ソフトウェア開発チームの衝突の回避と対処

ソフトウェア開発チームの衝突の回避と対処

衝突はほとんど避けられませんが、ソフトウェア開発を含め、どの分野のどのチームでも目に見えないわけではありません。 CPP のレポートによりますと、米国のすべてのレベルの従業員の 85% が、ある程度の対立を経験しており、週に 2.8 時間を取って、衝突に対処しています。 さまざまなステークホルダーがソフトウェア開発ライフ サイクルに参加しますので、ソフトウェア開発チームの衝突が発生する傾向があります。 したがって、この記事では、ソフトウェア エンジニアリングで最も直面している次のような衝突の種類について説明します。 よく発生するソフトウェア開発チームの衝突 回避の方法 対処 コーヒーを飲んで、今すぐ一緒に読みましょう! よく発生するソフトウェア開発チームの衝突 1. タスクに関する衝突 製品の開発方法について人々が意見を異にし、自分の意見を守ろうとする場合、タスクの衝突が発生します。 これらは、ファンクショナルチーム内で、またはファンクショナルチーム間で発生する可能性があります。 ファンクショナルチーム内での衝突 エンジニアがソフトウェアの開発方法について異なる考えを持っている場合、タスクの衝突が発生します。 たとえば、開発チームの中て、 1 人のメンバーは C++ を提案し、他のチームは Pythonた を使いたい場合、オープンソース ツールの使用を提案する人がいますが、コマーシャルツールを使用したい人もいます。 それでも、チーム内でのタスクの衝突は必ずしも悪いことではありません。 制御可能なレベルでは、集団思考を回避し、イノベーションを促進し、最善の方法を見つけるように動機付けます。 発生過ぎる場合のみ、悪くなります! よくある要因 プロジェクトのビジョンの衝突︰不注意なプロジェクト計画やチームへの伝達の不足により、チームの全員が同じビジョンを共有していない状況が発生し、異なる方法が提案される可能性があります。 貧弱な管理︰チームを統率する信頼できる仲介者がいない場合、誰もが自分の考えしか信じていない職場で「アナーキー」が発生する可能性があります。 ファンクショナルチーム間で発生する衝突 さまざまなステークホルダー間の衝突は、ソフトウェア開発でよく発生します。 デザイナー、開発者、品質保証(QA)エンジニア、DevOps等のさまざまなチームが開発プロセスに参加し、異なるが相互に依存する役割で作業しているためです。 たとえば、QAエンジニアはバグを検出して修正を求めようとしますが、開発者はできるだけ早くソフトウェアを完成させたいと考えています。 または、UI / UXデザイナーは魅力的なインターフェースとユーザビリティを目指していますが、テスターは速度が遅すぎて、お客様が必要としているものではないと不満を漏らしています。 よくある要因 違いが多すぎること。チームは、異なる役割を果たしているが、実際には同じ目標に向かって取り組んでいることを「忘れて」しまいますので、対立の解決に対して別々の意見を持っています。 標準のあいまいさ。出力に関する共通の標準が不足しています。 ソフトウェア開発におけるタスクの衝突を回避する方法 #1: すべてのメンバーとファンクショナルチームに明確な共通基準を伝達すること。 たとえば、特定のソフトウェア製品に関する目的と要件を説明するために作成されたSRS(ソフトウェア仕様書)や製品の構築方法に関するSDD(ソフトウェア設計ドキュメント)という資料があります。 開発プロセス全体でSDDを「ウィキ」のように使用して、開発者が何を構築する必要があるか、テスターが何を確認する必要があるかを把握することができます。そして、SRSを使用して、意見の相違に遭遇したときに参照する共通のルールをすべての人に伝えることができます。 #2。 ソフトウェア エンジニア間で協力的な文化を構築すること まず、次のようなステークホルダー間の積極的なコミュニケーションを促進する必要があります。...

2022年のIT業界が直面している問題のトップ7

2022年のIT業界が直面している問題のトップ7

COVID-19のパンデミックの影響と最近の世界の不安定さのせいで、IT業界で多く企業に挑戦しています。 2022年半ばにITリーダーの優先順位を変えている IT業界の問題 について説明させていただきます。 2022年のIT業界が抱えている問題のトップ7 1.変革に対する需要の高まり テクノロジーが進化するにつれ、エンドツーエンドのデジタルトランスフォーメーションはもはや便利ではなくなりました。最近では、特にCOVIDのパンデミックにより顧客がデジタルの世界に持ち込まれている中で、人事や販売のみならず、ほとんどのビジネスプロセスで、市場の進展と顧客の期待に応えるためにデジタル化が必要になります。 デジタルトランスフォーメーションによって促進されるもう1つの側面は、データ主導の意思決定モデルです。企業のデータが1つのハブに収集される場合、ビッグデータ分析を促すことができ、より論理的な意思決定が可能になります。 それでも、独立したビジネスプロセスがありませんので、企業全体を同時にデジタル化し、一般的な速度に追いつくことは、IT企業が直面する最大のチャレンジの1つです。たとえば、販売にはサプライチェーンと在庫を伴う必要があります。そのため、CIOは、すべてを接続する「トランスバーサルトランスフォーメーション」に重点を置いています。これはクラウドコンピューティングとERPシステムが目指しているものです。   2. コスト抑制 IT業界で高い人件費と運用コストは新しい概念ではありませんが、最近の世界経済の不利な状況の中で、より深刻になっています。  2022年には、高インフレ率、FRB金利の引き上げ、景気後退の可能性に対する懸念により、IT業界全体のCEOにとってコスト抑制が最優先事項になりました。 では、どのようなコストが影響を受けたのでしょうか。 スタッフの給与、インフラストラクチャの費用、資金の借り入れにかかる費用、アウトソーシングITサービスの使用にかかる費用等の費用が増える場合、予算が縮小する可能性があり、CEO、CIO、CTOは、経済の健全性に関するシナリオに備えるために、コストのバランスを取り直すことを検討する必要があります。   3. テクタレントをめぐる競争 人材不足を引き起こすのはテクタレントの戦争のみならず、「大量退職」はテクリーダーを悩ませており、技術従業員の72%が次の12か月で仕事を辞めることを検討しています。   テクタレントの不足はIT業界の主要なチャレンジのひとつであり、Gartnerの調査によると、新しい技術に対する障壁の64%の原因になります。 これはまた、会社の能力と市場のニーズとのギャップの頭痛につながり、テクリーダーはチームメンバーをスキルアップするか、ITの作業を外部ベンダーにアウトソーシングする必要があります。 特にパンデミックの影響により、比較的多くの技術者が一旦労働市場から(少なくともオンサイトの仕事から)外れた場合、技術者の採用と維持はIT業界のHRのチャレンジに大きく貢献しています。   4. スキルギャップ 2022年に、テクノロジー企業が求めているトップITスキルは、クラウドコンピューティング、データ分析、セキュリティ、プログラミング、DevOps、機械学習が含まれます。 特定のスキルに加えて、組織は、風景をスキャンし、新しいパラダイムを学び、会社をトレンドに追いつけることができる幅広いスキルセットを持つ人材を求めています。 残念ながら、これらのポジションは需要が高いですが、供給が少ないですので、IT業界でスキルのギャップが負担になっています。 テクタレント戦争の中で、多くのCIOは、スキルのギャップを埋めるために、利用可能なITの人材紹介をスキルアップ・磨くことを選択します。 もう1つの方法は、STEM教育を通じて潜在的な候補者を育成し、評価テストを通じて若い技術系の学生を早期に探し、後で人材プールを確保するためにそれらに投資することです。   5. リモートワーク環境とインフラストラクチャのサポート 上記の人材不足と労働力の変化により、人材を引き付けるために、テクノロジー企業がハイブリッド・リモートワークを導入することを加速しています。BufferのState of Remote Workによりますと、 リモートワーカーの97.6%が、残りのキャリアでハイブリッド・リモートの作業をすることを望んでいますので、より柔軟性とワークライフバランスを求めています。 それでも、リモートワークは情報技術にいくつかの問題とチャレンジを生み出します。 たとえば、IT専門家の54%は、リモートの従業員はオンサイトのスタッフよりもセキュリティリスクが高いと述べています。 また、リモート開発者チームを管理し、動機付けることは必ずしも簡単ではありません。 人材がどこからでも働く場合、「チームビルディング」はより贅沢なもののようになります。 それとは別に、ほとんどの場合、リモート作業にはタスク管理と生産性追跡システムが必要です。 これにより、リモートITチームをスムーズかつ効果的に運営するために、企業のコストと労力が増加します。   6. サイバーセキュリティの脅威 サイバーセキュリティのリスクは、ITが長年直面しているチャレンジのひとつであり、今年はさらに大きな問題になります。サイバーセキュリティベースのチャレンジには、次の2つの種類があります。 攻撃者側:サイバー攻撃の規模と洗練度は進化しています。 企業側:サイバーセキュリティのためのリソースが不足しています。     2022年のCIOリーダーシップパースペクティブによりますと、サイバーセキュリティ戦略はCIOの役割の中で最優先事項です。...

IT職場におけるコミュニケーション 向上のための最適な方法

IT職場におけるコミュニケーション 向上のための最適な方法

コミュニケーションに関するチャレンジは、どの企業でも常に注意が必要なチャレンジであり、IT企業も例外ではありません。 チームが効果的にコミュニケーションをとることできない場合、会社に悪影響を及ぼします。米Gartner(ガートナー)社の調査によりますと、会社のミスの70%はコミュニケーション不足が原因だということです。それでは、「効果的なコミュニケーションはどのようなメリットをもたらすのか」、「 IT企業の社内コミュニケーションを改善するにはどうすればいいのか?」。この記事で、その答えを一緒に探してみましょう。   1. 効果的なコミュニケーションは、どのようなメリットをもたらすのか。 1.1. 効果的なコミュニケーションは生産性を向上させること 効果的なコミュニケーションは、対立を緩和するのみならず、チームメンバー全員が自分の仕事とのつながりを感じ、自分の役割を明確に理解することができます。もちろん、チームの生産性を高めることにつながります。 McKinsey社のレポートによりますと、コミュニケーションがうまくいっているチームは、生産性が20~25%向上するとされています。 したがって、すぐに利用可能で、効果的な方法で伝達されるようにすることで、従業員は自分の職務を正確に遂行でき、組織全体の生産性を高めることができるのです。 1.2. チームビルディングの強化 効果的なコミュニケーションとは、情報を正確に受け取るのみならず、メンバー間の接続と信頼の構築にも役立ちます。 効果的に共同作業を行うためには、チームメンバーは他のメンバーを信頼できることを知る必要があります。コミュニケーションは信頼を得るための大切な要素であり、チームの期待や任務に関して全員が同じ認識を持つことを保証するものです。一方、信頼を促進するオープンで正直なコミュニケーションの不足は、従業員の士気を低下させる傾向があります。 1.3. 従業員満足度の向上 職場で良好なコミュニケーションを実践している組織に所属する従業員は、仕事への満足度が向上する可能性が高い。 職場におけるオープンなコミュニケーションにより、従業員が会社における役割を理解し、何が期待されているかという点で、明確な方向性を持つことを保証します。その結果、社員は自分の職務を全うし、組織全体に貢献するために必要で適切な手段を講じることができるようになります。 そして、従業員が会社、仕事、同僚に満足する場合、離職率は下がります。 1.4. 顧客との関係改善 職場における良好なコミュニケーションは、組織の従業員の南、顧客との関係にも直接影響します。顧客やクライアントと良好なコミュニケーションをとっている組織は、クライアントとのコミュニケーションを優先しない企業よりも、強固な関係を築き、顧客を維持できる可能性が高くなります。顧客は、自分たちとの関係を大切にし、変更について最新の状態に遅れないようにし、会社とのつながりを感じる場合、会社により忠実である傾向があります。 1.5. 効果的なコミュニケーションで未払費用を防ぐことができること コミュニケーションのミスは、ビジネスにとって深刻な影響を与える傾向があります。 例えば、プロジェクトのチームリーダーとして、会議を開き、メンバーにタスクを割り当てています。しかし、まだ自分のやるべきのタスクを理解していないメンバーがいるにもかかわらず、何らかの理由でそのメンバーは自分の役割を明確にするために再質問をしません。これでは、一人のみならず、多くのメンバーの時間と工数を無駄にしてしまうことになります。また、そのチームを運営するために費やしたお金も無意味になります。 大手企業400社、従業員10万人を対象にした「The cost of poor communications」というデビッド・グロスマンのレポートによりますと、職場で発生するコミュニケーションの障壁によるコストは、1社あたり年間6240万ドルにものぼります。 また、ホームズ(世界のPR業界の声)のレポートによりますと、コミュニケーション不足のコストは、370億ドルという圧倒的な数字を叩き出しています。   2. IT業界におけるコミュニケーション を向上させるにはどうすればいいのか。 2.1. 適切な人材を採用すること 優れたコミュニケーションスキルの効果は否定できません。全米大学職員協会が発表した通りに、73%の雇用主が強力な書面によるコミュニケーションスキルを備えた従業員を望んでいます。 したがって、必要なハードスキルに加えて、他のソフトスキル、特に長期的な利益をもたらすことができる候補者のコミュニケーション能力も考慮する必要があります。 2.2. 目標と期待を明確にすること マネージャーは、チームと個人の両方に明確で達成可能な目標を示し、どのプロジェクトでも求められている目標を正確に説明し、すべてのスタッフがプロジェクト、部門、組織全体の目標を認識するようにする必要があります。 2.3. メッセージの明確な伝達 メッセージを明確にし、対象読者に伝えられるようにします。そのためには、混乱や不快感を与えることなく、メッセージを明確に伝えるために、わかりやすく丁寧に話す必要です。また、あなたが言ったこと、あるいは期待したことを、すべてのメンバー・スタッフが明確に理解していることを確認する必要があります。 2.4. コミュニケーションを促進するインフラを整備すること 社内のコミュニケーションを促進するために、インフラを構築し、適切なツールを導入する必要があります。 コミュニケーションを促進するためにさまざまなオンラインツールがあります。これらのツールにより、メンバーがプロジェクトの進捗状況と、何が残されているのかを把握できるようにするのに役立ちます。対面でのコミュニケーションは常に重要ですが、オンラインツールは時間を節約し、作業を記録するのに役立ちますので、このプロセスを支援することができます。 2.5. コミュニケーションを促進する文化の構築 インフラが整っていても、コミュニケーションを促進する文化がない場合、コラボレーションを促進することは難しいでしょう。日次のスタンドアップを開催し、部門内のさまざまなチームを巻き込んでみてはどうでしょうか。チームが定期的に互いに話し合うように促し、これが単なる通過段階ではないことを確認します。 2.6....

ソーシャルメディアのコンテンツ・モデレーションためのガイド

ソーシャルメディアのコンテンツ・モデレーションためのガイド

ソーシャルメディア・チャンネルは、組織の代表のようなものです。ブランドは常に良いイメージを築き、ソーシャルメディア上での存在感を高め、顧客とより良い関係を築きたいと願っています。しかし、そのコミュニティが大きくなると、様々な意見が寄せられるようになり、 ソーシャルメディアのコンテンツモデレーション の必要性が出てきます。  そこで、この記事では、ソーシャルメディアコンテンツのモデレーションのガイドを紹介します。それでは、どうぞ。  1. コンテンツモデレーションとは? コンテンツモデレーション(投稿監視)とは、S&P(Standard and Practices)、User Safety、コンプライアンスガイドラインなどに基づいて、不適切なコンテンツを選別し、排除することです。ソーシャルメディアにおけるコンテンツモデレーションの場合、Facebook、LinkedIn、YouTube、Instagram、フォーラムなどのSNSチャンネルや、Webサイト、ブログなどのオウンドメディアのコンテンツをモデレートすることを指します。  どのようなコンテンツがモデレートされるのですか?  悪質なコンテンツ フェイク/誤解を招くコンテンツ ヌード / 露骨なコンテンツ フィッシング / 詐欺 / ハッキング 違法またはソーシャルメディアコンテンツポリシーに違反するコンテンツ   2. どのような種類のコンテンツを管理できるのか? 2.1. テキスト  テキストは、おそらくソーシャルメディア上で最も一般的なタイプのコンテンツです。Facebookの短文投稿からウェブサイトの長文記事、コメントからフォーラムのスレッドまで、さまざまなテキストをモデレートする必要があります。   機密性の高いコンテンツは必ずしも明らかではないため、テキストモデレーションは困難な作業となります。テキストモデレーターは、コンテンツに使用されている言語と、対象コミュニティの文化的行動を深く理解し、不適切な言葉があるかどうかを判断する必要があります。   2.2. 画像  画像は、ソーシャルメディア上でモデレートすべきもう一つの主要なタイプのコンテンツです。画像のモデレーションの一般的な目的は、ヌード、露骨な画像、暴力、武器、過激派などの兆候を示すことです。  ソーシャルメディアの画像モデレーションには、モデレーターの強い精神力が必要ですが、これは扱う画像が高ビジュアルの特性を持つことに起因します。   2.3. 動画  ソーシャルメディアにおける動画のモデレーションは、動画全体を注意深く見る必要があるため、時間のかかる作業となります。また、動画の中にテキストや画像のモデレーションが存在することもあるため、動画審査にはテキストや画像のモデレーションのタスクが含まれることが多い。  3. ソーシャルメディアにおけるモデレーションの種類 ソーシャルメディアにおけるモデレーションの方法論は、便利なコミュニケーションを促進することや、感度の高いチャンネルを維持することを優先するかによって、さまざまなものがあります。ここでは、ソーシャルメディアのモデレーションの代表的な5つのタイプを紹介します。  3.1. プリモデレーション Facebookのグループに投稿して、管理者が承認するのを待つのを覚えていますか?これは、ソーシャルメディアコンテンツの事前節制の一例です。ここでは、プラットフォーム上で公開する前に、すべてのコンテンツをスクリーニングします。   このタイプのコンテンツ・モデレーションは、サイト上から機密性の高いコンテンツをすべて排除し、サイトのクリーンさを優先させたい場合に最も役立つ方法です。それでも、即時対応やバリアフリーなコミュニケーションを望むユーザーにとっては、障壁となります。  3.2. ポストモデレーション  ソーシャルメディアのポストモデレーションを適用すると、ユーザーのコンテンツはすぐに表示され、後で審査されるキューに複製されます。  この方法は、人々が交流の際に即時性を優先するようなアクティブな環境で役立ちます。ソーシャルコミュニティがまだ大きくなく、リアルタイムのコミュニケーションを促進したい場合、ポストモデレーションは理想的な方法でしょう。  しかし、このモデレーション手法では、レビュー時間を考慮する必要があります。例えば、悪いコンテンツが公開されてからレビューされ削除されるまでの時間が長すぎると、ユーザーとあなたのブランドの両方に悪い影響を与える可能性があります。  3.3. リアクティブ・モデレーション  これは、不適切と思われるコンテンツやコミュニティガイドラインに違反するコンテンツをコミュニティメンバーにフラグアップさせ、それを管理者やモデレーターチームに送信する方法です。上記の方法と同時に適用することで、レビューの質を高めることができます。  リアクティブ・モデレーションは、モデレーションに多くの余分なリソースを費やすことなく、コミュニティの成長をスケールアップするためのコスト効率の良い方法です。しかし、ポストモデレーションと同様に、ソーシャルメディア上のコンテンツモデレーションのこの方法は、望ましくないコンテンツがサイト上に長期間存在する可能性があります。   3.4. 分散型モデレーション  分散型モデレーションは、リアクティブ・モデレーションの親戚のようなものです。しかし、この場合、サイトのオーナーは、コミュニティのメンバーに権利と責任を完全に譲り渡します。すべてのコンテンツは、コミュニティによって評価され、投票され、最低ランクは隠されるか、削除されます。 ...

ヘルスケア業界における4つの基本的なブロックチェーンの適用

ヘルスケア業界における4つの基本的なブロックチェーンの適用

ブロックチェーンは、民主的で分散型の透明なデジタル経済に新しいテクノロジーとして登場しました。 ヘルスケアにおける多くのブロックチェーンの適用は業界に革命を起こし始めており、ますます多くのヘルスケア組織がロックチェーンの適用により多くの注意を払っています。 したがって、ブロックチェーンがヘルスケアでどのように使用されているかを調べてみましょう。 ブロックチェーンはヘルスケアでどのような問題を解決できますか。 さまざまな医師のところで、何度も何度も病歴について同じ質問をられると想像してみてください。とても面倒で手間がかかりますよね。そして、自己提供の医療データの100%の正確性を保証することはできません。 しかし、なぜ私たちはケアプロバイダー間でヘルスケアデータを共有しないのですか。「共有」における「プライバシー」と「セキュリティ」に関する問題を気になります。 また、PubMedによりますと、開発途上国で販売されている10錠のうち最大5錠が偽造されています。 一方、製薬業界の現在のサプライチェーンのほとんどは、透明性と説得力が不足しており、患者ケアサービスの利用や医療品の購入をためらうことがあります。 上記は、ヘルスケア業界で問題の例です。 ブロックチェーンテクノロジーは、データを線形かつ時系列で記録する分散型台帳と見られています。この場合、データは入力された後に変更できません。 一方、ブロックチェーンでのデータは、プライベート、パブリック、その両方の組み合わせである可能性があります。 したがって、それは、医薬品の偽造や不透明な医療能力を防ぎ、健康データの体系的な収集と管理を可能にし、医療ビッグデータの分析を容易にする行為に貢献することができます。 4 ヘルスケアにおける主要な ブロックチェーンの適用 1. 透明性のある医薬品サプライチェーンの構築 サプライチェーンの情報共有は新しい概念ではありません。 代わりに、エンタープライズリソースプランニング(ERP)システムのおかげで、1990年代から実装・開発されています。 しかし、約20年経った今でも、偽造は製薬業界で最大のチャレンジの1つです。 大規模な医療サプライチェーンでは、可視性とアクセス可能性がチャレンジとなっています。 現在のほとんどのERPシステムでは、すべての当事者が、各当事者の財務台帳に保存されている関連情報のフローにアクセスすることはできません。 これにより、データに死角が生じ、情報の比較とデータの競合の解決を手動で行う必要があります。 ブロックチェーンテクノロジーによりますと、サプライチェーンの可視性とアクセシビリティのチャレンジを解決し、データを比較するプロセスを簡素化できます。 ブロックチェーンにより、さまざまなトランザクションを統合し、すべてのデータを共有の台帳に保存できますので、すべての関係者が情報を追跡して決定を下すことができます。 また、ブロックチェーンでブロックごとにデータが線形かつ時系列で記録されますので、データの競合が発生した場合は、関連するすべてのアクティビティを簡単に追跡できます。 したがって、ブロックチェーンテクノロジーを利用して、薬剤のライフサイクルを記録し、薬剤の追跡可能性を高めることができます。 それがどのように動くのかを見てみましょう。 例えば、生産ラインから患者までのプロセスは、薬剤が材料提供者、卸売業者、製造業者、輸送業者、薬剤師、販売業者等、様々な関係者に渡されると想像してください。 薬剤がプロセスで渡されるたびに、情報が記録され、誰にでも見えるようになります。 もっとあります! ブロックチェーンでいくつかのテクノロジーは、22 Kbの固定サイズのみのMinaプロトコル等、ブロックサイズの最適化に役立ちます。したがって、ステークホルダーは、システムを圧倒することなく信頼を高めるために、テキストデータに加えて画像やビデオを入力できます。 また、影響の側面については、ロジスティクスプロセスのスピードアップに加えて、情報がすべてのステークホルダーによって確認・保証されますので、人々はサプライチェーンに対して信念を高めるようになります。   2. 医療スタッフ記録のレビュー サプライチェーンの透明性と同様に、ブロックチェーンテクノロジーを完全に使用して、以下の通りに、医療スタッフの経験と知識のハブを開発・追跡できます。 教育機関によって検証された彼・彼女の学歴。 雇用主によって提供された彼・彼女の仕事の経験。 関連当事者によって承認された彼・彼女の業績と賞。 そのメリットは何ですか。患者にとって、ケア提供者を選ぶとき、より多くの証拠を持っています。 ヘルスケア組織にとっては、採用と昇進においてより信頼できる情報源を持っています。 また、医療証明書の偽造を防ぎ、より良い医療産業をもたらします。   3. 健康データの収集と管理の強化 断片化されサイロ化された患者の記録は、ヘルスケアシステム全体に障壁になっています。 現在の電子医療記録ソフトウェアシステム(EHR / EMR)は、医療のビッグデータの収集と管理において最適な状態に達していません。 この場合、ブロックチェーンテクノロジーは、既存のEHR / EMRソフトウェア(電子医療記録ソフトウェア)と医療機関に接続するスマートな医療エコシステムの開発に役立ちます。 ここでは、組織は必ずしもデータをブロックチェーンに直接入力する必要はありません。...

2022年と近い将来の教育におけるテクノロジーのトップ・トレンド

2022年と近い将来の教育におけるテクノロジーのトップ・トレンド

教育工学の市場規模(EdTech)は2021年に1064.6億ドルに達し、Grand View Researchによりますと、2022年から2030年まで16.5%のCARGで成長すると予想されています。 この市場には、従来のクラスでの学習体験を強化し、「リモート」のトレンドの中でオンライン学習を促進するためのハードウェアおよびソフトウェアテクノロジーが含まれています。     インターネットとデジタルテクノロジーの普及は、私たちの学習方法を劇的に変更しました。 人々はオフラインからオンライン教育へ、そして印刷された学習資料からグローバルにアクセス可能なデジタルコンテンツへと移行しています。 また、世界経済フォーラムによりますと、最近のCOVID-19のパンデミックは、1.38億人の学生が物理的な学校に通うことができなくなった後、eラーニングへの移行に大きく貢献しています。 それでは、現在・今後数年間でeラーニングを変革している EdTechの動向 を探りましょう。   1. サブスクリプション・ラーニング ワシントンポストによりしますと、サブスクリプション経済、特にサブスクリプションのラーニングは2025年までに1.5兆ドルに達すると予測されます。 このモデルを使用する場合、人々は通常、オンライン学習サービスプロバイダーに月額または年額のサブスクリプションを支払い、オンラインコースにアクセスします。 サブスクリプションベースのラーニングは、教育工学の新たなトレンドの1つと見なされています。 近年、Skillshare、Coursera、Udemy等のサブスクリプション・ラーニングのプラットフォームの急速な発展が見られます。 Skillshareの場合は、2021年の時点で、2010年の設立以来、1,300万人の登録学習者と約3,500万の登録の件があります。   2. 仮想現実と拡張現実 仮想現実(VR)と拡張現実(AR)は、ライブエクスペリエンスを作成し、学生が勉強していることを感じられるようにするために使用されます。 学生は、ただ写真を見たりビデオを見たりする代わりに、VR / ARテクノロジーを使用して、対象環境にうまく溶け込み、高度な視覚化を実現します。 VRとARは、科学、文化、旅行等のさまざまな分野での没入型学習に利用できます。 VRとVR支援のラーニングは、教育工学の最近の傾向であるのみならず、近い将来も成長し続けるでしょう。 VRの会社の一例は、 EdTech市場 の主要なVRプロバイダーの1つであるVeativeLabsです。 2022年の初めに、仮想現実のヘッドセットをインドの学校に導入しました。 もう1つは、ラーニング・トレーニング活動のためのメタバーススペースを提供するENGAGEMetaverseです。   3. 教育におけるゲーミフィケーション 教育におけるゲーミフィケーションとは、ゲームのような環境を開発して、授業中のエンゲージメントを促進し、退屈を減らすことです。Finances Onlineによりますと、チャレンジベースのゲーミフィケーションにより、教育のパフォーマンスが34.75%向上します。 Duolingoで言語を学んだことはありますか。 ゲーミフィケーションは、教育工学の新しいトレンドであるだけではありません。 実際、学習を楽しくするという行為は、長年にわたって子供たちに教えるために適用されてきました。 それでも、EdTechの進歩により、教育におけるゲーミフィケーションは年々より高いレベルになりました。   4. 稼ぐために学ぶこと ブロックチェーンのような新しいテクノロジーの出現は、web3ソーシャルメディアの新しい概念である「稼ぐために学ぶこと」をもたらしています。稼ぐために学ぶことというのは会社に関する文書を読んだ後、知識を証明するためのテストを受ける等、オンラインで何かを学ぶことで報酬を得るということです。 現在主流ではありませんが、稼ぐために学ぶことは間違いなく教育工学の将来のトレンドの1つです。 ブロックチェーン業界の多くの企業は、「暗号を学ぶ-暗号を稼ぐ」のスローガンのCoinmarketcapのように、この傾向を採用していますが、それでも基本的なレベルです。 近い将来、web3ソーシャルメディアはユーザーが知識を学ぶことでお金を稼ぐことを可能にし、報酬メカニズムがスマートコントラクトによって構築されるようになる場合、この概念が花開くかもしれません。   5. AI支援のラーニング 人工知能と機械学習(AIとML)は、農業、製造、自動車、教育等のさまざまな分野で徐々に採用されています。 特に、AIは、多肢選択式の質問の採点、教室の弱点を特定するための生徒の行動の観察、混雑した環境での学習を個別化するために各生徒に個別の注意等、オンライン教育でさまざまな用途があります。...

2022年の7つの流行っている IT採用動向

2022年の7つの流行っている IT採用動向

IT採用は、絶え間なく変化する市場です。絶えず変化するテクノロジーと新しい働き方が、世界中の企業が従業員を調達して採用する方法を形作っています。 特に、過去2年間で、パンデミックの流行は、世界中の多くの企業の働き方を変更しました。従来のオフィスでの働き方から、リモートワークやハイブリッドワークもだんだん身近になりつつあります。リモートワークがもたらすメリットのために、多くの人がに興味を持つようになるという事実は、IT業界の採用動向にも大きな影響を与えます。 このような状況、そして、ITリソースの深刻な不足、及び激しい市場競争などのITエンジニア採用難に直面していますので、企業は、IT人材の採用プロセスにますます注目し、投資するようになってきています。また、市場における現在の採用動向を把握することにより、適切な採用方法の計画と選択に大いに役立ちます。 以下の記事を通じて、IT業界の7つの採用動向をご覧ください。   2022年の7つの流行っている IT採用動向 1) DE&Iに焦点を当てること 多様な労働力を生み出すことは、現在の急速に変化するグローバルな世界で競争するための不可欠なものであることは広く知られています。労働力の多様性とは、年齢、文化的背景、身体的能力と障害、人種、宗教、性別、性的指向に関する従業員間の類似点と相違点につながるという意味です。 労働力の多様性に関連するいくつかの調査の結果は以下の通りです。 より多様で包括的であると特定された企業は、競合他社を35%上回る可能性があります。 (マッキンゼー) 多様な企業が新しい市場を獲得する可能性が70%高くなっています。 (HBR) 多様なチームは、意思決定において87%優れています。 (People Management) 多様な管理チームを持つことにより、収益が19%増加します。 (BCG) ModernHireのチーフプロダクトオフィサーであるピーターバスキンは、「より多様な労働力を生み出すには、採用プロセスからの無意識の偏見を減らし、排除することで、採用担当者は多様な従業員を雇用する必要があります。しかし、私たちが無意識の偏見に陥りやすいため、それらに基づいて決定を下していることに気付かないことが多いことを考えると、それは簡単な話ではありません。」と述べていました。 Greenhouseの担当副社長であるシェリル・ルービアン氏は、採用プロセスの偏見を根絶し、従業員を公平に昇進・育成するシステムを構築するツールを探している企業が増えていると述べました。 「これは新しいアイデアとはほど遠いですが、意識の高まり、才能の利用可能性、地理的な柔軟性の合流点は、より多様なチームを作るための適切なツールに投資することの重要性を増幅し続けます。」 2) リモートリの採用のプロセス パンデミックのこれまでにない影響のために、企業は採用慣行をほぼ完全に仮想モードに移行する仕方がありません。 Googleの採用マネージャーであるジェームズ・デュラゴは、仮想採用は今後も続くと考えており、パンデミックよりも長持ちします。 「利便性とコストというメリットのために、企業が従業員をオフィスで働かせ始めたとしても、この傾向は実際に続くと思います」とデュランゴ氏は言います。 ワクチンやその他の治療法の登場によりパンデミックは抑えられましたが、採用担当者と候補者の両方にとって便利で費用効果が高く、時間の節約になりますので、遠隔面接の傾向は今後も続くと思われます。また、リモートインタビューは、企業がオフィススペースを縮小し、リモートワークによる生産性の向上を活用するにつれて、2022年にさらに勢いを増す傾向にあります。 さらに、選択プロセスの変更により、企業は候補者プールをリモート候補者に拡大できます。 3) リモートワークを導入して候補者を引き付けること McKinsey&Companyによりますと、パンデミックはリモートとハイブリッドへの移行を劇的に加速させました。この移行はスムーズではありませんが、多くの組織は、リモートワークが会社とその従業員に大きなメリットをもたらすことを発見しました。この発見は、従業員の経験の新しい採用トレンドへの新たな焦点に道を譲りました。 具体的には、いくつかの企業は、候補者に組織でのポジションを受け入れるように誘致するためにリモートワークのポリシーを導入しています。多くの専門家は、士気と満足度を高めることができるため、在宅勤務が好きです。したがって、リモートワークを導入することは、複数の雇用オファーを受けた候補者にとって重要な決定要因となりますので、雇用主に利益をもたらします。 様々な企業もインターネットの特典、モバイル給付金、優れた椅子やスタンディングデスク等の必要かつ適切な機器を提供することにより、最高の家庭内作業環境を作成しようとしています。 企業が既存の才能を維持しようと努めるにつれて、このアプローチの実装はこれまで以上に重要になっています。特に労働者の不足が続いていることを考えると、新しいスタッフを雇うよりもはるかに費用効果が高いです。 4) ソフトスキルに基づく候補者の選択 ITセクターにとって、技術スキル、成績、実務経験は非常に重要ですが、近年、ソフトスキルの重要性が大幅に高まっています。 LinkedInの調査によりますと、タレントの専門家と採用マネージャーの92%が、採用においてはハードスキルよりもソフトスキルの方が重要であると述べています。 89%は、質の低い従業員に適切なソフトスキルが不足していると述べています。 “ソフトスキルは、従業員がどのように働き、問題を解決し、同僚や他の部門とコミュニケーションをとるかを示します。ハードスキルに加えて、優れたソフトスキルを持つ人は、特に現在ますます人気が高まっているリモートワークの傾向の中で、個人、チームのパフォーマンスを向上させ、労働力を活性化するのに役立ちます。さらに、ソフトスキルの高い人は、さまざまなポジションや役割の間を柔軟に移動できるようになります 5) 採用の分野でのソーシャルネットワークの使用の最適化 新しい仕事を探すときにソーシャルメディアの使用は、10年以上にわたって増加しています。実際、Glassdoorは、求職者の79%が就職活動を行う際にソーシャルメディアを使用していると述べています。 組織の84%以上がソーシャルメディアを介して採用しており、さらに9%がまだ採用活動を行いません。 比較的低コストで、被験者の採用に制限がありませんので、潜在的な候補者を検索・誘致・採用するために、チャネルとしてソーシャルネットワークを選択することは、ますます人気があり、競争が激しくなっています。 6) 高度なスクリーニングツールの使用 新たな採用トレンドのリストの次は、高度なスクリーニングツールの使用です。スキルテストやその他の評価ツールは何十年も前から存在していますが、たくさんの組織が履歴書を確認して面接を行うことで候補者を選別しています。これらの戦術には確かにメリットがありますが、候補者のスキルと能力に関する定量化可能なデータは提供されません。 スキルテストにより、雇用主は候補者をより効果的に選別し、採用プロセスを短縮することができます。候補者が他の場所で職を探す前に、企業が質の高い候補者に雇用機会を提供するために、合理化が不可欠になっています。スキルテストは、資格のない個人を除外するのにも役立ちます。 スキルテストに加えて、いくつかの企業はスクリーニングプロセスの一部として行動評価を実施しています。行動評価は、強い労働倫理やモチベーション等、応募者のコア属性への洞察を提供します。 7) データ主導の採用とHR分析 データ主導の採用とは、プラットフォームとデータベース分析を採用プロセスに適用し、それによって採用決定を行うということです。...

オフショア開発のメリット 3つ:どんなメリットですか?

オフショア開発のメリット 3つ:どんなメリットですか?

ITオフショア開発は、長年にわたってテクノロジー業界のトレンドとなっています。 ハイテク企業は、オンショア、ニアショア、オフショアのベンダー、アジャイルやウォーターフォールのモデルを選択できます。 それでも、オフショア開発モデルと作業方法にかかわらず、企業がオフショア開発のサービスを選択する理由は、主に次のような3つの主要なメリットということです。 ビジネス競争力の向上 コアビジネスにより良い集中 ビジネススケーラビリティの改善 この記事では、このようなオフショア開発のメリットの特定の要素を掘り下げて、ソフトウェア開発を受託することの真の目的を理解し、ビジネスにとってより良い決定を下せるようにします。 1. ビジネス競争力の向上 ビジネスの競争力とは、収益性を確保しながら、高品質、低価格、市場投入までの時間を短縮した製品・サービスを生産する能力です。 ハイテク企業は、オフショア開発のサービスの次の利点を活躍して、ビジネスにさらに競争力を向上できます。 コスト削減 デロイトの2020年版 グローバル アウトソーシング サーベイによりますと、アウトソーシングを選択した企業の70%が、コスト削減のメリットのためにアウトソーシングを選択したことを示しました。 一方、国際標準化機構(ISO)は、アウトソーシングによって平均15%のコスト削減を示しました。 人件費、採用費用、管理費用は、ソフトウェア開発における最大のチャレンジです。 逆に、ベトナム、インド、中国等の主要なアウトソーシング国の ソフトウェア開発者 を採用することで、企業は地域間の価格の差分を活用し、ソフトウェア開発コストを削減できます。 市場投入までの迅速な時間 私たちの経験によると、強力な開発者を擁する信頼できるITパートナーに開発プロセスを受託することで、企業は特に絶えず進化するIT分野で、新しいテクノロジーソリューションをより迅速にリリースできます。 また、障壁と見なされていたタイムゾーンが、オフショア開発においてメリットになる可能性があります。 ベンダーがさまざまな地域にオフィスを成立した場合は、ソフトウェア製品を24時間年中無休で開発し、ソフトウェアの市場投入までの時間を短縮できます。 拡張リソース ITオフショア開発とは、より多くのIT業界の専門家へのアクセスを拡大し、プロの ソフトウェア開発者 が作成した最先端の品質のソフトウェアを企業に提供するという意味です。 もちろん、高品質のソフトウェアは、運用コストが少なく、ビジネスへの支援が多く、会社の競合他社よりも優れた顧客体験と満足度が得られます。 また、高度なセキュリティ機能と攻撃に耐える強力な機能が保証されていますので、運用中の潜在的な損失を防ぐことができます。 新しいテクノロジーと歩調を合わせること テクノロジー業界に数年携わっている場合、古いテクノロジーを扱うことは快適な体験ではないことに気付くでしょう。これは、最適な効率と優れた顧客体験を提供できないのみならず、サイバー攻撃等の悪い行動の主なターゲットでもあります。 Gartnerの調査によると、IT人材が不足していると、新しいテクノロジーの64%に採用の障壁が生じます。 同時に、ITベンダーは、競争力を強化するために、革新的なテクノロジー機能で人材プールを絶えず更新しています。 そのため、企業は革新的な最先端技術に裏打ちされたソフトウェアを提供するために外部委託することができます。   2. コアビジネスにより良い集中 焦点を絞ることは、常にオフショア開発の決定における決定要因の1つです。 オフショア開発企業の ソフトウェア開発者 を採用することにより、企業は実装と管理の工数を削減し、情報セキュリティ要因への圧力を軽減し、コアビジネスプロセスにより重点を置くことができます。 工数の削減 当然ながら、ノンコアビジネス管理を委任することで、工数を分散する機会コストを排除し、主要なエリアに工数を増やし、生産性を向上させ、リソースを適切なところに配置することができます。 また、技術人材戦争の中での技術人材不足は、ソフトウェアを開発したい企業にとって頭痛の種になる可能性があります。 したがって、オフショア開発チームを採用することにより、事業主は工数不足の問題を解消し、コアビジネスに集中することができます。 情報セキュリティ要因への圧力の軽減 プロジェクトのデータ漏洩は経済的損害につながり、企業の競争力に影響を及ぼし、サードパーティの情報侵害に関する法的な問題のリスクさえももたらす可能性がありますので、ソフトウェアを開発する際に、情報セキュリティも懸念事項です。 通常、情報セキュリティに関して、内部開発者の意識を高め、開発プロセス中にこれを確実にするために、かなりの工数が必要です。 代わりに、ソフトウェア開発を受託する場合、企業はこのプレッシャーをベンダーに引き渡し、多層セキュリティプライバシーを介してプロジェクト情報を保証することができます。   3. ビジネススケーラビリティの改善 高いスケーラビリティは、オフショアソフトウェア開発のもう1つのメリットです。...

ソフトウェア開発の課題 トップ5と解決策

ソフトウェア開発の課題 トップ5と解決策

現在、スタートアップのみならず、テック・ジャイアンツも、ソフトウェアを独立して構築する際に多くの ソフトウェア開発課題 に直面しています。 何百ものソフトウェア製品を6年間開発した後、ソフトウェア開発で最もよく見られる問題は、コードほど明確で目に見えないことがわかります。 今日は、ほとんどのテクノロジー企業が直面する必要がある ソフトウェア開発の課題トップ5を紹介させていただきます。 人材関連の問題 プロジェクトの見積もり テクノロジー 品質問題 セキュリティ 1. ソフトウェア開発における人材関連のチャレンジ “私たちは、人材の採用と育成ほど重要なことはないと確信しています。 結局のところ、戦略ではなく、人々に賭けます。” — Lawrence Bossidy、Honeywellの元CEO。 企業のどのような状況においても、最大の問題は、「人間」に関する問題です。「適切な人材」が不足している場合、目標の設定、計画、実行、修正、実現に苦労します。 それでは、人間の観点からソフトウェア開発のよく見られる問題を深く掘り下げてみましょう。 高い ソフトウェア開発人件費 IT業界での経験があれば、ソフトウェア開発の人件費が他の多くの分野よりも大幅に高いことをご存知でしょう。例えば、Glassdoor によりますと、米国でソフトウェア開発チームの平均給与は次のとおりです。 表から、米国の平均年収である53,290ドルの約2倍であることがわかります。 時間のかかる採用プロセスは言うまでもなく、多くの雇用主は、テクノロジー人材戦争で他の企業と競争するために従業員の報酬を上げる必要があります。 ソリューション:新しいソフトウェア開発チームの採用は、給与と採用コストの点で高額ですので、次のことをお勧めします。 ソフトウェア開発人件費 が安いかどうかを確認するために、従業員紹介プログラムを適用すること。 ソフトウェア開発サービス委託を検討すること。Deloitte 2020のグローバルアウトソーシング調査によると、アウトソーシング企業の70%は、コスト削減のメリットのためにオフショア開発サービスを使用しています。 ソフトウェア開発エンジニア の不足 IT人材の不足は、何年もの間、技術企業にとって頭痛の種です。CEOの50%以上が、IT人材の不足を懸念しています。 同時に、Talentlmsの調査によると、「大量退職」はIT業界を脅かしており、技術者の72%が今後12か月以内に仕事を辞めることを考えています。 Gartnerのレポートによると、IT人材の不足はソフトウェア開発における重大な問題と見なされており、その結果、現在のソフトウェアソリューションのリソースが不足し、さらに、新興技術の64%に採用の障壁が生じます。 ソリューション:従業員紹介プログラムとは別に、受動的な技術者はこの問題の優れた戦略になる可能性があります。 潜在的な候補者の72%が受動的に就職活動をしている中ですので、そのような受動的な技術者を利用して人材プールを増やすことができます。 コミュニケーション不足と紛争の発生 “コミュニケーションにおける唯一の最大の問題は、コミュニケーションが取られたという幻想です。”   –  George Bernard Shaw ソフトウェア開発には、明確で継続的なコミュニケーションが必要です。 ソフトウェアを完成させるためにさまざまなステークホルダーが多くの工程に参加しますので、たくさんの情報を伝達する必要があります。 また、ソフトウェア開発チーム内で競合が発生する可能性があります。 例えば。 POさんは結果について技術リーダーと意見が一致しないことや開発者はコードの問題についてテスターと議論することの問題がよく発生します。 このような競合は、プロセスの速度を低下させ、ソフトウェアの品質を低下させることに過ぎません。 ソリューション:基本的ですが有用な戦略は、効果的なコミュニケーションチャネルを設定し、必要に応じて定期的な会議をセットアップして、物事を明確にすることです。 2. ソフトウェア開発におけるプロジェクト見積もりのチャレンジ 工数の見積もり、期間の見積もり、予算の見積もりを含むプロジェクトの見積もりに関する問題は、ソフトウェア開発において、新しいソフトウェア開発者のみならず、経験豊富なソフトウェアの開発者にとってもよく見られる問題です。 なぜなら、ソフトウェア開発プロセスは、製品の計画、開発、テスト、展開等のの多くの工程がありまして、さまざまな技術者が参加する必要がありますので、工数を見積もるためには、初期に明確で詳細な製品の計画作成が必要です。 急速に進化するテクノロジーの性質は言うまでもなく、途中で計画を調整する必要があります。...

適切なブロックチェーン開発会社を選択する方法

適切なブロックチェーン開発会社を選択する方法

ビットコインは2008年に中本聡によって作成され、ブロックチェーン技術と分散型経済の新時代を示しました。 ブロックチェーンテクノロジーの実装でトップの ブロックチェーン開発会社 をお探しですか。 次の適切なアウトソーシングブロックチェーン開発会社を選択するための究極ガイドをご覧ください。 ブロックチェーン開発のサービスプロバイダーを選択するための3つのステップ: ステップ1︰ニーズを明確化することから始めること。 ステップ2︰プロックチェーン開発のアプローチを決定すること。 ステップ3︰手頃ななコストとニーズに合った優れたブロックチェーンのソリューションを持つ最高のブロックチェーンベンダーを選択してください。 考慮すべき5つの基準は次の通りです。 会社の専門知識と重点分野 ブロックチェーン開発のコスト 時間 柔軟性 セキュリティポリシー ステップ1︰ブロックチェーンの実装に関するニーズを明確化すること。 効果的なブロックチェーン開発のアウトソーシングプロセスのために、最初のステップは要件を理解することです。 これは、最も適切なベンダーを選択することと、パートナーがビジネスに適したブロックチェーンソリューションを選択することに役立ちます。 貴社自身に尋ねることができる質問が次の通りです。 ビジネスアイデア:貴社の製品は何ですか。どのような問題を解決していますか。どのようなソリューションを提供していますか。 タイムラインと予算計画︰ブロックチェーンを実装するためにどのくらいの時間とどのくらいのコストを費やしますか。 望ましい技術(ある場合):最高の製品を提供し、既存の製品よりも優れたものにするために、どのブロックチェーンのソリューションが好まれますか。 ステップ2:ブロックチェーンソリューションの実装方法を決定すること 通常、企業がブロックチェーンソリューションを実現するために、既存のフレームワークを使用する方法と独自のブロックチェーンを構築する方法の2つがあります。 既存のブロックチェーンを使用します。 既存のブロックチェーンの使用というのはレイヤー1ブロックチェーンフレームワークに基づいて、カスタムブロックチェーンベースのアプリケーションを開発するということです。 より簡単、迅速、かつ安価であすので、これはブロックチェーンテクノロジーを適用するための最も有名な方法です。 なぜ既存のブロックチェーンを使用すべきですか。ブロックチェーンフレームワークでカスタムコードを開発してdAppを構築するだけで、フレームワークが提供する強化されたセキュリティとスケーラビリティを利用できるからです。 Ethereum、Solana、BNBチェーン、Near、Avalanche、Corda、Stella、Cardano等はdApp開発者向けの2022年の最上位レイヤー1ブロックチェーンプラットフォー厶です。 スクラッチからブロックチェーンを構築します。 上記の方法と逆に、分散化、セキュリティ、スケーラビリティの目標バランスで、ビジネスにカスタムブロックチェーンをカイハします。 数百万ドル相当のバグがいつでも発生する可能性がありますので、開発、保守、保護には大きい工数が必要になります。 通常、アウトソーシングへの依存を減らすためにプライベートブロックチェーン・カスタムブロックチェーンソのリューションを必要とする企業は、この方法を選ぶことが多いです。 この場合、ブロックチェーン開発者は、以下の5つの有名な基準のみならず、ブロックチェーンロジックとアーキテクチャの確かな能力も必要とします。 ステップ3:最高の ブロックチェーン開発会社 を選択するための5つの基準 1. 会社の専門知識 豊富な経験を持つ会社を選ぶこと ブロックチェーンパートナーを雇うことは、基本的にブロックチェーン技術を専門とするソフトウェア開発会社を選ぶことです。 最高のブロックチェーンソリューションプロバイダーは、対象のブロックチェーン製品に関連する確かな技術スキルと経験を持つ必要があります。 ベンダがプロジェクトを実施したブロックチェーン製品とブロックチェーンプラットフォームが多ければ多いほど、特に商業的に実行可能なブロックチェーンテクノロジーの観点から、製品に最適なソリューションを提案できる可能性が高くなります。 それでも、ブロックチェーンテクノロジーが2017年~2018年にブームになり始めたばかりですので、すべてのブロックチェーンベースのアプリケーションにおける10年の経験を持つ会社を期待するべきではありません。 代わりに、ベンダのポートフォリオで次のものを探してください。 スマートコントラクトの開発 パブリック型・プライベート型のブロックチェーンの開発 ブロックチェーンウォレットの開発 NFTマーケットプレイス開発 分散型取引所の開発 暗号通貨の開発 どうやって確認するのですか。Clutch・Githubでポートフォリオをチェックして、どのブロックチェーンアプリケーションにおける経験があるかを確認できます。 また、それらのベンダとミーティングの予定を立て、経験について相談し、ブロックチェーンソリューションが貴社のニーズに合っているかどうかを確認します。 ベストなブロックチェーン開発者 を選択してください...

ご相談・お問い合わせ