オフショア開発を成功させるめのポイント

オフショア開発で失敗を防ぐことに役立つポイント
オフショア開発の主な目的はコスト削減と効率化のメリットにあるので、このモデルは日本企業をはじめ多くの企業に注目されています。しかし、オフショア開発の時に抱える課題はあらゆるビジネスにとって大きな懸念となっています。オフショア開発を100%成功させるための完璧な方法がないが、下記のようなステップを参考することは オフショア開発で失敗を防ぐことに役立つではないかと思います。

開発の目的・意識を自社内で統一する

現在のようなIT人材不足の現状を直面しているので、多くの日本企業は効果的なソリューションとしてオフショア開発を行ってきました。一方で、コストを削減するために、オフショア開発企業を発注する企業は少なくないようです。自社の最終的な目的によって、要件定義、オフショア開発企業の選択、役割分担や責任範囲なども違います。したがって、オフショア開発企業に発注する前に、自社内で、開発の目的・期待値を確認することはすごく大切です。
offshore-development-center-vision-goals
オフショア開発を成功させるポイント:開発の目的・意識を自社内で統一する
キーメンバーと相談して、皆様の意見を統一しましょう!目的・期待値を明確にするこはコスト追加、納期遅れや品質の低さ等のよく抱える問題を未然に防ぐことにに役立ちます。その上、目的を明確にすることはそもそもの開発目的にズレが起きないことなく変更に対応できるようになります。
オフショア開発の目的を設定した後、その目的を社内の全員とともにオフショアチームと綿密に共有することも必要です。これにより、メンバー間の意識差異がなく開発を進め、業務効率を向上することができます。

要件定義をする

抽象的な要件の代わりに、社内で事前に要件定義を明確にすして、開発者にこれを正しく伝わることをお勧めします。これは本来の目的の脱線を防止する役割も果たすことに役だちます。 可能な限り詳細な要件定義を行ってください。 要件が重要な場合は、開発者と積極的に話し合って、一緒に最適な要件定義を設定したほうがいいと思います。

 

オフショア開発企業の選択 

自社の目的・期待を適するオフショア開発企業を探すのは簡単ではありません。しっかりに調べしたり、できるだけ多くの情報を集めたり、検討したりする必要があります。以下は自社の要求を満たすベンダーを選択できるための注意すべきポイントです。

オフショア開発国 の選択

国の地理的な位置は、あなたの会社とベンダーの間のコミュニケーションの効率が低下させることにつながる可能性があります。例えば、時間、文化と言語の違いなどの問題は誤解を非常引き起こしやすいです。これは間違いなく製品の品質やプロジェクトの進捗に影響を与えるはずです。したがって、お国に近い オフショア開発先 を選ぶのはそれらの問題を最小限に抑えることに役立ちます。また、政治的・経済的背景が安定している国を選ぶほうがよいでしょう。
その上、位置はオフショア開発の費用に直接的に影響します。上記のように、オフショア開発を行う時、コスト削減が多くの企業の最優先事項の1つです。この場合で、日本と同じレベルのエンジニアの人件費が安価である オフショア開発先 へ発注するのは適当な選択のようです。
近年、ベトナム、中国とインドなど国はオフショア開発先として大きな注目を集めています。それぞれの国の特徴を調べて、自社に適する国を選ぶことをお勧めします。
Offshore Development Center setup - Choose Location
オフショア開発を成功させるポイント: オフショア開発国 の選択

オフショア開発企業 の評価

オフショア開発を行う国を選んだら、潜在的な企業のリストを作成して比較するのは必要です。自社が設定した基準に適合し、目標を達成するのを助ける会社を選ぶことができるように、以下の要素を考慮してください。
  • 技術面での自社の要求に満たす可能
テクノロジーに関しては、それぞれの企業は長所と短所があります。したがって、技術要件を十分に満たすことができる会社を選択するのは製品の出力品質を確保するのに役立ちます。”
  • 見積り・ 提供契約
ベンダー企業に、提供できる契約の種類と費用を尋ねます。決定費、管理費、人件費、通信費などの経費が適切かどうかを確認する必要があります。自社にはオフショアチームとコミュニケーションができる人材がいる場合、その従業員にブリッジSEのポジションを任せてみましょう!これにより、コストをさらに抑えることができます。
  • コミュニケーション能力
オフショア開発の課題 の1つは、言語の壁です。外国人と接するどうかはさておき、日本人二人のコミュニケーションにおける誤解も一般的なことのようです。したがって、オフショアチームが要件を満たす日本語の能力を持っていることを確認してください。円滑にコミュニケーションできないと、誤解や納期遅れなどの問題が発生する可能になります。また、コミュニケーション能力を言えると、言語能力はもちろん、「報連相」や「リスク管理」等のスキルも必要です。緊密なコミュニケーション、継続性はこの問題を解決しすることに役だちます。
概して、ベンダーの能力を評価するには、会議を設定して、できるだけ詳しく伺う必要があります。すべての情報を集め、比較して慎重に検討します。これは時間がたくさんかかる可能性があるが、パートナー選びを間違えれば、失うのは時間にとどまらないと思います。

プロジェクトを綿密に管理

オフショア開発を行う時、失敗につながる一般的な原因の1つはベンダーにすべての業務を任せることです。オフショア開発では、開発チームとコミュニケーションを取りながら、進捗を確認するのはもっとも大切なことです。
したがって、定例会議を設けて、コミュニケーションを積極的にとることをお勧めします。これにより、プロジェクトの進捗とともに、品質を確認することができます。例えば、仕事の進み具合が予定より遅い場合に、プロジェクト進捗のスピードアップに役立つ方法を編み出すために、開発チームと相談することが必要です。 また、問題が発生された場合に、すぐに修正するこは悪い結果の回避す役立ちます。

 

Offshore Development Center setup
オフショア開発を成功させるポイント:プロジェクトを綿密に管理する
海外へ発注するつもりがあると、慎重に調べて、検討する必要があります。 予見できない問題点に直面するかもしれません。 この記事で提供された情報がオ フショア開発で失敗 を最小限に抑えるのに役立つことを願っています。
信頼できる オフショア開発企業 をお探す場合は、遠慮なくご連絡ください。 弊社はお客様に最高のサービスと体験の配達を確保します。

Subcribe To Our Blog

    Popular Post

    Related Post

    Summary