2022年と近い将来の教育におけるテクノロジーのトップ・トレンド

2022年と近い将来のEdtechのトレンドトップ

教育工学の市場規模(EdTech)は2021年に1064.6億ドルに達し、Grand View Researchによりますと、2022年から2030年まで16.5%のCARGで成長すると予想されています。 この市場には、従来のクラスでの学習体験を強化し、「リモート」のトレンドの中でオンライン学習を促進するためのハードウェアおよびソフトウェアテクノロジーが含まれています。

 

グランドビューリサーチによる世界の2021年のEdTech市場規模
グランドビューリサーチによる世界の2021年の EdTech市場 規模

 

インターネットとデジタルテクノロジーの普及は、私たちの学習方法を劇的に変更しました。 人々はオフラインからオンライン教育へ、そして印刷された学習資料からグローバルにアクセス可能なデジタルコンテンツへと移行しています。 また、世界経済フォーラムによりますと、最近のCOVID-19のパンデミックは、1.38億人の学生が物理的な学校に通うことができなくなった後、eラーニングへの移行に大きく貢献しています。

それでは、現在・今後数年間でeラーニングを変革している EdTechの動向 を探りましょう。

 

1. サブスクリプション・ラーニング

ワシントンポストによりしますと、サブスクリプション経済、特にサブスクリプションのラーニングは2025年までに1.5兆ドルに達すると予測されます。 このモデルを使用する場合、人々は通常、オンライン学習サービスプロバイダーに月額または年額のサブスクリプションを支払い、オンラインコースにアクセスします。 サブスクリプションベースのラーニングは、教育工学の新たなトレンドの1つと見なされています。

近年、SkillshareCourseraUdemy等のサブスクリプション・ラーニングのプラットフォームの急速な発展が見られます。 Skillshareの場合は、2021年の時点で、2010年の設立以来、1,300万人の登録学習者と約3,500万の登録の件があります。

 

2. 仮想現実と拡張現実

仮想現実(VR)と拡張現実(AR)は、ライブエクスペリエンスを作成し、学生が勉強していることを感じられるようにするために使用されます。 学生は、ただ写真を見たりビデオを見たりする代わりに、VR / ARテクノロジーを使用して、対象環境にうまく溶け込み、高度な視覚化を実現します。 VRとARは、科学、文化、旅行等のさまざまな分野での没入型学習に利用できます。

VRとVR支援のラーニングは、教育工学の最近の傾向であるのみならず、近い将来も成長し続けるでしょう。 VRの会社の一例は、 EdTech市場 の主要なVRプロバイダーの1つであるVeativeLabsです。 2022年の初めに、仮想現実のヘッドセットをインドの学校に導入しました。 もう1つは、ラーニング・トレーニング活動のためのメタバーススペースを提供するENGAGEMetaverseです。

 

3. 教育におけるゲーミフィケーション

教育におけるゲーミフィケーションとは、ゲームのような環境を開発して、授業中のエンゲージメントを促進し、退屈を減らすことです。Finances Onlineによりますと、チャレンジベースのゲーミフィケーションにより、教育のパフォーマンスが34.75%向上します。 Duolingoで言語を学んだことはありますか。

ゲーミフィケーションは、教育工学の新しいトレンドであるだけではありません。 実際、学習を楽しくするという行為は、長年にわたって子供たちに教えるために適用されてきました。 それでも、EdTechの進歩により、教育におけるゲーミフィケーションは年々より高いレベルになりました。

 

4. 稼ぐために学ぶこと

ブロックチェーンのような新しいテクノロジーの出現は、web3ソーシャルメディアの新しい概念である「稼ぐために学ぶこと」をもたらしています。稼ぐために学ぶことというのは会社に関する文書を読んだ後、知識を証明するためのテストを受ける等、オンラインで何かを学ぶことで報酬を得るということです。

現在主流ではありませんが、稼ぐために学ぶことは間違いなく教育工学の将来のトレンドの1つです。 ブロックチェーン業界の多くの企業は、「暗号を学ぶ-暗号を稼ぐ」のスローガンのCoinmarketcapのように、この傾向を採用していますが、それでも基本的なレベルです。 近い将来、web3ソーシャルメディアはユーザーが知識を学ぶことでお金を稼ぐことを可能にし、報酬メカニズムがスマートコントラクトによって構築されるようになる場合、この概念が花開くかもしれません。

 

5. AI支援のラーニング

人工知能と機械学習(AIとML)は、農業、製造、自動車、教育等のさまざまな分野で徐々に採用されています。 特に、AIは、多肢選択式の質問の採点、教室の弱点を特定するための生徒の行動の観察、混雑した環境での学習を個別化するために各生徒に個別の注意等、オンライン教育でさまざまな用途があります。

たとえば、英語を学習するための最も人気のあるアプリの1つであるELSA Speakは、非ネイティブスピーカーの音声パターンを認識するためにAIを採用しています。または、Memriseはユーザーごとにレッスンをパーソナライズ化するために、AIを促進します。 AIは、世界のAI教育市場で2023年までに36億8000万ドルの評価があり、EdTechのトップトレンドの1つであることを続けます。 また、AIデータアノテーションの継続的な進歩により、マシンの容量が拡大していますので、教師がより明るい知識の世界を構築するのを支援するAIアプリケーションが増えることが期待できます。

 

6.ブロックチェーンを活用した教育データストレージ

ブロックチェーンテクノロジーは、教育データの透明性と正確性を確保するための主要なソリューションの1つと見なされていますので、改ざん防止機能と学術データの検証が促進されます。 ブロックチェーンの場合、データは線形かつ時系列で記録され、入力後に変更することはほとんど不可能です。

証明書、試験、コースなどの学習者の学術データは、ブロックチェーンに保存できます。 次に、大学、採用担当者、およびその他の受賞者は、この情報源を参照して、学生の学歴を確認し、より迅速かつ正確に意思決定を行うことができます。 それでも、このテクノロジーはまだ初期段階にあるため、教育者はアウトソーシングする場合は信頼できるブロックチェーン開発会社を選択する必要があります。

 

7.クラウドコンピューティング支援の教育データストレージ

クラウドテクノロジーは、eラーニングとリモートラーニングを促進する教育テクノロジーの革新的なトレンドの1つです。 これにより、教師、学生、および管理者は、どこでも学習リソースにアクセスしてタスクを対応できます。 したがって、学生がクラスから他の場所に移るとき、まだ学習を確実にすることができます。それは特に遠隔学校の時代に役立ちます。 それとは別に、クラウドサービスを使用する場合、教育者は、特に中小規模の組織にとって、ストレージのハードウェア、ソフトウェアの費用、人件費を削減できます。 EdTechのクラウドについて、Amazon Web Services(AWS)をスキップすることはできません。 同社は、EdTechsがビジネスを開始、拡大、最適化するのを支援するサービスを提供しています。 また、AWSは世界をリードするクラウドストレージプロバイダーの1つでもあります。

 

8. 教育ビッグデータ 分析

ブロックチェーンやクラウドコンピューティング等の新しいテクノロジーの出現により、教育にかんするビッグデータの体系的な収集、保存、管理が可能になります。 これからどのように利益を得ることができますか。

教育ビッグデータ 分析により、教育におけるさらに高度な分析が可能になり、教育業界向けのソリューションの提供と戦略の開発に積極的に取り組むことができます。 また、ビッグデータ分析により、教育者は学生の学業成績と学習目標を特定できますので、学習ニーズをより適切に満たすようにカリキュラムを改善できます。

 

LTSと教育における最新のテクノロジーレンドに追い付く

あなたはEdTechの統合・実装を検討している教育機関ですか。LTSでは、教育アプリケーションの開発と教育者向けのテクノロジーソリューションの提供に6年の経験を持っています。教育工学に関する無料相談については、お気軽にお問い合わせください。

 

Subcribe To Our Blog

    Popular Post

    Related Post