何時間もかけて進化するものであり、時代遅れのテクノロジーでは提供できない優れた効率と優れたユーザー満足度をもたらします。 それでも、最新のテクノロジーソリューションに対応するには、多くの工数とスキルが必要です。

デジタルトランスフォーメーションは何年にもわたって推進されてきましたが、多くの企業は依然として古いテクノロジーソリューションで作業するのに苦労しており、必要な製品効率、セキュリティレベル、ユーザー満足度を実現できません。

ソリューション

内部リソースの活用:

  • ITチームに常に情報を更新し、新しいテクノロジーについてトレーニングを行うこと。
  • 新しい技術の知識を持つ技術者を雇うこと
  • 長期的に考えること。群衆の先を行き、今後数年間で必要となる、またはトレンドになるテクノロジーを考え、それらに備えます。

または、、業界の専門家にアクセスするために、信頼できるITベンダーにアウトソーシングを依頼すること。

4. ソフトウェア開発における品質のチャレンジ

何百ものソフトウェア製品を開発しましたので、品質保証はソフトウェア開発における重要な問題の1つであると判断します。バグや壊れたコード等のすぐに検出して修正できる顕著な品質の問題があります。 しかし、時期尚早の最適化やソフトウェア品質の低下等の隠れた問題は、長期的な影響につながる可能性があります。

バグや壊れたコード

このようなソフトウェア開発の問題は、ドメイン知識、技術的専門知識、工数の不足に起因することが多いです。最初の2つの側面はかなり明白ですが、工数の側面は多様化しているようです。 何が含まれていますか?

十分なレビューとテストを行わずに、開発者がコードをコミットする場合、コードに関連する問題になる可能性があります。ほかに何かありますか? 非現実的な期限の下で積極的に作業する場合、小さなミスを見落とす可能性が高くなります。 または、プロジェクトが最初に作業範囲を適切に決めらず、QAの作業範囲が狭まっています。

ソリューション この問題を回避するための1つの解決策は、重要なタスクを決定し、現実的に計画を作成することです。 プロセスを小さくて達成可能なマイルストーンに分割し、プロジェクトが計画通り進んでいるかどうかを頻繫に確認することをお勧めします。

時期尚早の最適化

時期尚早の最適化とは、開発者がコードの一部をより高速に最適化することに工数を費やしますが、コードが必要であるか、理解できるか、システム全体と十分に結合できるかどうかはわからないという意味です。

特に、不安定で、人が行き交い、新しいエンジニアが既存のコードを理解できないチームである場合、時期尚早の最適化は、時間とエネルギーを消費するのみならず、開発プロセスの速度を低下させます。

ソリューション

  • 開発者は「最適化の理由、コスト、メリット、潜在的なリスク、機会のコストは何ですか?」と自分に聞くべきです。
  • コードが読み取り可能、使用可能、相互運用可能であることを確認するために、強力なコードレビュープロセスをセットアップします。

ソフトウェアの品質が低い

低い品質のソフトウェアのは、バグほど明白ではないものの、運用中のビジネスの成長を阻害する可能性がありますので、ソフトウェア開発における隠れたリスクと見られています。パフォーマンス効率、機能適合性、操作性、互換性、保守性、セキュリティ等のさまざまな機能属性と非機能属性がソフトウェア品質を構成します。

ソフトウェア品質の問題の要因は、人材不足、経験不足、知識のギャップ、テクノロジーの不足、リソースの制約等のさまざまな不足の問題です。

ソリューション品質低下の要因が企業にとって重大な問題であり、解決するのは簡単ではありませんので、次のことをお勧めします。

  • ソフトウェア開発を中核的かつ長期的なビジネスと判断している場合は、堅実な社内ITチームに投資すること。
  • その他、ソフトウェア開発を信頼できるアウトソーシングベンダーにアウトソーシングのサービスを依頼します。

5. セキュリティ

最後になりましたが、末筆ながら、サイバーセキュリティとデータ漏洩等のセキュリティはソフトウェア開発における主要な関心事です。

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティとは、通常は貧しいプログラマーによって起こされるインターネットスペースでの攻撃から防御する能力を指します。不安定なサイバーセキュリティは、システムの感染、開示、損傷等の問題につながり、組織の有形・無形資産に影響を与える可能性があります。 その結果、サイバーセキュリティのチャレンジはソフトウェアの開発者にとって常に心配です。

データ漏洩

データ漏洩とは、プロジェクトのデータを意図的・意図せずに外部の関係者に不正に送信することです。 その結果は、サイバー攻撃、経済的損害、企業の競争力への影響から、サードパーティの情報侵害に関する法的な問題のリスクにまで発生する可能性があります。

ソリューションセキュリティリスクを回避するために、次のように、いくつかの手順をやることができます。

  • サイバーセキュリティと情報セキュリティに対する開発者の意識を高め、安全なコードの作成を促進すること。
  • システムのセキュリティを確保するための強力な品質保証プロセスを持つこと
  • データを共有可能タイプと共有不可能タイプに分類し、作業中のデータ保護について従業員をトレーニングします。
  • データ漏洩を防ぐために、移動中と静止中の両方でデータを暗号化します。

 

ソフトウエア開発の課題 解決を支援するパートナーのLTS

上記は、テクノロジー企業が直面している最もよく見られるソフトウェア開発のチャレンジです。さまざまな問題がありますが、 ソフトウェア開発課題 の要因は他の問題と同じです。それは人材です。 適切なリソースを備えた適切な人材を確保することは、組織が問題を克服し、新しい機会をつかむのに役立ちます。

LTSでは、グローバルの顧客向けに何百ものソフトウェアソリューションを構築した経験を持つ、熟練した熱心な ソフトウェア開発エンジニア がいます。 次の手順について相談が必要な場合は、遠慮なくお問い合わせください

 

Subcribe To Our Blog

    Popular Post

    Related Post