2022年の7つの流行っている IT採用動向

2022年の7つの流行っている IT採用動向

IT採用は、絶え間なく変化する市場です。絶えず変化するテクノロジーと新しい働き方が、世界中の企業が従業員を調達して採用する方法を形作っています。 特に、過去2年間で、パンデミックの流行は、世界中の多くの企業の働き方を変更しました。従来のオフィスでの働き方から、リモートワークやハイブリッドワークもだんだん身近になりつつあります。リモートワークがもたらすメリットのために、多くの人がに興味を持つようになるという事実は、IT業界の採用動向にも大きな影響を与えます。 このような状況、そして、ITリソースの深刻な不足、及び激しい市場競争などのITエンジニア採用難に直面していますので、企業は、IT人材の採用プロセスにますます注目し、投資するようになってきています。また、市場における現在の採用動向を把握することにより、適切な採用方法の計画と選択に大いに役立ちます。 以下の記事を通じて、IT業界の7つの採用動向をご覧ください。   2022年の7つの流行っている IT採用動向 1) DE&Iに焦点を当てること 多様な労働力を生み出すことは、現在の急速に変化するグローバルな世界で競争するための不可欠なものであることは広く知られています。労働力の多様性とは、年齢、文化的背景、身体的能力と障害、人種、宗教、性別、性的指向に関する従業員間の類似点と相違点につながるという意味です。 労働力の多様性に関連するいくつかの調査の結果は以下の通りです。 より多様で包括的であると特定された企業は、競合他社を35%上回る可能性があります。 (マッキンゼー) 多様な企業が新しい市場を獲得する可能性が70%高くなっています。 (HBR) 多様なチームは、意思決定において87%優れています。 (People Management) 多様な管理チームを持つことにより、収益が19%増加します。 (BCG) ModernHireのチーフプロダクトオフィサーであるピーターバスキンは、「より多様な労働力を生み出すには、採用プロセスからの無意識の偏見を減らし、排除することで、採用担当者は多様な従業員を雇用する必要があります。しかし、私たちが無意識の偏見に陥りやすいため、それらに基づいて決定を下していることに気付かないことが多いことを考えると、それは簡単な話ではありません。」と述べていました。 Greenhouseの担当副社長であるシェリル・ルービアン氏は、採用プロセスの偏見を根絶し、従業員を公平に昇進・育成するシステムを構築するツールを探している企業が増えていると述べました。 「これは新しいアイデアとはほど遠いですが、意識の高まり、才能の利用可能性、地理的な柔軟性の合流点は、より多様なチームを作るための適切なツールに投資することの重要性を増幅し続けます。」 2) リモートリの採用のプロセス パンデミックのこれまでにない影響のために、企業は採用慣行をほぼ完全に仮想モードに移行する仕方がありません。 Googleの採用マネージャーであるジェームズ・デュラゴは、仮想採用は今後も続くと考えており、パンデミックよりも長持ちします。 「利便性とコストというメリットのために、企業が従業員をオフィスで働かせ始めたとしても、この傾向は実際に続くと思います」とデュランゴ氏は言います。 ワクチンやその他の治療法の登場によりパンデミックは抑えられましたが、採用担当者と候補者の両方にとって便利で費用効果が高く、時間の節約になりますので、遠隔面接の傾向は今後も続くと思われます。また、リモートインタビューは、企業がオフィススペースを縮小し、リモートワークによる生産性の向上を活用するにつれて、2022年にさらに勢いを増す傾向にあります。 さらに、選択プロセスの変更により、企業は候補者プールをリモート候補者に拡大できます。 3) リモートワークを導入して候補者を引き付けること McKinsey&Companyによりますと、パンデミックはリモートとハイブリッドへの移行を劇的に加速させました。この移行はスムーズではありませんが、多くの組織は、リモートワークが会社とその従業員に大きなメリットをもたらすことを発見しました。この発見は、従業員の経験の新しい採用トレンドへの新たな焦点に道を譲りました。 具体的には、いくつかの企業は、候補者に組織でのポジションを受け入れるように誘致するためにリモートワークのポリシーを導入しています。多くの専門家は、士気と満足度を高めることができるため、在宅勤務が好きです。したがって、リモートワークを導入することは、複数の雇用オファーを受けた候補者にとって重要な決定要因となりますので、雇用主に利益をもたらします。 様々な企業もインターネットの特典、モバイル給付金、優れた椅子やスタンディングデスク等の必要かつ適切な機器を提供することにより、最高の家庭内作業環境を作成しようとしています。 企業が既存の才能を維持しようと努めるにつれて、このアプローチの実装はこれまで以上に重要になっています。特に労働者の不足が続いていることを考えると、新しいスタッフを雇うよりもはるかに費用効果が高いです。 4) ソフトスキルに基づく候補者の選択 ITセクターにとって、技術スキル、成績、実務経験は非常に重要ですが、近年、ソフトスキルの重要性が大幅に高まっています。 LinkedInの調査によりますと、タレントの専門家と採用マネージャーの92%が、採用においてはハードスキルよりもソフトスキルの方が重要であると述べています。 89%は、質の低い従業員に適切なソフトスキルが不足していると述べています。 “ソフトスキルは、従業員がどのように働き、問題を解決し、同僚や他の部門とコミュニケーションをとるかを示します。ハードスキルに加えて、優れたソフトスキルを持つ人は、特に現在ますます人気が高まっているリモートワークの傾向の中で、個人、チームのパフォーマンスを向上させ、労働力を活性化するのに役立ちます。さらに、ソフトスキルの高い人は、さまざまなポジションや役割の間を柔軟に移動できるようになります 5) 採用の分野でのソーシャルネットワークの使用の最適化 新しい仕事を探すときにソーシャルメディアの使用は、10年以上にわたって増加しています。実際、Glassdoorは、求職者の79%が就職活動を行う際にソーシャルメディアを使用していると述べています。 組織の84%以上がソーシャルメディアを介して採用しており、さらに9%がまだ採用活動を行いません。 比較的低コストで、被験者の採用に制限がありませんので、潜在的な候補者を検索・誘致・採用するために、チャネルとしてソーシャルネットワークを選択することは、ますます人気があり、競争が激しくなっています。 6) 高度なスクリーニングツールの使用 新たな採用トレンドのリストの次は、高度なスクリーニングツールの使用です。スキルテストやその他の評価ツールは何十年も前から存在していますが、たくさんの組織が履歴書を確認して面接を行うことで候補者を選別しています。これらの戦術には確かにメリットがありますが、候補者のスキルと能力に関する定量化可能なデータは提供されません。 スキルテストにより、雇用主は候補者をより効果的に選別し、採用プロセスを短縮することができます。候補者が他の場所で職を探す前に、企業が質の高い候補者に雇用機会を提供するために、合理化が不可欠になっています。スキルテストは、資格のない個人を除外するのにも役立ちます。 スキルテストに加えて、いくつかの企業はスクリーニングプロセスの一部として行動評価を実施しています。行動評価は、強い労働倫理やモチベーション等、応募者のコア属性への洞察を提供します。 7) データ主導の採用とHR分析 データ主導の採用とは、プラットフォームとデータベース分析を採用プロセスに適用し、それによって採用決定を行うということです。...

オフショア開発のメリット 3つ:どんなメリットですか?

オフショア開発のメリット 3つ:どんなメリットですか?

ITオフショア開発は、長年にわたってテクノロジー業界のトレンドとなっています。 ハイテク企業は、オンショア、ニアショア、オフショアのベンダー、アジャイルやウォーターフォールのモデルを選択できます。 それでも、オフショア開発モデルと作業方法にかかわらず、企業がオフショア開発のサービスを選択する理由は、主に次のような3つの主要なメリットということです。 ビジネス競争力の向上 コアビジネスにより良い集中 ビジネススケーラビリティの改善 この記事では、このようなオフショア開発のメリットの特定の要素を掘り下げて、ソフトウェア開発を受託することの真の目的を理解し、ビジネスにとってより良い決定を下せるようにします。 1. ビジネス競争力の向上 ビジネスの競争力とは、収益性を確保しながら、高品質、低価格、市場投入までの時間を短縮した製品・サービスを生産する能力です。 ハイテク企業は、オフショア開発のサービスの次の利点を活躍して、ビジネスにさらに競争力を向上できます。 コスト削減 デロイトの2020年版 グローバル アウトソーシング サーベイによりますと、アウトソーシングを選択した企業の70%が、コスト削減のメリットのためにアウトソーシングを選択したことを示しました。 一方、国際標準化機構(ISO)は、アウトソーシングによって平均15%のコスト削減を示しました。 人件費、採用費用、管理費用は、ソフトウェア開発における最大のチャレンジです。 逆に、ベトナム、インド、中国等の主要なアウトソーシング国の ソフトウェア開発者 を採用することで、企業は地域間の価格の差分を活用し、ソフトウェア開発コストを削減できます。 市場投入までの迅速な時間 私たちの経験によると、強力な開発者を擁する信頼できるITパートナーに開発プロセスを受託することで、企業は特に絶えず進化するIT分野で、新しいテクノロジーソリューションをより迅速にリリースできます。 また、障壁と見なされていたタイムゾーンが、オフショア開発においてメリットになる可能性があります。 ベンダーがさまざまな地域にオフィスを成立した場合は、ソフトウェア製品を24時間年中無休で開発し、ソフトウェアの市場投入までの時間を短縮できます。 拡張リソース ITオフショア開発とは、より多くのIT業界の専門家へのアクセスを拡大し、プロの ソフトウェア開発者 が作成した最先端の品質のソフトウェアを企業に提供するという意味です。 もちろん、高品質のソフトウェアは、運用コストが少なく、ビジネスへの支援が多く、会社の競合他社よりも優れた顧客体験と満足度が得られます。 また、高度なセキュリティ機能と攻撃に耐える強力な機能が保証されていますので、運用中の潜在的な損失を防ぐことができます。 新しいテクノロジーと歩調を合わせること テクノロジー業界に数年携わっている場合、古いテクノロジーを扱うことは快適な体験ではないことに気付くでしょう。これは、最適な効率と優れた顧客体験を提供できないのみならず、サイバー攻撃等の悪い行動の主なターゲットでもあります。 Gartnerの調査によると、IT人材が不足していると、新しいテクノロジーの64%に採用の障壁が生じます。 同時に、ITベンダーは、競争力を強化するために、革新的なテクノロジー機能で人材プールを絶えず更新しています。 そのため、企業は革新的な最先端技術に裏打ちされたソフトウェアを提供するために外部委託することができます。   2. コアビジネスにより良い集中 焦点を絞ることは、常にオフショア開発の決定における決定要因の1つです。 オフショア開発企業の ソフトウェア開発者 を採用することにより、企業は実装と管理の工数を削減し、情報セキュリティ要因への圧力を軽減し、コアビジネスプロセスにより重点を置くことができます。 工数の削減 当然ながら、ノンコアビジネス管理を委任することで、工数を分散する機会コストを排除し、主要なエリアに工数を増やし、生産性を向上させ、リソースを適切なところに配置することができます。 また、技術人材戦争の中での技術人材不足は、ソフトウェアを開発したい企業にとって頭痛の種になる可能性があります。 したがって、オフショア開発チームを採用することにより、事業主は工数不足の問題を解消し、コアビジネスに集中することができます。 情報セキュリティ要因への圧力の軽減 プロジェクトのデータ漏洩は経済的損害につながり、企業の競争力に影響を及ぼし、サードパーティの情報侵害に関する法的な問題のリスクさえももたらす可能性がありますので、ソフトウェアを開発する際に、情報セキュリティも懸念事項です。 通常、情報セキュリティに関して、内部開発者の意識を高め、開発プロセス中にこれを確実にするために、かなりの工数が必要です。 代わりに、ソフトウェア開発を受託する場合、企業はこのプレッシャーをベンダーに引き渡し、多層セキュリティプライバシーを介してプロジェクト情報を保証することができます。   3. ビジネススケーラビリティの改善 高いスケーラビリティは、オフショアソフトウェア開発のもう1つのメリットです。...

ソフトウェア開発の課題 トップ5と解決策

ソフトウェア開発の課題 トップ5と解決策

現在、スタートアップのみならず、テック・ジャイアンツも、ソフトウェアを独立して構築する際に多くの ソフトウェア開発課題 に直面しています。 何百ものソフトウェア製品を6年間開発した後、ソフトウェア開発で最もよく見られる問題は、コードほど明確で目に見えないことがわかります。 今日は、ほとんどのテクノロジー企業が直面する必要がある ソフトウェア開発の課題トップ5を紹介させていただきます。 人材関連の問題 プロジェクトの見積もり テクノロジー 品質問題 セキュリティ 1. ソフトウェア開発における人材関連のチャレンジ “私たちは、人材の採用と育成ほど重要なことはないと確信しています。 結局のところ、戦略ではなく、人々に賭けます。” — Lawrence Bossidy、Honeywellの元CEO。 企業のどのような状況においても、最大の問題は、「人間」に関する問題です。「適切な人材」が不足している場合、目標の設定、計画、実行、修正、実現に苦労します。 それでは、人間の観点からソフトウェア開発のよく見られる問題を深く掘り下げてみましょう。 高い ソフトウェア開発人件費 IT業界での経験があれば、ソフトウェア開発の人件費が他の多くの分野よりも大幅に高いことをご存知でしょう。例えば、Glassdoor によりますと、米国でソフトウェア開発チームの平均給与は次のとおりです。 表から、米国の平均年収である53,290ドルの約2倍であることがわかります。 時間のかかる採用プロセスは言うまでもなく、多くの雇用主は、テクノロジー人材戦争で他の企業と競争するために従業員の報酬を上げる必要があります。 ソリューション:新しいソフトウェア開発チームの採用は、給与と採用コストの点で高額ですので、次のことをお勧めします。 ソフトウェア開発人件費 が安いかどうかを確認するために、従業員紹介プログラムを適用すること。 ソフトウェア開発サービス委託を検討すること。Deloitte 2020のグローバルアウトソーシング調査によると、アウトソーシング企業の70%は、コスト削減のメリットのためにオフショア開発サービスを使用しています。 ソフトウェア開発エンジニア の不足 IT人材の不足は、何年もの間、技術企業にとって頭痛の種です。CEOの50%以上が、IT人材の不足を懸念しています。 同時に、Talentlmsの調査によると、「大量退職」はIT業界を脅かしており、技術者の72%が今後12か月以内に仕事を辞めることを考えています。 Gartnerのレポートによると、IT人材の不足はソフトウェア開発における重大な問題と見なされており、その結果、現在のソフトウェアソリューションのリソースが不足し、さらに、新興技術の64%に採用の障壁が生じます。 ソリューション:従業員紹介プログラムとは別に、受動的な技術者はこの問題の優れた戦略になる可能性があります。 潜在的な候補者の72%が受動的に就職活動をしている中ですので、そのような受動的な技術者を利用して人材プールを増やすことができます。 コミュニケーション不足と紛争の発生 “コミュニケーションにおける唯一の最大の問題は、コミュニケーションが取られたという幻想です。”   –  George Bernard Shaw ソフトウェア開発には、明確で継続的なコミュニケーションが必要です。 ソフトウェアを完成させるためにさまざまなステークホルダーが多くの工程に参加しますので、たくさんの情報を伝達する必要があります。 また、ソフトウェア開発チーム内で競合が発生する可能性があります。 例えば。 POさんは結果について技術リーダーと意見が一致しないことや開発者はコードの問題についてテスターと議論することの問題がよく発生します。 このような競合は、プロセスの速度を低下させ、ソフトウェアの品質を低下させることに過ぎません。 ソリューション:基本的ですが有用な戦略は、効果的なコミュニケーションチャネルを設定し、必要に応じて定期的な会議をセットアップして、物事を明確にすることです。 2. ソフトウェア開発におけるプロジェクト見積もりのチャレンジ 工数の見積もり、期間の見積もり、予算の見積もりを含むプロジェクトの見積もりに関する問題は、ソフトウェア開発において、新しいソフトウェア開発者のみならず、経験豊富なソフトウェアの開発者にとってもよく見られる問題です。 なぜなら、ソフトウェア開発プロセスは、製品の計画、開発、テスト、展開等のの多くの工程がありまして、さまざまな技術者が参加する必要がありますので、工数を見積もるためには、初期に明確で詳細な製品の計画作成が必要です。 急速に進化するテクノロジーの性質は言うまでもなく、途中で計画を調整する必要があります。...

適切なブロックチェーン開発会社を選択する方法

適切なブロックチェーン開発会社を選択する方法

ビットコインは2008年に中本聡によって作成され、ブロックチェーン技術と分散型経済の新時代を示しました。 ブロックチェーンテクノロジーの実装でトップの ブロックチェーン開発会社 をお探しですか。 次の適切なアウトソーシングブロックチェーン開発会社を選択するための究極ガイドをご覧ください。 ブロックチェーン開発のサービスプロバイダーを選択するための3つのステップ: ステップ1︰ニーズを明確化することから始めること。 ステップ2︰プロックチェーン開発のアプローチを決定すること。 ステップ3︰手頃ななコストとニーズに合った優れたブロックチェーンのソリューションを持つ最高のブロックチェーンベンダーを選択してください。 考慮すべき5つの基準は次の通りです。 会社の専門知識と重点分野 ブロックチェーン開発のコスト 時間 柔軟性 セキュリティポリシー ステップ1︰ブロックチェーンの実装に関するニーズを明確化すること。 効果的なブロックチェーン開発のアウトソーシングプロセスのために、最初のステップは要件を理解することです。 これは、最も適切なベンダーを選択することと、パートナーがビジネスに適したブロックチェーンソリューションを選択することに役立ちます。 貴社自身に尋ねることができる質問が次の通りです。 ビジネスアイデア:貴社の製品は何ですか。どのような問題を解決していますか。どのようなソリューションを提供していますか。 タイムラインと予算計画︰ブロックチェーンを実装するためにどのくらいの時間とどのくらいのコストを費やしますか。 望ましい技術(ある場合):最高の製品を提供し、既存の製品よりも優れたものにするために、どのブロックチェーンのソリューションが好まれますか。 ステップ2:ブロックチェーンソリューションの実装方法を決定すること 通常、企業がブロックチェーンソリューションを実現するために、既存のフレームワークを使用する方法と独自のブロックチェーンを構築する方法の2つがあります。 既存のブロックチェーンを使用します。 既存のブロックチェーンの使用というのはレイヤー1ブロックチェーンフレームワークに基づいて、カスタムブロックチェーンベースのアプリケーションを開発するということです。 より簡単、迅速、かつ安価であすので、これはブロックチェーンテクノロジーを適用するための最も有名な方法です。 なぜ既存のブロックチェーンを使用すべきですか。ブロックチェーンフレームワークでカスタムコードを開発してdAppを構築するだけで、フレームワークが提供する強化されたセキュリティとスケーラビリティを利用できるからです。 Ethereum、Solana、BNBチェーン、Near、Avalanche、Corda、Stella、Cardano等はdApp開発者向けの2022年の最上位レイヤー1ブロックチェーンプラットフォー厶です。 スクラッチからブロックチェーンを構築します。 上記の方法と逆に、分散化、セキュリティ、スケーラビリティの目標バランスで、ビジネスにカスタムブロックチェーンをカイハします。 数百万ドル相当のバグがいつでも発生する可能性がありますので、開発、保守、保護には大きい工数が必要になります。 通常、アウトソーシングへの依存を減らすためにプライベートブロックチェーン・カスタムブロックチェーンソのリューションを必要とする企業は、この方法を選ぶことが多いです。 この場合、ブロックチェーン開発者は、以下の5つの有名な基準のみならず、ブロックチェーンロジックとアーキテクチャの確かな能力も必要とします。 ステップ3:最高の ブロックチェーン開発会社 を選択するための5つの基準 1. 会社の専門知識 豊富な経験を持つ会社を選ぶこと ブロックチェーンパートナーを雇うことは、基本的にブロックチェーン技術を専門とするソフトウェア開発会社を選ぶことです。 最高のブロックチェーンソリューションプロバイダーは、対象のブロックチェーン製品に関連する確かな技術スキルと経験を持つ必要があります。 ベンダがプロジェクトを実施したブロックチェーン製品とブロックチェーンプラットフォームが多ければ多いほど、特に商業的に実行可能なブロックチェーンテクノロジーの観点から、製品に最適なソリューションを提案できる可能性が高くなります。 それでも、ブロックチェーンテクノロジーが2017年~2018年にブームになり始めたばかりですので、すべてのブロックチェーンベースのアプリケーションにおける10年の経験を持つ会社を期待するべきではありません。 代わりに、ベンダのポートフォリオで次のものを探してください。 スマートコントラクトの開発 パブリック型・プライベート型のブロックチェーンの開発 ブロックチェーンウォレットの開発 NFTマーケットプレイス開発 分散型取引所の開発 暗号通貨の開発 どうやって確認するのですか。Clutch・Githubでポートフォリオをチェックして、どのブロックチェーンアプリケーションにおける経験があるかを確認できます。 また、それらのベンダとミーティングの予定を立て、経験について相談し、ブロックチェーンソリューションが貴社のニーズに合っているかどうかを確認します。 ベストなブロックチェーン開発者 を選択してください...

知っておく必要がある人気の5つのソフトウェア開発モデル

知っておく必要がある人気の5つのソフトウェア開発モデル

ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)とは、複雑で要求の厳しいソフトウェアのの生産のプロセスを経る手法という意味です。選択したモデルはプロジェクトの品質、実施期間、予算、ステークホルダーの期待に応える能力に大きな影響を与えるます。 正しいモデルを選択することによりますと、スケジュールを遅延させないし、予算管理と高品質の納品物を確保できます。 この記事では、最も人気のあるソフトウェア開発モデルを紹介させていただきます。 1. 反復型開発モデル(インクリメンタル型開発) 反復型開発モデルは、小さい要求のセットから始まります。 開発者はこのような要求を分析して、徐々に機能を実装します。 その後、新しい要求を定義するために、このような機能に対して、評価・テストを行います。このサイクルは「反復」と呼ばれます。 このSDLCモデルは、開発プロセス中に小さな要求変更が必要になる可能性がありますので、通常、顧客の関与が必要です。 メリット デメリット 初期からコーディングの工程が始まります。 リスク分析が難しいです。 要求変更を実装するための費用効果の高い方法です。 次のの工程での設計とアーキテクチャに関する問題が発生する可能性があります。 開発を小さな部分に分けますので、管理が合理化されます。(反復) 計画に依存しすぎています。 バグや不具合は、SDLCの初期の工程で簡単に検出することができます リソースが多いモデルです。 次のプロジェクトのタイプに適しています。 複数のモジュールがある大規模プロジェクト(Webサービス、マイクロサービス等) 明確に定義された目的とタスクがあるプロジェクト   2. ウォーターフォールモデル 開発の工程 要件定義:顧客から要件を取得します。製品の詳細と機能に関する情報を顧客から可能な限り収集します。 設計:使用対象のプログラミング言語(Javaまたは.NET等)、データベース(OracleまたはMySQLなど)、製品の全体の機能とアーキテクチャについて、計画を作成します。 実装:プログラマーやエンジニアによりプログラムを実装します。 テスト:製品はお客様の要件に従って開発されているかどうかを確認します。 運用・保守:製品を顧客の環境に展開します。製品を顧客の環境に展開した後、製品をカスタマイズ・変更するように顧客に依頼される場合もあります。     メリット デメリット モデルの工程で、入力と出力が明確に定義されます。 プロジェクトの開始時点に、すべての要件を明確に定義する必要があります。 しかし、実際に、ほとんどのソフトウェアのプロジェクトに、問題が発生する可能性があります。 ソフトウェア製品は、明確に順序付けられた活動を通じて開発されます。 実際にモデルの工程がプロジェクトのサイクル中にきちんと行われることはめったにありません。 さらに、チームはプログラムを顧客に納品したり、変更したりする納品日に追われるものですから、ソースコードで変更されたものをソフトウェア仕様書に十分に反映していません。 最終工程のみで検出することができる隠れたリスクがありますので、修理に費用は非常にかかります。 次のプロジェクトのタイプに適しています。 明確に定義されて、変更が発生しない要件がある簡単な中小規模のプロジェクト(小規模企業のWebサイトの開発) より厳重な管理、予測可能な予算、予測可能なタイムラインが必要となるプロジェクト(政府に関するプロジェクト等) 複数の規則や規制に準拠する必要のあるプロジェクト(ヘルスケアプロジェクト) 有名なテクノロジースタックとツールが使用されているプロジェクト   3. Vモデル Vモデル(検証と妥当性確認モデル)とは、初期にテスト計画の工程を追加してウォーターフォールモデルに則ったということです。 次のの画像にて、Vモデルの左側はソフトウェア開発サイクル(ライフサイクル)であり、Vモデルの右側は該当のテストの工程です。 Vモデルでは、開発サイクルの各工程が特定のテストの工程と該当しています。    ...

最高のソフトウェア開発チームを構築する方法 | LTSからの完全ガイド

最高のソフトウェア開発チームを構築する方法 | LTSからの完全ガイド

優れたソフトウェア開発チームは成功の鍵ですが、最初から適切な開発者チームを作ることは簡単ではありません。開発者の募集・選定、チーム体制の構築、チームの管理方法など、様々な難しさに直面しなければなりません。ビジネスの成功に向けて活動できるチームの組み方は様々ですが、今回は重要なポイントをご紹介したいと思います。 効果的なソフトウェア開発チームを作る方法 1. チームサイズの定義 予算、ビジネス目標、期限によって、チームサイズはシステム開発ライフサイクルのほとんどに影響を与えます。 大規模のチームは小規模のチームより生産性が高いという誤解があります。しかし、大規模のチームはでは、小規模のチームより多くのコミュニケーションチャネルを使う必要ですので、必ずしもそうではありません。 より小規模のソフトウェア開発チームはより柔軟であり、チームメンバも独立して働けるということを頭に置いておいてください。 より大規模のチームを構築して効果的に維持したい場合、開発段階、役割、専門分野ごとに小さなグループに分けてください。   2. プロジェクトに適したソフトウェア開発チーム体制の選択 構築対象の特定のタイプのソフトウェア開発チームによって、完璧な従業員を探すために、ジェネラリスト、スペシャリスト、ハイブリッドというの3つのコアアプローチを検討する必要があります。 2.1. ジェネラリスト このアプローチは、中程度の複雑さ、簡単な技術スタック、小規模のチームを持つプロジェクトに適しています。 このチーム体制には、幅広いスキルと豊富な経験を持つメンバが含まれていますので、特定の機能やプロジェクトの全体のエンドツーエンドの開発に取り組んでいます。アウトソーシングの企業のほとんどはこのチーム体制を選択しています。 メリット:チームメンバーの全員が製品の仕組みを理解していますので、製品開発に集中しやすくになります。尚、メンバーは独立して割り当てられたタスクを完了することができます。 デメリット:メンバーが特定の深い知識を持っていませんので、プロジェクトが動いている中、常に新しいチームメンバーを採用する必要があります。したがって、限られたリソースがありまして、このアプローチを選択したい場合、特定のタスクを対応するためにサードパーティの請負業者に任せることを検討してください。 2.2. スペシャリスト 特定のドメインで深い専門知識を必要とするプロジェクトに適しているアプローチです。 メリット:スペシャリストというのは特定のプログラミング言語や技術の経験豊富な専門家であり、タスクを同僚と共有することがないということです。このようなソフトウェアチームは、機能豊富で効果的な製品をはるかに迅速に開発するのに最適です。 デメリット:チームメンバーが個別に働くことや一般的な知識が少ないということのため、スペシャリストがコミュニケーションの問題に直面する可能性があります。それでは、プロジェクトが動いている中、障害を取り除くために、経験豊富なプロジェクトマネージャーを採用することが重要です。 2.3. ハイブリッドチーム 金額が多くて、複雑なプロジェクトに適しています。 メリット:ハイブリッドソフトウェアチームは、大規模のプロジェクトにとって素晴らしい選択肢になっています。このアプローチでは、スペシャリストが深い専門知識を必要とするタスクを対応し、個別のコンポーネントを開発しながら、ジェネラリストがシステムを統合することを確認します。このチームの種類では、開発プロセスがより効果的になります。 デメリット:ハイブリッドチームの方が開発ライフサイクルで効果的に機能していますが、ほとんどの場合、さまざまな働き方があるチームメンバーを管理するのが簡単な話ではありません。また、ハイブリッドチームを構築するために、時間と膨大な費用がかかります。   3. 適切なスキル、仕事に情熱を持っている開発者がいる強豪チームを組むこと ソフトウェア開発チームを実際に組む前に、チーム体制と各チームメンバーの責任を決定する必要です。典型的なソフトウェア開発チームは、次の役職で構築されています。 テックリード プロジェクトマネージャー(PM) ビジネスアナリスト(BA) UI・UXデザイナー ソフトウェア開発者 テスター  上記のポジションごとに、プロジェクトの要件を満たす知識とスキルを持っている人材を探す必要です。 また、仕事に情熱を持っている開発者を採用することも検討する必要があります。Googleは、「20%ルール」を実践して、ソフトウェアの従業員が業務時間のうち20%の時間を自分のプロジェクトに充てることができます。ビジネスレポートによりますと、このルールは従業員のエネルギーと意欲を高めました。仕事に情熱を持っている人材を選択する場合、プロジェクトの途中で仕事を辞める率を減らすのに役立ちます。チームメンバーがプロジェクトの途中で仕事を辞める場合、生産性の減少が発生するのみならず、時間とお金もかかります。   4. チームメンバーがプロジェクトの詳細を理解していることの確実 チームを組んだ後で、重要なのはメンバーの全員がプロジェクトの詳細を理解しているということを確実にすることです。 Culture Partnerの調査によりますと、調査の参加者の85%が、組織が何を達成しようとしているのかよく分からないと述べました。これはアライメントとフォーカスのあるチームを組む機会を逃したとの見方があります。 したがって、役割を正解に割り当て、必要に応じて自由に役割を変更してください。ソフトウェアチームに共通の目標がありまして、スペシャリストの全員が責任を認識している場合、はるかに生産性を維持し、有意義な結果を生みやすくなります。さらに、定義された目標によりますと、開発チームの各メンバーは、プロジェクトの結果へ貴重な貢献したことを認識します。 合意された時間枠と予算に従ってすべてのタスクが完了するように、最初から責任範囲を定義します。   5. ポジティブな組織風土を醸成すること ポジティブな組織風土はスペシャリストのモチベーションを維持し、全体的な生産性を高めるために極めて重要です。 信頼、オープンコミュニケーション、相互尊重に基づく健全な関係により、チームメンバーはプロジェクトへのエンゲ向上させたい場合、チームの雰囲気に特別な注意を払う必要があります。   すべての問題に対処し、全員が発言して同僚と思想を共有できるようにします。強い階層構造がある場合は、権力格差を縮め、スペシャリストが自分タスクの所有権を取得できるようにします。...

2022年にエンジニア採用・誘致における7つの課題

2022年にエンジニア採用・誘致における7つの課題

最近、ITエンジニアの採用は様々な企業として、益々難しくなっています。主な原因の一つはIT人材不足ということです。2020年に、IT業界で30万人が不足していて、2019年03月の経済産業省の研究によると、2030年にIT人材が最大79万人も不足すると発表されています。市場に関する問題に加えて、採用プロセスと採用方法も企業にIT人材を見つけ・誘致しようとする中で、障害になっています。 それでは、現在の市場で、「 IT エンジニア採用の課題 は何ですか」、そして、「そのような問題を解決するために、どうすればいいですか」。以下の記事で答えをお見つけになってください。   ITエンジニア採用の課題   1. 企業が求めている技術スキルを持つ候補者の限られた供給 上記の通りに、企業が直面している厳しい現実の一つはIT才能の深刻な不足です。しかし、この問題の主要な原因のひとつは、新卒者の不足ではありません。むしろ、企業が求めているスキルセットを備えた専門家や技術卒業者の不足です。急速な技術変化及びIT市場の急速な成長を示しているので、人材は企業が求めている量と質を満たすことができません。 例えば、最近、AI、クラウドコンピューティング、IoT等の技術動向についていける人材の需要が高まっています。従って、このようなの技術が対応できるITエンジニアを見つけるのは簡単の話ではありません。より長い期間で企業が求める人材を探し出す必要があります。または、最高の開発者を引き付けるために魅力的な給与や魅力的な従業員の価値提案等の支給を提供する必要です。 2. 詳細な候補者情報の不足 デジタル・グローバリゼーションが進む時代で、人の間の地理的距離は大幅に短縮しています。雇用主は、Linkedin、Facebook、Twitter等の接続プラットフォームを通じて、雇用主は膨大な数の候補者のソースにアクセスできます。 しかし、雇用主と採用担当者は、候補者に関する十分な情報を収集できないことが多いです。候補者プロフィールを正確に把握し、その学歴を理解するために、採用担当者は何時間も情報を手動で照合する必要があります。幾つかの採用担当者は、この情報を収集するために、ソフトウェアとツールを使用しています。しかし、このようなのツールが優秀なエンジニアを排除し、雇用主がそのようなエンジニアを採用機会を逃してしまう可能性もあります。 3. 正式なIT教育の不足 IT人材の需要が高まっているということは、近年、ブートキャンプの卒業者が増えているということです。ブートキャンプの特徴は、初心者に対しても、ただ5、6ヶ月の短いトレーニング時間です。一方、大学のような伝統的なトレーニングのモデルの通常の期間は4〜5年であり、専門学校や大学は2〜3年です。 ブートキャンプの卒業者は技術専門家の需要を満たすのに役立っていますが、ほとんど企業は大学の卒業者の方が好まれています。経営者や管理職として、技術者を採用する際の決め手として学歴を見るかどうかは、あなたの判断によります。     2016年の設立から、LotusはベトナムのIT人材を世界に出すことを目標に、プログラマーのトレーニングを中心にしています。効率的で厳格な採用プロセスがあるだけでなく、ベトナムでたくさんの最も名門IT大学と協力して、最適の候補者を見つけています。さらに、2020年に、LotusはIT人材を見つけてトレーニングをするためにLotus Academy(ロータスアカデミー)を設立しました。ここで、学生はIT業界での長年の経験を持つ専門家から知識を学ぶのみならず、プロジェクトを通じて「実践」する機会も提供されます。Lotus Academyの詳細については、ここをクリックしてください。 4. 激しい市場競争 現在、IT求職者よりも多くのテクノロジーの仕事があるので、企業はトップの候補者を競争する必要になっています。応募者は、見つけることができる最初の仕事をもはや引き受ける必要なくなって、最も魅力的な仕事を提供する企業を選ぶことができるようになりました。したがって、候補者を惹きつける要素を検討するので、非常に重要です。最も潜在的な採用候補者を惹きつけるために、以下の方法と要因も考慮してください。 在宅勤務・フレックスタイムの導入: 最近、最優先事項の一つはリモートワーク環境であるので、候補者は仕事と生活の最適なバランスを重視しています。 ポジティブな企業ブランドの構築・改善・維持:雇用主のブランディングは、トップ候補のための戦いに勝利する主な要因になります。強くてポジティブな企業ブランドで、最も魅力的な候補者を引き付けることができます。 Linkedin、Twitter、Facebook等のソーシャルネットワーキングサイトを経由で、ブランドのイメージを構築し、企業文化をポジティブに伝えてください。キャリアサイトと会社のブログを維持・宣伝することも魅力的なコンテンツを通じて潜在的な採用者を引き付ける方法です。 可能な限り高い給料の提供: 開発者の給与は、専門的経験、学歴、場所、技術スタック、技術ツールの要因によって決まります。 しかし、ソフトウェア開発者の需要拡大によりますと、給与は年々高くなっています。 さらに、ソフトウェア開発者を雇うときに、自社内の開発者のほうが間違いなく費用がかかるということを念頭に置いておいてください。 給料面で他社と競争できない場合、企業文化、仕事の柔軟性、適切な仕事のチャレンジは、資本より満足を優先させる個人に強くアピールすることができます。 5. 高い採用コスト 広告宣伝費、採用関係者の給与、新人教育・育成費など、採用コストがかかる場合があります。もちろん、開発者の給与も経営者の頭を悩ませる。技術不足のため、優秀なプログラマーは仕事の選択肢が増えています。その結果、起業家は高い給料を支払ってでも、新人を集めようとします。 一方、ベトナムのような発展途上国では、ソフトウェアオフショア開発先として注目されている。十分な訓練と経験を積んだベトナムチームは、厳しい要件にも対応でき、顧客の望む品質を確保することができます。特に、ベトナムの人件費は日本の1/2〜1/5程度です。 6. 技術面接の実施への投資不足 エンジニアを採用するのに、数日から数週間にわたって複数回の面接が必要です。 時々、採用担当者は複数会の技術面接を実施し、潜在的な候補者にお金を費やしましたが、時間がかかるので、候補者は他の採用担当者や企業を選択したことが多くて、企業の投資を完全に浪費します。面接で、採用する職務に対して、候補者のスキルと適合性を評価することは簡単ではありません。 したがって、「正しい」質問をすることができる場合、プロジェクトに適切な人材を早めに見つけることができます。 7. 企業文化に合わない候補者 職業に関する知識と技術のみならず、企業に合わない候補者であるかどうか評価することも重要です。Stackoverflowの調査によると、報酬、給付、場所が同じである場合、オフィス環境または企業文化は候補者が仕事の依頼を選択するのに与える影響が一番大きい3つの特性の一つです。企業が合わない候補者である場合、遅かれ早かれ企業を辞めます。 さらに、社員を維持するために、企業はより快適で柔軟な環境を作る必要があります。   ITエンジニア採用難を乗り越えるための解決策 今後数年間に渡る情報技術の担当者の需要拡大は続けるでしょう。 人材に関する問題を解決するために、小規模の企業から大規模の企業まで常に最適なソリューションを探しています。IT人材の採用は、企業によってさまざまな困難があり、その解決策もさまざまです。採用の課題を克服する方法については、こちらをご覧ください。 その上、オフショア開発等のサービスの利用も、多くの日本企業が検討している効果的なソリューションの1つです。...

BPOサービスとは? BPOのメリット・リスクは何でしょうか?

BPOサービスとは? BPOのメリット・リスクは何でしょうか?

BPOサービス は、ここ数十年にわたって普及が進んできました。小規模なスタートアップ企業から巨大な多国籍企業まで、あらゆるタイプの企業がBPOサービスの力を受け入れてきました。 BPOの市場シェアは、2020年から2025年にかけて401.6億米ドル増加すると予想され、市場の成長の勢いはCAGR 4%で加速する見込みです。BPO業界は920億米ドル以上と評価されており、BPOサービスを利用する新規および既存の企業の数が増加するにつれて、年々成長しています。 では、 BPOサービスとは ? このサービスの事業がますます普及している理由は何でしょうか?この記事でこれらの質問にご回答いたします。   1. BPOサービスとは ? ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)とは、組織が外部のサービスプロバイダーと契約して重要なビジネスタスクを委託する経営戦略のことを言います。サービスには、会計、テレマーケティング、データ入力、データモニタリング、カスタマーサポートなどが含まれます。 「中小企業におけるアウトソーシングのメリット」に関するClutchの調査によると、中小企業の80%が2021年にビジネスのタスクをアウトソーシングする予定です。具体的には、企業は2021年に、ITサービス(27%)、財務会計(23%)、法務(21%)、デジタルマーケティング(20%)、および人事(10%)など、多くのビジネスタスクをアウトソーシングする見込みです。   2. さまざまなタイプの BPOモデル 企業は、ビジネス・プロセス・アウトソーシングを検討する際に、多くの場合、アウトソーシング対象の作業を2つのカテゴリに分類します。これらのカテゴリは、バックオフィスのアウトソーシングとフロントオフィスのアウトソーシングです。 バックオフィス:オーダー処理、支払い処理などの内部ビジネスプロセス。 フロントオフィス:マーケティングや技術サポートなどのカスタマーサービスを含むアウトソーシングタスク。 企業は一方または両方のタイプのアウトソーシングからメリットを得ることができ、その中で最も有益であるアウトソーシングのタイプは企業の特定のニーズによります。   BPO業界は、ベンダーの場所に基づいて分類されることもあります。 オフショア:ベンダーは企業とは別の国に位置します。例えば、アメリカの会社がベトナムのBPO会社に仕事をアウトソーシングしています。このような方法は、豊富なリソース、政治的安定性、人件費の削減、さまざまな税金の節約などによって促進されています。企業は、有能な人材とサービスに低価格でアクセスできるため、間接費を削減し、エンドユーザー向けの製品またはサービスの価格を下げることができます。 ニアショア: BPOサービス会社 は近隣国に位置します。例えば、日本の会社がベトナムのBPO会社に仕事をアウトソーシングしています。このようなアウトソーシングは通常、近隣諸国で専門スキルが低コストで利用できる場合に適用されますが、時差や言語能力などの特定の課題を考慮する必要があります。 オンショア: BPOサービス会社 は国内に位置します。このようなBPOでは、言語の壁や時差は問題になりませんが、他の多くの国のように低価格を利用することができません。   関連記事 オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで ニアショア開発が完璧なソリューションである理由は?   3. BPOのメリット 企業は、他のサービスプロバイダーが社内よりもビジネスタスクをうまく処理できることに気づいた時に、アウトソーシングを検討するようにします。多くの場合、企業は、業務を遂行するために社内の部門にスタッフを配置して支払いを行うことよりも、アウトソーシングの方が効率的であると考えています。では、アウトソーシングサービスを利用する際に企業が享受できる最も一般的なメリットは何でしょうか。 3.1. ビジネス効率を向上させる 実際、中小企業の4分の1以上(27%)は、より効率的に稼働するために主に外部委託をしています。 総務を熟練した専門組織にアウトソーシングすると、企業の主要な業務の整理および遂行に労力を増やすことができます。企業の強みである仕事に集中し、専門家の会社に苦労した仕事を「任せる」ことができます。このようにして、ビジネスの生産性を大幅に拡大し、顧客により価値のある商品またはサービスの提供に取り組むことができます。 3.2. ビジネスを拡大する 組織は、コアではない業務をアウトソーシングすると時間の余裕ができるため、コア業務に集中し、生産性をさらに向上させることができます。 また、 BPOサービス を利用する場合、オフィススペース、サポートスタッフ、管理リソースなどのリソースの余裕もできるようになるため、企業のより重要な活動への投資に使用されます。 3.3. コスト削減または予測可能なコストの確保 アウトソーシングソリューション自体は、ほとんどの場合、同じ業務の遂行に対して社内スタッフを雇用するよりもコストが低くなります。そしてこれが、企業がBPOサービスを利用する主な理由です。Deloitteは、「2020 Global Outsourcing Survey」で、70%の企業がコスト削減のためにBPOサービスを利用していることを示しました。...

知っておくべき オフショア開発のメリット

知っておくべき オフショア開発のメリット

オフショア開発には、プロジェクトで得られるビジネスの拡大のチャンスにつながるメリットが多くあります。しかし、事業者がオフショア開発を実施するように駆り立てることができる決定要因は何でしょうか? ここで知っておくべき オフショア開発のメリット について詳しく見ていきましょう。 1. プロジェクトの低コスト プロジェクト/アプリケーションに費やす必要のある金額と時間はさまざまですが、完全に機能し、バグのないアプリケーションをオンラインで公開するには、かなりの費用がかかるでしょう。 世界経済市場の状況下で、多くの管理職は現在、予算を優先しています。つまり、最も費用効果の高いソリューションを探したいと考えています。これ以降、プロジェクトの構築と保守に数百万ドルの費用がかかる社内チームの配置と、30〜50%コストの低いアウトソーシンチームの雇用を検討すると、管理職はオフショア開発にするはずです。 具体的に理解していただけるように、次の例を取り上げたいと思います。Salary Explorerによると、日本で開発者/プログラマーを雇用するには、月額247,000円から月額852,000円(最大)の費用がかかります。 一方で、ベトナムのIT市場での同等の仕事は、月額約17,400,000 VND(月額約87,600円)しかかかりません。これらの数字を見ると、2つの異なる場所からの人材の間の大きなギャップを見ることができます。ただし、ベトナムのJava開発者のコーディングおよびコミュニケーションを詳しく調べると、少なくとも専門知識の点では相違がありません。 つまり、ここで理解して頂きたいのは、品質を犠牲にすることなく、ベトナムで完全に有能な開発者をはるかに安い価格で雇用することができるということです。節約された金額は、プロジェクト内の他の投資に使用できます。 低い給与に加えて、企業は採用費用と管理費の大金を節約することができます。雇用主のブランディング、高額なマーケティングキャンペーン、および不要な経費管理も必要ありません。   2. 求めている人材を獲得する可能性が高い 優秀なソフトウェア開発者が企業を選択しなければならない場合、検討に最も重要なことは何だと思いますか? Top CVベトナムの調査によると、参加者の57.9%が会社で働くことの面白さに関心があると述べ、48.7%が会社の技術スタックの重要性を強調しています。これらの特性は両方とも、大企業やIT大手企業に見られます。しかし、デジタル化やテクノロジーの経験がない中小企業はどうでしょうか。評判がない企業は、どのようにして技術プロジェクトに最適なIT人材を見つけるのでしょうか。 これらの質問の答えは、オフショア開発に見つけることができます。オフショアチームを雇用することで、ITの採用について心配する必要がなくなります。これは、すべてベンダーが担当しているためです。これらのベンダーには、人材を引き付け、採用し、管理し、維持するための戦術があります。ベンダーは企業のためにこれを行うことで、企業はベンダーの人材プールへの素晴らしいアクセスを持ちながら、多くの時間を節約することができます。   3. 市場投入までの時間の短縮 最新の機能、企業の成長目標、ライフサイクルの短縮、上級管理職のプレッシャーに対する顧客の根強い要求はすべて、市場投入までのスピードの取り組みを強化しています。多くの消費者は、携帯電話デバイスの革新の驚くべき速度に従い、毎年の頻度でアップグレードされた機能の継続的なセットを要求しています。 企業が市場投入時間の目標を達成できなければ、お金を失います。McKinsey&Coの古典的な調査によると、市場投入が6か月遅れている製品は、5年間で利益が33%減少します。一方、時間通りにリリースされたが、予算を50%超えている場合、利益は約4%しか減少しません。 B2Cソフトウェアビジネスでは、テクノロジー企業は、Minimum Viable Product(MVP)の概念を頻繁に活用し、発達しています。この方法は、顧客の満足度の点でリスクを伴いますが、最も重要な機能のみを備えたバージョンをリリースすることで、チームが迅速に行動し、市場投入までの時間を短縮することもできます。 しかし、人材の採用やトレーニングにまだ悩まされている場合には、どのようにして市場投入までの時間を短縮するのでしょうか。答えはオフショア開発です。このアプローチを通じて迅速な雇用を期待できる他、雇用したスタフへの業界やテクノロジーのトレーニングがほとんど必要がありません。   4. 柔軟性と敏捷性 ビジネスは時期によって成長および縮小します。企業は、主要な事業だけでなく、拡張された業務にも柔軟でスケーラブルなアプローチをとることにより、これらの変動に対応できなければならないことは広く認識されています。その結果、要件を満たすために、オフショア開発パートナーがこれらの変更に意識して対応できることが重要です。 柔軟性により、企業は優先順位と要件の変更を図ることができます。以下、オフショア開発が企業にとって重要である理由がいくつか取り上げられます。 オフショアチーム は、企業の目標に適応できます。 オフショアチーム は、社内の業務や進歩を変えることができます。 フォーカスをシフトするための調整と推奨を行うことができます。   5. コアビジネスへの更なるフォーカス 職場での多くの活動は、会社の主な目標から気をそらすものになる可能性があります。その結果、負担が大きくなると、事業の本質的な活動が悪化し、会社に悪影響を及ぼし、成長を阻害します。企業は、一部のタスクをアウトソーシンすることでオフショア開発のメリットを受け、コアコンピテンシーに集中できるようになります。ここでは、タスクを取得することで第三者が重要な役割を果たします。企業の負担が大きすぎる場合、アウトソーシングは非常に助けになります。 時間と注意を自分の得意なことに集中させることで、物事がより順調にいくということが何度も証明されています。例えば、教育機関を運営する場合は、顧客と教育を優先する必要がありますが、サービスを向上させるために、学習に役立つアプリを開発することにします。アプリの開発にフルタイムで長期的なチームを雇用するのではなく、アウトソーシングして定期的に更新してもらうほうが良いでしょう。 そうすることによって、他の組織と協力してプロジェクトや製品を市場に導入し、提供することで、スタフに刺激を与え、利益を上げるなどの重要なことに集中する時間が増えます。 LTSと共に オフショア開発のメリット を今すぐ享受しましょう。 LTSは、複数のオフショアプロジェクトでの経験により、このアプローチのリスクと対処方法を深く理解し、得意分野として手配しています。LTSは、小売、食品および飲料、ヘルスケアなどの多くのドメインでITサービスに関する専門知識と経験を持っており、オフショア開発を実施したい企業にとって信頼できるプロフェッショナルなサービスプロバイダーです。 厳格なセキュリティ:LTSは、ISO 27000:2013の厳格な手順に従って、最適なセキュリティと国際標準化されたプロセスを実現するだけでなく、お客様の要件に柔軟に適応します。 質の高い人材:LTSのスタッフは入社の時からの厳格な面接、そして仕事上のオリエンテーション、継続的な学習と自己開発を通じた能力の高い人材です。 柔軟性:お客様がいつでも計画を選択または変更できるように、さまざまな作業モデルを提供しています。 高品質なオフショア開発サービスを提供できるパートナーを探しているかはお気軽にご連絡ください!...

最高の アノテーション企業 を選択する方法とは何でしょうか?

最高の アノテーション企業 を選択する方法とは何でしょうか?

「AI・人工知能」という言葉は、IT業界に関係のない人たちにも、親しまれてきています。 携帯電話、チャットボット、自動運転車、スマートホームなどのバーチャルアシスタントなどのAIテクノロジーの適用は、現在の生活において簡単に見付けられます。そのため、近年、世界のAI市場が着実に成長しているのも当たり前のことです。Grand View Researchの調査によると、世界の人工知能市場の規模は2020年に623.5億米ドルと評価され、2021年から2028年にかけて40.2%の複合年間成長率(CAGR)で拡大すると予想されています。     AI市場の力強い発展は、データラベリング(アノテーション)ソリューションの成長にもつながります。Grand View Researchの最新のレポートによると、世界のデータラベリングソリューションおよびサービスの市場規模は2028年までに381.1億米ドルに達すると予想されています。市場は、2021年から2028年までに23.5%のCAGRを記録すると予想されます。高度な機械学習アルゴリズムを通じてアノテーションを付与してほしい大量のデータがある場合は、アノテーション企業 を依頼することをお勧めします。「最高の アノテーション企業 を見つける方法は?」という質問に答える前に、 データラベリング をアウトソーシングすることのメリットを理解することも重要だと思います。   I. アノテーションサービス のメリットは何か? データラベリングをアウトソーシングすることが最善の方法である理由はたくさんあります。主なのは次のようにあげられます。 コストの削減:海外での人件費が削減されるだけでなく、オフィススペースのレンタルや施設の調達などの諸経費についても心配する必要がありません。そして長期的には、 アノテーションサービス により、品質を損なうことなくビジネスでコストを節約できます。 プロフェッショナルなプロジェクト管理:すべての業務を遅滞なく行うには、多くの知識と専門能力が必要です。経験豊富なサービスプロバイダーは、すべてのプロセスを監視し、ワークフローを改善するために必要な調整を行うことができます。 より大きな人材プールへのアクセス:データラベリングをアウトソーシングすることで、アウトソーシン先の地方の優秀な人材にアクセスできます。この作業の経験豊富なデータラベリングの専門家は、ビジネスの規模を拡大し、スタッフが最も重要でコアなタスクに集中できるようにします。 データラベリングのアウトソーシングは多くのメリットをもたらしますが、多くの企業の中から最適なデータラベリングアウトソーシングベンダーを選択するのは簡単ではありません。それでは、次のステップバイステップガイドに従い、プロジェクトに適したパートナーを選んでみましょう。   II. 最高の アノテーション企業 を選ぶ方法 1. 明確なプロジェクト要件を準備する 市場にはアノテーション企業の候補者がたくさんがあり、時には選択ができなくなるほど混乱させられることもあります。したがって、失望を避けるために、期待と希望の出力を設定することが不可欠です。プロジェクトの概要、スケジュール、予算を要件に含めることをお勧めします。 適切な要件は次のようなものを含める必要があります。 アノテーターに対応してほしいデータタイプは何であるか? どのようなアノテーションを付与する必要であるか? データラベリング には、専門知識が必要であるか? データセットには、どの程度の正解率でアノテーションを付与する必要があるか? アノテーションを付与するファイルの数は? プロジェクトの締め切りはいつであるか。 このプロジェクトにどのくらいの予算を予定するか? 2. アノテーション企業 を評価するための必須基準 要件を確定した後で、契約を締結するつもりのベンダーを評価する必要があります。労力の少ないデータセットに多額の費用をかけたくないため、このステップは非常に重要です。経験、品質、効率、セキュリティ、チームメイトに基づいて評価することをお勧めします。 2.1. 経験 データラベリングは、時には単純な作業のように見えるかもしれませんが、大規模に効率的かつ正確に実施するには、細部に対する細心の注意と、特別なスキルセットが必要です。経験不足のベンダーは、適切なデータラベリングの必要なリソース品質と適切なツールが不足しているため、コストのかかる遅延を引き起こす可能性があります。それを防ぐためには、各ベンダーが特にデータラベリングの分野で活躍していた期間と、アノテーターの経験についてしっかりと把握しておく必要があります。これを評価するために、ベンダーに経験年数や使用したドメイン、アノテーションの種類について質問することをお勧めします。例えば: ベンダーはデータラベリングに何年の経験があるか? ベンダーは特別なドメイン知識を必要とするプロジェクトで対応したことがあるか? ベンダーは、企業の要件に満たしたアノテーションを提供しているか? 2.2. 品質 データサイエンティストは、ラベルがどの程度正確に配置されているかにより、モデルトレーニングのデータセットの品質を...

ご相談・お問い合わせ