ソフトウェアの品質保証についてインフォグラフィック:必要なあらゆる情報

ソフトウェアの品質保証についてインフォグラフィック:必要なあらゆる情報

ソフトウェア品質保証(SQA)は、ソフトウェア開発ライフサイクルの重要なプロセスです。テストの工程を通じて、ソフトウェアの不具合を早期に抽出し、最終の製品の納品前に修正することができます。 ソフトウェア品質保証がソフトウェア開発ライフサイクルで必須である理由 ソフトウェアのバグは、お金と人に重大な損失をもたらす可能性があります。Starbucksは、POSシステムでのソフトウェアのバグにより、取引を処理できなかったので、米国とカナダの店舗の約60%を閉鎖し、無料のコーヒーを提供することさえ余儀なくされました。 上記の例は、企業が信頼できる厳格なテストプロセスを持っている場合、深刻な問題を最小限に抑え、年間数百万ドルを節約できることを示しています。さらに、エラーがなく、多くの厳しい品質チェックを経たソフトウェアは、お客様の信頼と満足を簡単に獲得できます。また、コストを節約し、セキュリティを向上させ、持続可能な開発を促進するのにも役立ちます。 関連記事: ソフトウェアテストにまつわるよくある疑問    ソフトウェア品質保証プロセスを構築する上での課題と困難は何ですか。 ただし、企業は、最適なテストチームと厳格な品質管理プロセスを構築するために、次のような多くの課題に直面します。 人材リソースの高い初期投資コスト:Payscaleによりますと、2022年1月4日の情報に基づいて、ソフトウェアテスターの平均給与は56,468ドルです。ただし、ソフトウェアテスターエンジニアの投資コストは、給与のみならず、採用、トレーニング、その他の従業員福利厚生のコストも含まれます。 テストツールの初期投資コストが高い:人材リソースへの投資に加えて、企業は施設とテストツールの両方の予算を準備する必要があります。機械、テストツール、さまざまなテスト環境への投資のコストになる可能性があります。 ソフトウェアテストのバイアス:テスターはどのようにしてバグを見逃すのか。テスターがテストケースを実装するとき、自身のバイアスに影響される可能性があります。つまり、潜在的な不具合がある場所、プログラムの履歴、開発者、よくある間違い等に関する以前の経験に基づいて、考えや判断を組み立てます。 次のインフォグラフィックは、SQAに関する最も深い知識を提供し、この課題をより簡単に克服するのに役立ちます。 ソフトウェアの品質保証についてインフォグラフィック   まとめ 上記の詳細なインフォグラフィックで、LTS Groupは、この分野についての理解を深め、ビジネスのQAプロセスを最適化し、市場投入までの時間を短縮するための最適なソリューションを見つけるのに役立つことを願っています。それでも問題が解決せず、さらに専門的なアドバイスが必要な場合は、LTS Groupの専門家がお手伝いします。 Website: https://ltsgroup.tech/jp/ Tel: (+84) 24-6660-7474 Linkedin: https://www.linkedin.com/ltsgroup

ビジネス向けのカスタムWebアプリの開発:2023年の完全ガイド

ビジネス向けのカスタムWebアプリの開発:2023年の完全ガイド

この記事を読んている場合、特定の問題を解決したり、ビジネスのもう1つの成長基盤を推進したりするために、Webアプリ開発の理由とガイドを探しているようです。 そのため、Webアプリ開発の全体像を分析するために、一連の情報を調査してまとめました。そのため、より明確になり、より深く理解し、Webアプリ開発のベストプラクティスを得ることができます。 コーヒーを飲みながら、私たちと一緒に見つけましょう!   Webアプリとは? Webアプリとも呼ばれるWebアプリは、Webブラウザーからアクセスでき、使用するためにダウンロードする必要がない特定の機能を備えたアプリソフトウェアです。 たとえば、ショッピングカート、オンラインフォーム、スプレッドシート、ファイル変換、ビデオ編集等は、典型的なWebアプリです。 Webベースのアプリは、次の2つの主要コンポーネントで構成されます。 フロントエンドとは、ユーザーがWebアプリと直接対話するクライアント側を指します。 バックエンドとは、情報を保存・処理するアプリのサーバー側を意味します。     カスタムWebアプリでビジネスに何ができるか? ビジネスの決定に関しては、メリットが重要です。ビジネスにWebアプリの開発の上位6つの利点を見ていきましょう。 1.ブランディング効果 カスタムWebアプリは、さまざまな面で適切に実行されたフロントエンドを備えている場合、ブランドの顔となり、インターネットを介してブランドの認知度を高めることができます。 Webアプリを持つということは、製品やサービスを紹介し、より多くのお客様を引き付ける方法がもう1つあるということでもあります。 2.ビジネスの範囲を広げること ネイティブアプリとは異なり、Webベースのアプリは、お客様がインターネットに接続している場合、ほぼすべてのデバイス・ブラウザーから24時間年中無休でアクセスできます。したがって、ビジネスがグローバルなお客様にアクセスする際の地理的な障壁を取り除くには、Webアプリの開発を検討する価値があります。 3.煩わしさの軽減 Webアプリのもう1つの利点は、企業とお客様の両方の煩わしさを軽減できることです。 企業側では、Webアプリ企業の最も明白な利点は、ハードウェアを管理する必要がなく、スペースの制限に悩まされることもありません。 お客様側では、Webアプリを使用するということは、ユーザーのコンピューターの技術要件が低くなることを意味します。ユーザーは、Webベースのアプリを使用するために、コンピューターシステムをダウンロードしたり、変更したり、バージョンを更新したりする必要はありません。 4.クロスプラットフォーム互換性の向上 企業がWebベースのアプリを使用するもう1つの理由は、従来のインストール済みソフトウェアよりも優れたクロスプラットフォーム互換性です。Webアプリを介して、すべてのお客様が定期的に更新される同じバージョンにアクセスしますので、互換性の問題が解消されます。 5.経済的利益 複数プラットフォームのWebアプリを開発することは、プラットフォームごとに個別のアプリを開発するよりもはるかに合理的です。ハードウェアストレージを必要としないことも、コスト削減に貢献します。 6.セキュリティの強化 デスクトップベースのソフトウェアと比べると、データがリモートサービスに保存されているWebベースのアプリは、個々のコンピューターへの依存を減らすことができますので、コンピューターが損傷したり攻撃されたりした場合のコストとリスクを排除できます. また、ヒューマンエラー・プログラムエラーによってデータが失われた場合でも、ビジネスのデータをクラウドから迅速に復元できます。   WebアプリとWebサイトとモバイルアプリの比較 Webサイト Webアプリ モバイルアプリ ブラウザー経由でアクセスされる、静的コンテンツがあるWebページのコレクション ブラウザ経由でアクセスして、特定の機能を実行するソフトウェアアプリ モバイルデバイスからアクセスして、特定の機能を実行するソフトウェアアプリ オフラインでアクセスできません オフラインでアクセスできない オフラインでアクセスできる 複数のデバイスでアクセス可能 複数のデバイスでアクセス可能 モバイルデバイスでのみ動作 ダウンロードは必要ありません ダウンロードは必要ない ダウンロードが必要 ユーザーにとってインタラクティブではなく、情報提供を目的として作成 インタラクティブで、ユーザー入力に応答 インタラクティブで、ユーザー入力に応答 モバイルユーザーとデスクトップユーザーが対象 モバイルユーザーとデスクトップユーザーが対象 モバイルユーザーのみが対象 シンプルな機能 多くの場合、多様化し、複雑な機能を持ってい...

2023年におけるオフショア開発国の5トップ

2023年におけるオフショア開発国の5トップ

技術開発の需要はますます大きくなっていますが、特に技術先進国では、国内の人材は迅速かつ効率的に対応することができません。一方、開発途上国の人材は、テクノロジー産業での雇用機会が不足しています。オフショア開発センター(ODC)のセットアップは、その不均衡を解決するためのワンストップソリューションです。 ODCは、ソフトウェア製品開発チームをリモートで実行運営するために必要なインフラストラクチャ、サポート、機器を提供するアウトソーシング開発会社ですが、生活水準がはるかに低い別の国にあります。 IT開発のためにオフショアチームを作る予定がある企業が増えいますが、そのような企業は同じ質問に直面しています。 この記事は、ITタレントプール、テクノロジーランドスケープ、語学力、平均給与範囲、ランキング・実績の5つの要因に基づいて、トップ5か国がODCを設立するのに適しているかどうかを評価します。さらに、この記事では、最も客観的な見方で、各市場のデメリットもリストします。 オフショア開発国のトップ 1. ベトナムにおけるオフショア開発センターの設立 タレントプール 480,000名のソフトウェア開発者・ITエンジニア 毎年57,000名のIT学生が卒業 5年以上の経験を持つシニア開発者の数は約30%を占め、3年未満の経験がある開発者は52.1%を占めています。 ランキング・実績 2020年のGlobal Skills Indexによりますと、テクニカルスキルはアジア太平洋地域で第2位、世界で第22位にランクされます。 Acceleranceの2022 Global Software Outsourcing Trends and Rates Guideによりますと、SEAのソフトウェアアウトソーシング先のトップ2です。 Best Developers Surveyによりますと、世界でトップ10の国です。 テクノロジーランドスケープ React、Java、MySQL、SpringBoot、Laravel、.NET Core、Django、AWSは、技術スタックで最も人気のある技術です。 開発者の雇用コスト 1時間あたり$10~$40 短所:言葉の壁 ベトナムのソフトウェアエンジニアは、英語の読む力と書く力は得意ですが、聞く力と話す力は苦手です。しかし、ベトナムにおいて、ソフトウェア開発者の英語力は今や「必須」の要件となっています。これにより、開発者は英語のスキルをより真剣に練習する必要があります。 その他のメリット: 政府の支援:多くの外国企業は、共産主義の政治体制の硬直性を恐れているかもしれません。しかし、ベトナム政府は経済をより近代的でビジネスに適したものにするために懸命に取り組んでいますので、この急速に成長する経済には安定した安全な基盤があります。世界中の外国投資が歓迎されており、外国の組織がベトナムで事業を立ち上げることが容易になります。現在、政府はベトナムでITを教える20以上の学校を開く計画があります。その後、政府は企業と提携して若者向けの短期トレーニングコースを増やし、若者が実生活での経験を積む機会を増やす手助けをします。 Covid-19中のベトナムの安定性:ベトナムは、政府による迅速かつ効果的な行動のおかげで、これまでのところ、Covid-19の状況に応答するのに世界で最も優れた国の1つです。その結果、ベトナムのテクノロジー企業は疫病の深刻な影響を受けておらず、熱意と勤勉な姿勢を維持しながら、正常に運営・発展しています。ベトナムのエンジニアリング力は、質と量の両方でまだ保存されています。Covid-19後も、作業環境とインフラストラクチャは引き続き保証されています。さらに、ベトナムは過去30年間、政治的混乱を経験していませんので、Covid-19の間でも安定した経済成長率を維持することができました。TopDevのVietnam IT Market Report 2021によりますと、COVID-19の1年後、ベトナムは、2021年3月の時点でCOVID-19への対応が最も上手なトップ5か国にリストされています。 言語能力:ベトナムの開発者の 58.40% は仕事で基本レベルの英語を使用できます。TopDevによりますと、EF Education First English Proficiency Indexによると、ベトナムの開発者の英語レベルはアジアで13位、世界で65位にランクされています。英語に加えて、日本語も、ベトナムのみならず日本でも就職できる利点がありますので、多くのベトナム人が学ぶ外国語です。2018年に実施した調査では、ベトナムにおいては818機関で約174,500名が日本語を学習しています。ここ数年、ベトナムのトップ大学が情報技術の学生向け、日本語教育に取り組んでおり、日本語を話せる開発者も増えています。   オフショア開発を成功させるめのポイント をご覧ください。 2. インドにおけるオフショア開発センターの設立 タレントプール 500万人のソフトウェア開発者...

オフショア開発センター(ODC)でソフトウェア開発コストを50%節約

オフショア開発センター(ODC)でソフトウェア開発コストを50%節約

短期間のプロジェクトのために緊急の状況で社内のソフトウェア開発チームを作るのは、雇用、インフラストラクチャ、フルタイムの現地従業員のその他の福利厚生に多大な時間とコストを投資する必要があります。ODC(オフショア開発センター)は、ソフトウェア開発コストを削減し、ソフトウェアの品質を向上させるために、企業にとって最適なソリューションです。企業がソフトウェア開発プロジェクトを達成するために緊急に必要とされていますが、質の高い専門家、限られた予算と時間の確保に挑戦している場合、ODCを試してみませんか。 ODC(オフショア開発センター)は、ソフトウェア製品開発チームをリモートで実行運営するために必要なインフラストラクチャ、サポート、機器を提供するアウトソーシング開発会社ですが、生活水準がはるかに低い別の国にあります。 オフショア開発センターがソフトウェア開発に最適なソリューションであることを証明する5つの主な利点 1. より最適化された時間枠と24時間年中無休の専用サポート 地球の反対側にODCチームを設置することで、スペース、機器、その他のリソースを最大限に活用し、市場投入までの時間を短縮できます。たった1つの解決策で、すべての障害が解決されました。 社内チームと協力するチームがある場合、社内のソフトウェア開発チームが燃え尽きないようにしながら、ビジネスは24時間以内に最大能力で稼働できます。 時差を活かして昼夜問わず連続勤務が可能です。作業は、オフショア開発作業の支援を受けて、高い生産性で同時に効率的に実行されます。 社内のチームのみを持つ場合、真夜中の作業により、チームは残業する必要があります。しかし、あなたの会社との十分な時間差(例えば、4~6時間)があるオフショアチームでは、勤務時間の数時間でオフショアチームと一緒に仕事をすることができ、営業日の終わりに発生した問題を通知することができます。オフショアチームはあなたの営業時間外にその問題に取り組むことができます。 プロジェクトは継続的に実行され、製品ライフサイクルが短くなり、品質が向上します。これにより、ビジネスはテクノロジー業界での競争力を高めることができます。 2. ソフトウェア開発コストの削減 企業がODCを選択することを促す最も重要な要因は、このモデルによるコストの最適化の能力です。国ごとに、人件費とインフラストラクチャのコストは異なります。これが地理的な価格差です。テクノロジーとITに関連する雑誌であるCIO(最高情報責任者)によりますと、ベトナムでの開発のアウトソーシングのコストは、米国のサービスよりも90%も低くなっています。節約額は、中国に比べて50%、インドに比べて30%にもなります。 企業は地理的価格設定から利益を得ることができるのみならず、インフラストラクチャへの投資、採用、専門的なトレーニング、正社員の福利厚生、チームを維持するために発生するその他の料金等の段階でコストを削減できます。今後の課題は、このプロジェクトを本番環境に展開する後、ソフトウェア開発チームが次に何をするかということです。 費用対効果は、オフショア開発モデルの主な利点です。プロジェクトの特性によって、適切に管理されたODCを選択するばあ、コストを最大80%削減できます。経験豊富な専門家の人数が変りませんが、発生するコストははるかに少なくなります。より少ないコストでソフトウェアを開発できる場合は、それをより安く交換することになり、コスト面での優位性が得られます! 3. IT人材の大規模プールへのアクセス ODCを選択する場合、非常に熟練したソフトウェア開発チームにアクセスできます。特に、あなたのビジネスがITに重点を置いていない場合、経験があり、スキルがあり、設備の整った専門家を持つことは、コストを削減するのみならず、可能な限り最高の品質を引き出すことにもなります。 私たちが常に誇りに思っている要因の1つは、当社の大規模なフルスタック人材プールです。広範な採用プログラムとベトナムのトップIT大学とのパートナーシップを通じて、技術エンジニア、BA、テスター、QAの専任チームを構築しました。 内部トレーニング活動に加えて、LTS Groupの持続可能な開発戦略の1つは、次世代の才能、将来の技術エンジニアを常に育成することです。弊社には、情報技術トレーニングサービスの提供を専門とするアカデミーがあります。私たちのコースを修了した学生は、完全にLTS Groupのメンバーの1人になり、将来のプロジェクトに参加することができます。 多様なプログラミング言語のランドスケープを備えた弊社は、フロントエンド、バックエンド、データベース、モバイルネイティブ、ハイブリッド、クラウド、ドメイン等のすべてのビジネスの問題を解決できます。 開発の5年間で、人員数は300%増加し、2021年8月には248人に達し、そのうち230人は技術スタッフです。お客様と効果的にコミュニケーションを取るために、高いレベルの語学力を身につけます。 グローバルテクノロジーエンジニアとして、弊社チームメンバーは、世界中のお客様と効果的にコミュニケーションを取るための高いレベルの言語能力を達成しています。スタッフの85%は英語が堪能で、25%のスタッフは日本語が堪能で、5%のスタッフは韓国語が堪能です。 特にLTS Groupでは、量は常に質と密接に関係しています。当社のスタッフは、管理スキルと技術スキルの両方で国際基準を満たすことができます。その中で、従業員の52%と36%がそれぞれISTQBとPSM認定を受けています。 4. セキュリティの弱さを心配する必要はもうありません アウトソーシングサービスのデメリットの1つは、機密情報が漏洩する可能性です。これを防止するために、LTS Groupは物理層、法的機密性、ネットワークセキュリティを含む包括的なセキュリティシステムを提供して、お客様の情報資産を保護します。あなたのセキュリティは私たちの責任です。 5. 多文化のグローバル環境 さらに、私たちの専門家はドメインの知識、スキル、製品に焦点を当てながら、お客様の規範、基準、作業環境を常に従います。お客様のニーズと要件は明示的に述べられ、暗黙のうちに理解され、技術的スキルとビジネス知識を積極的な方法で組み合わせることにより、お客様の収益を正確に改善するために、一流のビジネスソリューションを提供します。   ODC導入事例 次のケーススタディでは、アメリカのお客様がERPシステムの開発コストを50%削減するのを支援しました。 お客様の当時の問題は、企業リソースの管理、計画、運用における断片化と矛盾であるということです。各部門は異なる管理ソフトウェアを使用しており、データは同期されていません。したがって、お客様は、次の問題を解決するためにERPシステムを開発することを依頼しました。 企業データを同じシステム上で同期して、編成、管理、保管を容易にします。 すべての部門の人事管理と運用システムを同じプラットフォームに統合することで、部門間の緊密なつながりを構築し、ジョブ処理の落ち込みをなくし、誤解や仕事のミスをなくします。 ビジネスを運営する上での管理チームとCEOのプレッシャーを軽減します。 既存のテンプレートを適用することなく、各部門の運用とビジネスプロセスに従ってERPシステムをカスタマイズします。 ただし、そのようなERPシステムを開発・設計するには、企業は米国でチームを雇うためのに、大な予算を必要とします。LTSにアウトソーシングすることで、お客様は低人件費の利点を活用してシステム開発コストを50%削減しました。 LTS Groupの解決策は、プロジェクトマネージャー、ソリューションアーキテクチャ、ビジネスアナリスト、UI/UXデザイナー、開発者、テスター等のシニア職位を含む25名のチームをすばやくセットアップすることです。次は、展開前にお客様の要件を最もよく理解するための専門的なトレーニングプロセスです。その結果、オフショア開発センターは、お客様がERPシステム用に8つの異なる機能を開発するのを支援しました。 それでも疑問がある場合は、お客様の成功事例と、同様の結果を得るためにどのように役立つかについて、簡単なミーティングを行いたいと思います。   We, at LTS Group, are just a contact...

ベトナムのオフショア開発対インドのオフショア開発:勝者は?

ベトナムのオフショア開発対インドのオフショア開発:勝者は?

オフショア開発センター(ODC)は、ソフトウェア製品開発チームをリモートで実行するために必要なインフラストラクチャ、サポート、機器を提供する開発会社ですが、生活水準がはるかに低い別の国にあります。デジタルトランスフォーメーションの時代は、発展途上国のIT企業が人材を世界にもたらすのに役立ちます。この傾向を捉え、ODCサービスを展開・推進する企業が増えています。 インドと中国は、ソフトウェア開発アウトソーシング業界で有名なリーダーです。しかし、COVID-19の後、業界の状況は変わりました。ベトナムを含むいくつかの新顔は、市場の「ゲームチェンジャー」になりつつあります。ソフトウェア開発チームを立ち上げるのに、インドとベトナムのどちらを選ぶべきか迷っていますか。この記事は、あなたが今必要としているものです。特定のデータで、2つの潜在的な市場の最も客観的で包括的な評価を提供します。「新星」と「人気者」の間でどちらを選ぶべきでしょうか。 インド・ベトナムにオフショア開発センター設立の費用対効果 多くの企業がインドやベトナムにODCを設立する最も大きな理由は、費用対効果にあります。インドとベトナムは、アジアで最も物価が安い国です。そのため、この2カ国でITサービスをアウトソーシングする場合、企業は採用、トレーニングプロセス、インフラ投資などのコストを削減することができます。下の表を見ると、同じポジションでも大陸によって給与に大きな格差があることがわかります。同じレベルの技術者が、5倍も安い値段で手に入るのです。 では、インドとベトナムのどちらがコスト面で有利なのでしょうか。 各国のODCのメリットとデメリットをご紹介します。総合的かつ客観的な比較・評価基準に基づいて判断することで、より簡単に決定することができます。   関連記事 オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで オフショア開発を失敗させないためのポイント   インドでのODCのセットアップ:利点と課題 1. インドにODCを設立するメリット 1.1. 英語の技量 インドは世界で2番目に英語を話す人口が多い国です。 英語力は世界で48位ランクされます。 インドは、米国に次ぐ世界第2位の英語圏の国です。また、インドは、EF英語能力指数によりますと、英語能力においてアジアで3位にランクされています。 1.2. 人材プール 膨大な人材プールにより、インドは最大のアウトソーシングハブとなり、カスタムソフトウェア開発のリーダーとなっています。次の具体的な数字で証明されています。 500万人のソフトウェア開発者 年間200,000人のIT卒業生 年間260万人のステムの卒業生 2. インドでODCを設立する際のデメリット・課題 プライバシーとセキュリティに関する法律の不足:インドのテクノロジー企業にアウトソーシングする際の大きな問題は、著作権とライセンスです。お客様の機密情報や製品は、コピーされ、転売などのさまざまな形で利用されるリスクがあります。また、企業は機密情報が漏洩しないという保証もありません。 複雑な課税:インドは、ベトナムに比べて「友好的でない」税制政策をとっていることで知られています。インド経済は国際経済で重要な役割を果たしていますが、「発展途上国」としてタグ付けされています。 文化と地域の違い:インドのソフトウェアアウトソーシング会社と協力することで、文化や地域の違いにより難しい場合があります。パートナーの社会・文化の規範と伝統に適応する必要があります。 一貫性のないインフラストラクチャ:2020年になっても、インドの大都市のいくつかではまだ適切なインフラストラクチャが不足しています。これにより、電力とインターネット接続の一貫性が失われ、物流が不十分になります。 尚、インドは経済・政治を含む多くの面で、コロナの流行の影響を大きく受けている国です。不安定な経済・政治状況により、民間人の良好な社会保障条件は確保されていません。それ以来、インドの労働力も影響を受けています。 ベトナムでのODCのセットアップ:利点と課題 1. ベトナムのオフショア開発のメリットとは? 1.1.若くてダイナミックな労働力 ベトナムの利点の1つは、若くて、才能のある人材です。2022年3月の最新のTopDevレポートによりますと、現在、ほとんどの開発者はZ世代とミレニアル世代に属しています。この調査の主な年齢層は20歳から34歳です。多くの開発者が早期にコーディングを開始し、そのうち約8.19%が20歳より前にコーディングを開始しました。現在、ベトナムの 20 歳から 29 歳までの開発者の数は 53.97% を占めています。5年以上の経験を持つシニア開発者は約30%を占めています。これにより、才能があり、ダイナミックで、熟練したソフトウェア エンジニアの大きなプールが保証されます。 1.2. 巨大な人材プール ベトナムのプログラマーチームは若くてダイナミックだのみならず、非常に優れた専門能力を備えています。次のような多くの世界ランキングの高いランキングで証明されています。 2019年のSkillvalueのレポートによりますと、Developer Skills Chartsで世界第29位ランクされます(トップ30に入ったSEA地域で唯一の国) Best Freelancers Surveyによりますと、世界ランクで第2位にランクされます(アメリカに次ぐ) Best Developers...

「2023年最新版」オフショア開発市場に参入する前に注意すべきことは?

「2023年最新版」オフショア開発市場に参入する前に注意すべきことは?

パンデミックの嵐の中ですべてのビジネスが生き残るためにデジタル変革が不可欠だった2020年以降、オフショア開発モデルが登場し、急速に「トレンドセッター」になりました。2年後、テクノロジー業界において、オフショア開発センター(ODC)の「熱狂」は冷めましたか。確かにそうですが、需要の増加が止まることのないですので、「ニューノーマル」として市場での地位を維持しています。しかし、トレンドは常に正しいのでしょうか。2023年にオフショア開発市場に参入する前に、あなたのビジネスは何を心に留めておくべきでしょうか。この記事で最新のODCに関するレポートと分析を入手してください。 1. オフショア開発市場は今までの年と比べて、2023年も同じですか? 過去2年間のODCの「ラットレース」では、数千の企業が上記の唯一のODCにアプローチしましたが、成功する企業もありますが、失敗する企業もあります。なぜなら、ODCの概念と本質は変わっていませんが、ここでの変数はあなたのビジネスと市場の状況です。 このレースに勝つために最初に定義する必要がある要素は、「クリシェ」で固定観念のODCの概念やセットアップの公式ではなく、あなたの企業がなんの企業であるかを定義することです。ODCはトレンドではなく、解決策であり、ビジネス上の問題の解決策であることを覚えておいてください。 この記事は、2023年のビジネスの「ゲームチェンジャー」であるODCの概念を定義するのに役立ちます。 なぜ他のITアウトソーシングモデルではなく、ODCが必要なのですか。 御社にODC設立のゴールデンタイムはいつですか。 古い「道」をたどるのではなく、2023年にオフショア開発市場を開拓する方法は何でしょうか。 貴社のビジネスに合わせてソリューションを最適化するために、ODCでどこに投資すべきですか? あなたがビジネスの成功の意思決定者であるが、上記の答えを見つけるのが難しい場合は、読み進めて、それぞれの答えを「解きほぐしてください」。   2. ODCを設立するのに適した時期はいつですか。 上記の分析を参考にして、ODCが探しているモデルであると判断した後、次の質問は、いつ開始する必要があるかということです。 以上のように、ODCは企業にとってのソリューションの1つにすぎません。しかし、いくつかの特定の問題やケースを解決し、あなたのビジネスをより効率的にするためにODCを検討することができます。 オフショア開発コストを削減したい時 テクノロジーに関する専門知識がほとんどない 市場投入までの時間を短縮する IT採用で悩んでいる 管理に時間と労力がかかりすぎる 重要度の低いIT機能が多すぎる 「オフショアソフトウェア開発設立するのに適したタイミング」に関する詳細はこちらです。 一方、最良の結果を得るために、次のすべての要因が定義された黄金の瞬間を待つ必要もあります。 明確な目標と目的 総合研究 適切なパートナー 堅実な計画 3. 固定観念を打ち破り、2023年にオフショア開発モデルを作成する方法 オフショア開発センターをうまくて、効率的にセットアップして運営するために、決まった方法はありません。したがって、すべてのビジネスに1つの公式を適用するのは効率的ではありません。 さらに、世界は絶えず変化しており、特にテクノロジー市場の発展速度は他の分野より何倍も速いです。それでは、2020年の公式は現在の市場にまだ適しているのでしょうか。さらに、多くのアウトソーシングソフトウェア開発会社が市場のニーズをすばやく把握して、最高の価値をもたらすという同様の約束を持って設立されます。信頼できないテクノロジー「ハンター」の誘惑にあなたのビジネスが夢中にならないようにする方法はなんでしょうか。 次の5つの経験は、オフショア開発モデルを設定し、生産性を最適化し、差し迫った罠を簡単に克服し、起こり得るリスクを最小限に抑えるのに役立つ重要な「荷物」になります。 3.1. 適切な場所を慎重に選択すること もちろん、ODC企業は生活費の安い国にありますので、オフショア開発モデルを選択する場合、ビジネスのコストを最適化するのに役立ちます。しかし、人材リソースの能力、経験、スキルの質を確保することを忘れて、コスト要因に焦点を合わせすぎないでください。特定の分野で利用できる専門家が少なすぎて、可能性が低い小さな都市を選ぶことは避けるべきです。人件費と能力は、常に密接に関係する必要がある2つの要因です。 次の要因は考慮する必要があります。 その国での生活費 経験豊富の労働者の利用可能性 母国とODC国の時差 国の法的・政治的安定 あなたの会社と国の文化的適合性 3.2. 信頼できるベンダーを探すこと まず、オフショア開発会社のWebサイトをチェックして、すべての詳細に注意を払う必要があります。決定を下す前に、心に留めておく必要で重要な要素を次に示します。 技術的知識と専門知識 これは優れたオフショア開発センターの最初で最も重要な特徴です。サービスプロバイダーは、IT人材の採用とオフショア開発チームの作成を担当しますので、これらの企業は、プロジェクトの技術要件を理解し、ODCの管理に関する実務経験を持つ必要があります。 過去の公演とレビュー アウトソーシングベンダーのポートフォリオを調べて、技術的な専門知識と経験を評価します。サービスを提供したお客様のリストは、ベンダーの能力について多くの情報を明らかにします。ベンダーはあなたの分野での経験がありますか。ベンダーのODCによって提供される作業の品質に、お客様はどの程度満足していますか。いくつかのお客様に連絡して、検討しているアウトソーシングベンダーに関する直接のフィードバックを得ることができます。 [ボタン]事例展を見学しよう 作業方法論 ベンダーの作業スタイルとプロセスがあなたと互換性があるかどうかを確認してください。ベンダーの作業スタイルがあなたの作業スタイルに合っているかどうかを判断するために、アウトソーシングの会社の作業スタイルと、ODCをどのように運営するかを理解することが重要です。また、今後のオフショア開発チームに必要な作業をベンダーに示すことで、より積極的になることができます。 スタッフの専門スキル オフショア開発センターを設立するとき、OCDの主要メンバーをオフショアベンダーと慎重に話し合い、特定することが重要です。オフショアチームには、次の主要な役割を含める必要があります。 アカウントマネージャー:特定のお客様との関係の管理を担当し、すべてのニーズが確実に満たされるようにします。...

ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?

ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?

1986年に経済改革が開始された以降、ベトナムはグローバルな経済統合と開かれたビジネス環境に向けて大きな一歩を踏み出しました。Kearneyの2021年の調査によりますと、ベトナムはソフトウェアサービスとGlobalServicesLocationIndex(グローバルサービスロケーションインデックス)で世界6位にランクされており、ITアウトソーシングの最も魅力的な目的地の1つです。 それでは、どうしてソフトウェアをベトナムにITアウトソーシングする必要があるのでしょうか。ベトナムの技術力とベトナムへのITアウトソーシングの理由を学びましょう。 ベトナム:ITアウトソーシングの新たな世界的目的地 ベトナムは3,260マイルの海岸線を持ち、東南アジアの中心にまたがっています。東南アジアは新興のテクノロジーハブであり、テクノロジースタートアップにとって有名な市場です。戦略的な場所は、ベトナムをアジアの戦略的パートナーにすることに貢献しています。しかし、それだけではありません!ベトナムの企業はグローバルのITマップ上で継続的に拡大しており、オーストラリア、ヨーロッパ、北米にも及んでいます。 近年、COVID-19パンデミックの発生は世界経済のセンチメントにマイナスの影響をもたらしてしまいましたが、ベトナムはGDPとITセッターのプラス成長率を維持することができました。   具体的には、ITアウトソーシングに関して、ベトナムのITサービス市場は近年持続的な成長を遂げており、2021年には700万ドル以上の収益に達しています。Statistaの予測によりますと、2022年から2027年の間にCAGRの11.93%で成長すると予想されています。 関連記事: ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025 オフショア開発のメリット 3つ:どんなメリットですか?   ベトナムITアウトソーシングを行う理由 1. 強力で包括的なITインフラストラクチャ 人材インフラ 2021年の時点で、ベトナムには43万人のITエンジニアを含む108万人のIT人材がいます。Topcoderの統計によりますと、ベトナムの開発者は、83か国中で8位にランクされています。 同時に、IT教育を確保するために、148大学と412IT専門学校があり、年間62,000人のIT人材が市場に追加されています。トレーニングプログラムは、AI、データサイエンス、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、IoT、VR/AR、ブロックチェーン、3Dプリンティング等の分野で毎年調整・改善されています。 ITサービス企業およびITパーク ITサービスを提供する企業の数は、2020年から2021年にかけても近年だんだん増加しており、グローバルなお客様に多くの選択肢とリソースを提供しています。 さらに、政府はベトナムのテクノロジー業界を促進するために、ハイテクパークに投資しています。2022年の時点で、ハノイ市、ダナン市、ホーチミン市等の国の主要な技術センターに6つのITパークがあり、社会経済の開発のための科学技術の内生的な能力の創出に取り組んでいる830のIT企業の本拠地となっています。 セキュリティインフラストラクチャ 国際電気通信連合(ITU)が公表した2020年のGlobalCybersecurityIndex(グローバル・サイバーセキュリティ・インデックス)によりますと、ベトナムは情報セキュリティで94.59/100のスコアを獲得し、世界の193か国中で25位、アジア太平洋地域で7位、ASEAN地域で4位にランクされています。 2. 最先端技術 ITアウトソーシングの主要国の1つになることを目指して、ベトナムはブロックチェーン、IoT、AIと機械学習、クラウドコンピューティング等の新興技術の能力を開発するために、教育やその他のリソースに投資しています。特に、ブロックチェーンとAIは、4.0デジタル革命の2つの重要なテクノロジーです。 人工知能(AI) ベトナムは、クイニョン県にあるAIバレーを中心に、国家AI研究開発プログラムを開発することに意欲的です。また、2019年には、ハノイ科学技術大学がAIを公式の教育プログラムに取り入れました。 注目されているベトナムのAIスタートアップには、Elsa、Kambria、Kampa、Gotit等があります。それに加えて、VietAI、AI4Life、人工知能コミュニティ等のたくさんのAIコミュニティもあります。 ブロックチェーン ベトナムは世界のブロックチェーン市場で高く評価されています。Chainalysisによりますと、ベトナムは2022年のGlobal Crypto Adoption Indexで1位にランクされています。また、AxieInfinity(SkyMavis)、KardiaChain、KyberNetwork、Coin98、TomoChain等多くのベトナムのブロックチェーンスタートアップが広く利用されています。 2022年4月、内務省は、ブロックチェーンの研究と適用をさらに促進するために、ベトナムブロックチェーン協会(VBA)の設立を正式に承認しました。また、最近8月には、VBAとホーチミン市の銀行大学が、大学でのブロックチェーン教育を促進するための戦略的提携を結びました。 3. 競争力のあるコスト 地理的な価格という利点は、オフショア開発の大きな理由です。幸いなことに、競争力のある全体的なコストを持つベトナムは、この利点をうまく活用して、ソフトウェア開発の第6位の目的地になって、2021年のGlobal Services Location Index(グローバルサービスロケーションインデックス)で世界6位にランクされいます。 さらに、USNewsの調査によりますと、ベトナムは製造コストの安さで100/100のスコアを獲得しています。シンガポールを拠点とするビジネス変革コンサルタント会社TMXのレポートによりますと、ベトナムの製造コストはアジアで2番目に低く、製造会社の月額は79,280ドルです。この数字はカンボジアだけよりも高い。 4. 開かれたビジネス環境 改革期間から約40年が経過したベトナムは、2022年8月時点で、4,300億米ドルが35539プロジェクトに投資されており、外国投資の理想的な目的地となっています。また、AFTA、WTO、APEC、ASEAN、FAO等の主要な貿易組織のメンバーであり、世界で、56のFTA貿易パートナーがいます。 2022年時点で、USNewsが発行するOpenForBusinessによりますと、ベトナムは78カ国中で21位にランクされています。この高いランキングは、社会の安定のみならず、以下で説明するグローバルな経済統合に向けた政府の多大な努力の結果でもあります。 5. 法的支援 ITを経済セッターの先頭に立たせるために、政府はソフトウェアプロジェクトとIT企業のみに税額控除と賃貸料の減免を提供しています。 IT企業は、設立から最初の4年間で0%の税金、次の9年間で50%の減税を受けることができます。FDI企業を奨励するために、ほとんどの県で土地賃貸料の減免が利用可能であり、さらに輸入税が免除されます。また、ソフトウェア製品には0%の税金が適用されますので、ベトナムにITのプロジェクトをアウトソーシングする際のコストが削減されます。   ベトナムITアウトソーシング企業のトップ 1. FPTソフトウェア...

Q&A:LTSのブロックチェーンサービスに関する20つ質問

Q&A:LTSのブロックチェーンサービスに関する20つ質問

本日、ブロックチェーン開発サービスについてお客様から最も多く寄せられた 20の質問のリストを作成しました。 この質問及び回答の記事を参照して、当社のサービス、専門知識、作業プロセス、専門的側面・法的側面によるお客様の利益と機密性を確保する方法についてご覧ください。 また、これは今までの一例であり、あらゆることがお客様のニーズに合わせて検討可能です。 このブロックチェーンシリーズの他の記事 1. ブロックチェーンの実装を検討する際のトップ7つの質問への回答 2. ビジネスにスマートコントラクトの実装に関するトップ8つの質問への回答 3. ブロックチェーン開発のケーススタディをご覧ください 4. より深く掘り下げ: ヘルスケアにおけるブロックチェーンの適用 5. 適切なブロックチェーン ベンダーを選択する方法 それでは、ブロックチェーン開発サービスの詳細について説明します。   弊社のサービスについて 1. どのブロックチェーン開発サービスを提供していますか。 LTSは、ブロックチェーンとソフトウェア開発全体を専門とするソフトウェア開発企業です。次の 5 つのコア プロセスを含む、幅広いブロックチェーン開発サービスを提供しています。 スマートコントラクトの開発 ブロックチェーンウォレットの開発 NFTマーケットプレイスの開発 仮想通貨の取引所の開発 パブリック・プライベート ブロックチェーンの開発 2. ブロックチェーン開発 チームには何名がいますか? 4 名のデザイナー、27名の開発者、7名のテクニカル リーダー、7名のプロジェクト マネージャーが含まれ、さまざまなブロックチェーン プロジェクトに取り組んでいる約 45名の開発者がいます。 3. チームは、ブロックチェーン開発における経験はどれくらいありますか。 2020 年以来、シンガポール、香港、日本、アメリカ、韓国を含む 9 か国のお客様に、GameFi、NFT、dApp 開発等のさまざまな分野で約20のブロックチェーンのプロジェクトを提供しています。 詳細は、ブロックチェーン開発のケース スタディを参照してください。 4. 作品の例を教えていただけますでしょうか。 はい、以下はハイライトされたブロックチェーンのプロジェクトです。 dApps GameFi...

ブロックチェーンの実装を検討する際のトップ7つの質問への回答

ブロックチェーンの実装を検討する際のトップ7つの質問への回答

本日は、お客様がビジネスへのブロックチェーンの導入を検討する際に最も多く寄せられた質問にお答えを提供いたします。より良い意思決定のために、より多くの情報を得るのに役立つことを願っています! 1. ブロックチェーンとは?ブロックチェーンの応用とは? ブロックチェーン技術は、トランザクションを記録し、資産を管理するための共有された不変の台帳のようなデータ構造を指します。 ブロックチェーンがデータを格納する方法をもう少し掘り下げてみましょう。データは、時間の経過とともに生成されるブロックに直線的に格納されます。これらのブロックは、複数のコンピューターにレプリカとして保存され、権限を与えられたメンバーのみがアクセスできます。 これまで、ブロックチェーン技術には 2 つのコアの応用があります。 1 つ目はビットコインのような暗号通貨の取引と管理ということで、二つ目はビジネス ブロックチェーンと呼ばれる貿易と商取引において、デジタル トランザクションを記録・管理することです。   2. 現在、ブロックチェーンの導入について本当に考える必要がありますか。 最近、「ブロックチェーン」という言葉がどこにでも聞こえますので、少しFOMOを感じたり、少なくとも興味を持ったりするかもしれません。しかし、ブロックチェーンを導入すべきか、いつ導入すべきかという質問への答えは、ビジネスの特性と戦略によって異なります。 次のことをやりたい場合は、ブロックチェーンを検討する価値があります。 データの信頼性、透明性、トレーサビリティの向上 複数の関係者間でのデータの収集と共有を容易にすること スマートコントラクトを活用してプロセスを自動化こと コントラクト実行時の人為的ミスの要素を取り除くこと 国境を越えたランザクションのコストと時間を削減すること 以下でブロックチェーンのメリットを詳しく見て、他の技術ではなくブロックチェーン技術を使用する理由を探しましょう。   3. ビジネスにとって、ブロックチェーンのメリットは何でしょうか? 一方では、ブロックチェーンはデータを保護し、データへの信頼を築きます。しかし、同時に、スマートコントラクトによって促進される速度、効率、自動化の向上によるコスト削減等、ビジネスに多くの実用的なメリットをもたらします。 信頼を築くこと ブロックチェーン ネットワークでは「信頼」について話す必要さえないので、ブロックチェーンは「トラストレス」ネットワークとも呼ばれます。 すべての組織のメンバーは、ブロックチェーン ビジネス ネットワークでデータにアクセスし、制御し、追跡し、決定することができます。ブロックチェーンは、すべての当事者のさまざまなシステムを統合して、ほぼリアルタイムでデータを取得し、即時のトレーサビリティを可能にし、下流の調整を排除します。また、データはエンドツーエンドで暗号化され、変更できませんので、攻撃から保護されます。 自動化、効率と速度の向上、コストの削減 ブロックチェーンのスマート コントラクトは、基本的にはコード行であり、トランザクションを自動化し、事務処理やサードパーティの仲介を排除し、心を解放することで、スピードを上げ、コストを削減することができます。スマート コントラクトでは、ロック後に条件を変更することはできず、事前に定義された条件が満たされると、「契約」の次のステップが自動的にトリガーされ、契約が実行されます。 保険におけるスマート コントラクトの使用例について、説明いたします。ユーザーが必要なドキュメントを提供した場合、請求は自動的に処理され、支払われます。   関連記事:ビジネスにおけるスマートコントラクトに関する7つのよくある質問   4. ブロックチェーンを最も多く導入している業界 ブロックチェーンのソリューションを活用しているトップの業界には、銀行・金融サービス、自動車、ヘルスケア、教育、保険、製造等があります。以下のはいくつの業界について、説明させていただきます! 銀行・金融サービス ブロックチェーンは、調達から支払い、売掛金、調整、買掛金、総勘定元帳、給与計算等、さまざまな財務プロセスを改善できます。大手企業だけでなく、中小企業やスタートアップのプロセスを改善するために、ブロックチェーンが導入できます。 例: Coco Mercado は、ラテンアメリカでの送金にブロックチェーン技術を活用して、コストを大幅に削減し、スピードを速めています。ベネズエラの移民が国に送金し、現金や商品を家族のドアに届けることを可能にするCoco Pagoと呼ばれるブロックチェーンベースのアプリを作りました。 自動車 自動車企業は、ブロックチェーンの記録をグローバル サプライ...

ビジネスにスマートコントラクトの実装に関するトップ8つの質問への回答

ビジネスにスマートコントラクトの実装に関するトップ8つの質問への回答

今日、お客様がビジネスにのスマートコントラクトの実装を検討する際に私たちに最も多く尋ねてきたトップの質問に答えます。 より良い意思決定のために、より多くの情報を得るのに役立つことを願っています! また、このブロックチェーン シリーズでは、以下の記事をご覧ください。 1. ブロックチェーンの実装を検討する際のトップ7つの質問への回答 2. LTS のブロックチェーン開発サービスに関する20つの質問 3. ブロックチェーン開発のケーススタディをご覧ください 4. より深く掘り下げ: ヘルスケアにおけるブロックチェーンの適用 5. 適切なブロックチェーン ベンダーを選択する方法 1.  スマートコントラクトとは ?スマートコントラクトはどのように運用しますか? スマートコントラクトは、コード行によって記述された自己実行型のコントラクトです。 各スマートコントラクトは基本的に、ブロックチェーンのような分散型ネットワークに格納されたコンピューター プログラムであり、単純な「if/when… then…」ステートメントに従って動作し、事前定義された条件が満たされた場合、自動的に実行されます。 スマートコントラクトの最初の概要は、1994 年にアメリカのコンピューター科学者Nick Szaboによって発表されました。 彼はそれを「契約条件を実行するコンピューター化された取引プロトコル」と説明しました。 しかし、2010 年代になると、ブロックチェーンの概念、特にスマートコントラクトに対応するためのレイヤー 1のブロックチェーンのプラットフォームであるEthereumの台頭により、スマートコントラクトが徐々に脚光を浴びるようになりました。   2. 従来のコントラクトと比べて、マート コントラクトのメリットは何ですか。 日常生活にスマートコントラクトを適用することで、従来のコントラクトに比べて複数の利点がありますので、驚異的な変化をもたらすことができます。スマートコントラクトはより便利で高速ですので、誰もがワークフローが合理化できるようにします。 財産やお金等の価値のあるものを交換・共有する必要がある場合に、セキュリティとアプリケーションの容易さの適切なブレンドを提供します。スマートコントラクトの使用は、テクノロジーの進歩に合わせて加速する可能性があります。 スマートコントラクトの利点について説明するには、次の側面について言及する必要があります。 プロセスを自動的に実行できます。 ロック後は変更不可です。 コントラクトで指定されたアルゴリズムは、厳密にプログラムされた方法で実行されます したがって、次の利点が得られます。 契約を検証して実施するプロセスとサービスにかかる時間、お金、労力を企業とお客様の両方に節約します。 自動化プロセスのおかげで効率が向上しました。 契約の実行から人為的ミスのリスクを取り除きます。 強力な改ざん防止のため、当事者間の信頼と透明性を向上します。 お客様がサービス チームとやり取りすることなく、サービスを処理できると想像してみてください。双方にとって物事ははるかに簡単になります。   3. 最適なスマートコントラクトのプラットフォームは何ですか。 2022 年まで、Ethereumはスマートコントラクトの主要なブロックチェーンのプロトコルと見なされており、毎日ユーザーから何百万ものコントラクト コールが行われています。 Ethereum...

ご相談・お問い合わせ